前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(97)生死一如、生きることは毎日死に向かって行進中。「生き急ぎ、死に急ぎ、エンディングストーリー」を考える

      2015/01/01

  <百歳学入門(97)>

 

「超高齢化、少子化、人口激減社会」のこの世の中、「健康長寿」

「老人の安全、安心な暮らし」『孤独死をなくそう』などなど、

毎日大合唱である。

それも老人の心も体も理解できない年齢ギャップの若者たちによるすれ違い

の老人福祉政策である。

ワシは今年70歳になったが、老い先の短いわれわれ老人の残り

わずかの年月の毎日食っちゃ寝るだけ生活のために「膨大な医

療費」「老人医療費」を積み上げて、若い世代にツケを回し、

借金で国の倒産するリスクを高めるには反対である。

だから、風邪をひいても、道で転んで足をけがしても病院に

は行かない。自分の体は自分でコントロールせよ、筋トレ、

免疫力を高めるしかない。

生死一如、生きることは毎日死にむかって歩くこと。

「一日一生」―ただ心臓が動いているだけの長生きという

時間の長さよりも、自分の生涯で何を実現し、後世に残すか、

人生の質こそ問わねばならない。

そのために「生き急ぎ、死に急ぎ、自分のエンディングストー

リー」を日々考えねばならん。

 

●『余命10年未満の人に予防的な検査をする意味はあるのか?

ガラパゴス状態で「無駄な医療」を続ける日本

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41374

●『2040年「超高齢化日本」への提言―野口悠紀雄―
介護にかかる費用はどの程度か

http://diamond.jp/articles/-/57277

 

◎「長生きすることは、本当に良いことなのか?
親の介護で未来を奪われる若者たち」

http://diamond.jp/articles/-/55706

 

 

●『年を取っても筋肉を維持する方法運動と食事のコツ

http://jp.wsj.com/news/articles/SB1000
14240527023033192045796436836
37595654?mod=WSJJP_
hpp_RIGHTTopStoriesThird

 

 

 

ベジタリアンは不健康? 菜食主義の2500

http://nationalgeographic.jp/nng/article/20140801/410067/

 

 

2030年、老人も自治体も"尊厳死"しかない¥

湯浅誠×やまもといちろう リベラル対談(後編)

http://toyokeizai.net/articles/-/43798

 

 

◎《最期の医療は・特別編》 尊厳死に法なじまぬ 周防監督に聞く

 http://apital.asahi.com/article/serial/2014072800011.html

 

 

●「大往生する101のコツ」が出版

http://apital.asahi.com/article/nagao/2014071800004.html

 - 健康長寿 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本世界近現代史』(298)★『東京オリンピック開催はどうなる②』『 WHOは「パンデミックの可能性がある」とはじめて言及』★『27日のニューヨーク株式相場は、1190.95ドルと過去最大の暴落』★『新型コロナウイルスの封じ込めは不可能。世界人口の4~7割が感染する」との予測』

 「新型コロナウイルスの封じ込めは不可能。世界人口の4~7割が感染する …

no image
世界/ 日本メルトダウン(917)『英国、EU離脱で国家解体へ…経済的利益なし、「偉大なる大英帝国」復活という妄想』●『トランプ氏、TPP離脱を主張 米製造業に致命的な打撃』●『世界の原子力発電能力が急拡大、設備老朽化など課題も=IEA』●『イチローの大記録を支えているのは「驚異のルーティン」』

    世界/ 日本メルトダウン(917)   英国、EU離脱で国家解 …

no image
百歳終末学入門(175)『2025年問題とは団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類史上初の『超・超高齢社会』、つまり2025年は日本終末物語<日本の死>は8年後に迫っている。それなのに『この恐ろしい現実』を 見て見ぬふりの先延ばし』

  2017年7月27日の厚労省の発表では二〇一六年の日本人の平均寿命 …

お笑い日本文学史動画編『 直木三十五の「芸術は短く、貧乏は長し」と詠んで『直木賞』に名を残した。』◎『借金の天才の「借金取の撃退法はダンマリ作戦」』◎『流行作家となり、湯水のごとく原稿料を散財した、 無駄な出費が大好き」』

お笑い日本文学史動画編 直木三十五-「芸術は短く、貧乏は長し」 と詠んで『直木賞 …

『オンライン講義/日本資本主義の父・渋沢栄一(91)の研究』★「百歳生涯現役・晩年の達人」のノーハウ』★『76歳で完全に実業界から引退、86歳以後、社会的貢献事業は50』★『、いかなる不幸に会おうともそれが人生なのだと達観し、決して物事に屈托せざるが私の健康法です』

渋沢栄一は100年前に「強欲欲資本主義」から『公益資本主義」を提唱、実践し先駆的 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(295)★『芥川龍之介の文学仲間で、大正文士の最後の生き残り作家・小島政二郎(100歳)の人生百歳訓ー 『足るを知って分に安んずる』★『いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と借金』★『起きて半畳、寝て一畳、天下取っても、二合半』 

    2012/11/23  百歳学入 …

no image
知的巨人の百歳学(160)記事再録/「ミスター合理化、財界の荒法師、行革の鬼」といわれた土光敏夫(91歳)のモーレツ経営10訓

    2012/12/10 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(176)記事再録/★「国難日本史の歴史復習問題」-「日清、日露戦争に勝利」した明治人のインテリジェンス⑥」 ◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部』★「早期開戦論唱えた外務、陸海軍人のグループが『湖月会』を結成」●『田村参謀次長は「湖月会の寄合など、茶飲み話の書生論に過ぎぬ」と一喝』

   2017/05/11 /日本リーダーパワー史(805) …

☆電子書籍で新刊を出版しました。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅』 (22世紀アート) Kindle版』

☆電子書籍の新刊出版。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅」 (22世紀アート)&n …

『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑯『2011/03/30/From Kamakura with love and Fighting Split』と『老人と海』ー東日本大震災の皆さんに愛とエール、オールドパワーを込めて

2011/03/30  記事再録  前坂 俊之(ジャーナリス …