前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

人気記事再録/日本天才奇人伝②「国会開設、議会主義の理論を紹介した日本最初の民主主義者・中江兆民―②<その眼中には、国家のほかは何ものも影じない。兆民は伊藤博文、大隈重信ら元老連をコテンパンに罵倒す>

   

 


                  前坂 俊之(ジャーナリスト)

 兆民、大久保甲東(利通)に知られる

 

兆民が青年時代の話であるが、彼は大久保利通の人物をしたっていた。どうかして会ってみたいと思ったが、いかんともその機がなかった。
 

あるときのこと、今日は大久保の邸に行ってぜひ面会しょぅと、すぐ公の邸に行き面会を求めると、御者が玄関に出て、「そんなに君が会いたいつもりなら会わしてやろう。それでは今、主人が馬車にのって出られるから、君は門外におってくれ。通りかかるとすぐ声をかければ、それを合図におれが馬を引きとめるから」といったので、兆民も大いに喜んだ。

 

門外に出て馬車の来るのを待ちかまえておると、御者は馬にむちうってやってきたから、このときぞと、「大久保公、大久保公」、とあらんかぎりの声をだして呼んだので、御者も馬を引きとめたところへ、兆民これを得たりと窓に近よって、大久保公に面談を請うた。

大久保公は彼の風采をみて、尋常ならざる者とみて、「この中にはいれ」といって、兆民を馬車に乗せていずれへか行ってしまった。これから公の知るところとなって、のち兆民はフランスに遊学を許された。

 

 

 

演壇に股引と印はんてんのいでたち

 

 明治二十二年のこと、自由民権の主唱者が大阪に会合して、慰労会を開かれた。当時、兆民は大阪東雲新聞社にいて、もっぱら自由民権を鼓吹していたから、この会の一員として席に列したが、むしろこの会の主人公といってもよかった。

やがて席が定まり各自はそれぞれ演説することになった。
 

するとスミにいた兆民が、意気揚々と演壇に上がったが、このとき場内の観衆がビックリ仰天したのは先生の服装であった。印ばんてんに腹掛け、紺股引(ズボン)という衣装で、まったく大工か、左官としか見えなかった。聴衆はこれを見て驚く者も笑う者もある。

歓声がしばらく鳴りやまなかったが、大工左官スタイルの兆民が、「諸君よ、という鶴の1声でとともに万場が静粛した。それからとうとうと自由民権の本旨を演説されたのである。

 

そこでなぜに兆民のいでたちが意表に出たかと問えば、ここが兆民の兆民たるころで、自由民権を主張する手段として、大工左官などのごとき下級の人間もまた日本国民たる以上は、民権の自由を有するものである、ということとを会得さするために、おのれがまず大工左官を形どったわけである。

 

 

親友の死去と香典

 

あるとき兆民の親友が病いにおかされて不帰の客となった。彼はこの報を聞いて、ただちに黒水引と白紙一枚を懐にして、死んだ友人宅にかけつけて未亡人に対し、いともていねいに弔辞を述べた。そのあと、未亡人に向かい、「少々お願い申したいことがあれば別間に、ご案内を頼む」とお願いした。

別間に行くと、兆民は「どうにも差しつかえなければ、かさねがさね申しわけないけれども金二両を貸してしていただけないか」と申しこんだ。

 

未亡人は場所もわきまえず、ずいぶん失礼な話と腹を立てたが、常づね夫から大変な奇人、変人と聞いていたことを思い出し、仕方ない人と二両を貸したのでる。

兆民先生は、「どうもすまぬ」といって別室におもむいたが、やがて懐中にしていた黒水引と白紙をだして、今、借りた二両をその中に包み、霊前にもどり、ふたたび未亡人に向かい、これは香典の印であるから取っていただきたいと申し出たのには、未亡人は2度びっくりである。

 

あれは中江篤介だ

 

    

兆民の罵評は決して新聞や雑誌で試みるばかりでない。その行動についてもまた同一で、遠慮もなければ会釈もない。何ごとにもいっこう頓着しないところは、たしかに近代の豪傑と仰いでよろしいと思う。
 

兆民の眼中には、国家あるほかは何ものも影じないのである。まして今の元老や大臣などは屁とも思っていない。その証拠には生前の遺著として洛陽の紙価を狂わした『一年有半』をみてもすぐわかる。

 

あるとき、大隈〔重信〕を早稲田の邸に訪問したことがある。すると主人公の大隈伯は、ていねいに玄関に出迎えて兆民をおのれが座に通した。兆民先生、はいるかと思うと、たちまちあぐらをかき、「ナー君」と話しこんだが、それからは政府攻撃より遂には主人公の攻撃にまでかかって、論難罵倒、容易にやむけはいがなかった。

 

たまたま隣室に数名の新聞記者がいあわせたが、あまり大隈のご本尊をののしる声がするので「、彼は一体何者か?としきりにささやきつつおった。兆民が邸を辞したのを見て、「さっき来て大攻撃をしたのはだれですか」と問うたら、大隈伯いわく、あれか、あれは中江篤介だ。

 

兆民、元老連を罵倒す

 

兆民に罵倒の二字はつきものであるから、近頃、元老株をますます罵倒して、最も惨酷な筆誅を遠慮会釈なく加えた。
 

まず伊藤博文をさしていうのに。大勲位は、まことにへんぺんたる好才子じゃ。漢学というたら悪詩をならべるだけの資本をもっておるし、洋学は日録を暗記するの下地があるし、ただこれだけでも他の元老をしのいで威張りちらすにたくさんだ。その上ちよっとごまかしをやるのに上手じゃ。

 

しかしこの人物は、おれの目からみれば書記官の才で、宰相の資ではない。その証拠にほ何度か総理大臣になったことがあっても、ただ失敗ばかりで一の成績もない。彼のもくろむところは、ちょうど下手の魚釣で、船や釣竿から
 

餌、糸までも吟味して、それから初めから魚は一つもとれない。いったい野心たくさんの、肝識たらずである.から、内閣書記官長ぐらいは適任のところじゃと評されたが、伊藤の本人が聞いたら、さぞ立腹するであろう。

 

その次ぎは、
 

大隈重信は壮快、愛すべき男であるが、とはけっこうなほめかただが、それからがよくない。しかし決して宰相の材ではない。目先きの働きばかりあって、のちの考えがたりないから、いつも失敗だ。

もし大隈が野にあって相場師にでもなったら、かならずもってこいという人物だ。まあそうなると、糸平(貿易商の田中平八らの親分柄であろう、と酷評もはなはだしい。

 

次ぎに、

山県有朋を短評して、徴は小吉と言い、松方正義は至愚、西郷従道は怯儒とは、あまりにひどすぎると思う。これだけは他人の著者さえ気のどくに感ずるのである。

その他の元老は筆を汚すだけ損だ。伊藤以下みんな死んでしまうことが、一日でも早ければ早いほど国益だ、と臆面もなく放談したところなどは、まことに凄い。

      

                                    (つづく)

 

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン/最後の海軍大将・井上成美が語る山本五十六のリーダーシップ論』★『2021年は真珠湾攻撃から80年目、米中日本の対立は火を噴くのか!』

    2019/08/04 &nbsp …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル 国際福祉機器展2018(10/10)ー スズキの電動車いす「セニアカー」のデモンストレーション

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 国際福祉機器展2018(10/10)ー …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑻」「高杉晋作のインテリジェンスと突破力がなければ、明治維新も起きなかった。

●「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、 明治維新も起きなかった。 古来密接な …

no image
終戦70年・日本敗戦史(83)「空襲はない、疎開は卑怯者のすること」と頑迷な東條首相ー田中隆吉の証言➂

終戦70年・日本敗戦史(83) 敗戦直後の1946年に「敗因を衝くー軍閥専横の実 …

no image
日本リーダーパワー史(234)★『徳富蘆花の『謀反論』再読のすすめー(上)“反原発謀反人”となって日本、世界を救え』

日本リーダーパワー史(234)   <日本の国難突破論を読み直す …

no image
★「冷戦終結のベルリンの壁崩壊から30年、今、再び「新冷戦」の時代へ」

                前坂 俊之(ジャーナリスト) &nbs …

no image
知的巨人の百歳学(126)『天才老人/禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』➂★『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)』★『すべきことに三昧になってその外は考えない。結果は死か、 生か、苦かわからんがすべき仕事をする。 これが人間の心構えの基本でなければならなぬ。』

 記事再録/百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(125)/記事再録★ 『超高齢社会日本』のシンボル・世界最長寿の彫刻家/平櫛田中翁(107歳)に学ぶ」<その気魄と禅語>『2019/10月27/日、NHKの「日曜日美術館ーわしがやらねばたれがやる~彫刻家・平櫛田中」で紹介』★『百歳になった時、わしも、これから、これから、130歳までやるぞ!』と圧倒的な気魄!

    2010/07/31 &nbsp …

『オンライン講座・昭和戦後の奇跡の経済発展史』★『テレビ時代の幕開けとなった1953年(昭和28)』★『NHKテレビ本放送開始』★『民放テレビ放送局の開局と街頭テレビ』★『家電元年「三種の神器」 「テレビ」「電気洗濯機」 「電気冷蔵庫」』

   前坂 俊之(ジャーナリスト) 第五章  テレビ時代の幕開けとなった二十八年 …

『リーダーシップの日本近現代史』(172)記事再録/『100歳でロッキー山脈を滑った生涯現役スキーヤー・三浦敬三氏(101歳)は三浦雄一郎のお父さん』★『ギネスブックの百歳冒険家の超人親子』

    2015/03/27 /「百歳・ …