前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界一のYoutube原発授業をみにいこう(4)★まとめ動画、『原発事故講義シリ―ズ①』福島原発事故を研究者、関係者が語る真相

      2015/01/02

世界一のYoutube原発授業をみにいこう(4)
 
☆★まとめ動画、『原発事故講義シリ―ズ①』福島原発事故を
最も
よく知る研究者、関係者が語る真相
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 
3/11から40日ほどたった4月19日にビデオ、パソコンを一式そろえてビデオジャーナリストに初めて挑戦し、小倉志郎氏からビデオ取材、Ⅰ-4号機の原子炉、燃料棒プ-ルがどうなっているか、元技術者として経験から、事故後40日の状況を取材した。爆発する可能性は現在のところ低いが、強度の放射能のために、中に入れず、汚染水が毎日たまり続けているためにこの処理問題も難航しており、深刻な状態が続いている。長期戦の覚悟が必要だ。
 
初ビデオ取材)福島原発事故はチェルノブイリをはるかに超えるーと事件記者、戦争ジャーナリストとしてのカンで最初からピンときた。日本滅亡を止めるには何をすればよいのか、ビデオでもって、直接取材してそのままを編集せず、見て、視聴者に判断してもらう。新聞、テレビ、ネットでもできない直撃インタビュー度動画の試みです。これを拡大してニュージャーナリズムを創るのが私のミッションです。(前坂俊之、67歳の再出発です)
 
419日に取材<小倉志郎氏の証言>
 
35年間、福島第一、柏崎原発などの原子炉周辺のポンプ、機器の購入技術取りまとめの業務にかかわった小倉志郎氏の福島原発事故の解説動画』(合計80分)
 
 
4月30日と7月2日の取材『後藤政志氏(元・東芝、原子炉格納
容器設計技術者)の証言
4月30日にメディア総合研究所主催による「原発事故とメディア」の「緊急シンポジューム」での後藤政志(元・東芝、原子炉設計技術者)の市民からの質問への回答。一応安­定化しているようにみえるが、塀の上を歩いている状態なので一歩間違えば、大変危険な状態になる。
 
   15分でわかる福島原発の真相ー後藤政志氏のズバリ解説(430日)
http://www.youtube.com/watch?v=3tVNGlVZXeI
 
② 『メディアの福島原発報道をどう思うかー後藤政志氏が語る。(430日)』http://www.youtube.com/watch?v=z-c1cNp38Cc
 
③ 430日現在、福島原発はどうなっているのかー後藤政志氏が語る』http://www.youtube.com/watch?v=yd5AVuw9rnA
④ 座談会『原発体制の臨界』被災地の今(72日)

http://www.youtube.com/watch?v=IM-Da6qShAQ

⑤ 座談会『原発体制の臨界」②福一事故の原因と現状(7月2日)

http://www.youtube.com/watch?v=7KqlwmvMiEM

⑥座談会『原発体制の臨界」福一事故はどうなっているか(7月2日)

 
4月30日の『チェルブイリ』50回取材のカメラマン広河隆一氏
の福島原発事故との比較証言
 
『チェルブイリ』50回取材の広河隆一氏の福島原発報告http://www.youtube.com/watch?v=TfMls4aHqAk
『広河隆一氏の語る-福島とチェルノブイリの比較原発事故論』http://www.youtube.com/watch?v=0aym7FYg2l4
 
『一目でわかる福島原発(チェルノブイリ)を広河隆一氏が語る③』http://www.youtube.com/watch?v=_rBSTq3BiiI
 
『福島とチェルノブイリとの避難、被害、医療の比較ー広河隆一語るhttp://www.youtube.com/watch?v=mJu5GmMhFyQ
『広河隆一講演会『浜岡原発を即ストップせよ』―(46日)http://www.youtube.com/watch?v=gFRrk3hxKvQ
 
621日の取材福島原発暴発阻止行動プロジェクト
山田恭暉氏インタビュー
 
① 『福島原発放射能阻止10年戦争ー山田恭暉氏インタビュー621日』http://www.youtube.com/watch?v=2akCwYn6EUc
『「福島原発放射能10年戦争」ー山田恭暉氏インタビュー(621日)②』http://www.youtube.com/watch?v=BFjg7tckiNU

③『「福島原発放射能10年戦争」ー山田恭暉氏インタビュー(621日)③

http://www.youtube.com/watch?v=1jKtkU46KzQ

 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(57)●『オスプレイの事故検証抜きで配備を急ぐ』●『原子力委員会が企んだ「秘密会議』

   池田龍夫のマスコミ時評(57)   ●『オスプレイの事 …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか④』ー『日露戦争と違って出口戦略がなかった太平洋戦争の大敗北』★『今も同じ-出口戦略なし財政再建/日銀マイナス金利の失敗政策』

2013年6月12日 2018年「日本の死」を避ける道は あるか–日 …

no image
梶原英之の政治一刀両断(7)『世界経済の動揺で大国難を迎えた日本』<反省しない人物はエリートから追い出す>

梶原英之の政治一刀両断(7)   『世界経済の動揺で大国難を迎えた日本 …

no image
速報(193)『日本のメルトダウン』『独国債下落―ユーロ存続はメルケルの決断に』『日本「グローバル人材」育成戦略をどう見るか』

速報(193)『日本のメルトダウン』   ●『独国債下落―ユーロ存続は …

no image
日本メルトダウン脱出法(708)「大量絶滅、全生物種が危機的状況に 研究」「【ウナギ味のナマズは世界を目指す】「年商500億円!今アフリカで超人気の日本企業」

     日本メルトダウン脱出法(708)   大量絶滅、全生物種が危機的状況に …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(223)』ーイランの膨張はサウジ、イスラエルの連携があれば、ストップさせる効果は絶大です。イスラエルとパレスチナの和平実現が、サウジとイスラエル連携の鍵となる

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・  ウオッチ(214)』 Saudi …

no image
 『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ(199)』-「劇場アニメ『この世界の片隅に』を感銘、庶民には大変説得力のある反戦映画です」●『『この世界の片隅に』監督が語る、映画に仕込んだ“パズル”(上) 片渕須直・『この世界の片隅に』監督インタビュー』●『映画「君の名は。」が中国でも支持される秘訣 作品力だけでなく、数多くの仕掛けがあった』

  『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ(199)』 < F氏のコ …

no image
日本リーダーパワー史(611)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑥『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界を視察した末広鉄腸の『インテリジェンス』②<西洋への開化主義、『鹿鳴館」の猿まね外交で、同文同種の中国 を排斥し、日中外交に障害を及ぼすのは外交戦略の失敗である>

 日本リーダーパワー史(611) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑥ 『188 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の清国への影響」⑦1902(明治35)年2月24日 『申報』『日英同盟の意図は対ロシア戦争ーこの機会に乗じて富強に尽力すべし』★『日本はロシアを仇とし『臥薪嘗胆』しロシアを破ることを誓っているが、自国の戦力、財源は 豊かではないので、イギリスを盾にした。』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟は清国にどうはね返るか …

no image
長寿学入門(217)-『三浦雄一郎氏(85)のエベレスト登頂法②』★『老人への固定観念を自ら打ち破る』★『両足に10キロの重りを付け、これに25キロのリュックを常に背負うトレーニング開始』★『「可能性の遺伝子」のスイッチを決して切らない』●『運動をはじめるのに「遅すぎる年齢」はない』

長寿学入門(217)   老人への固定観念を自ら打ち破れ ➀ 60歳を …