前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(390)『2月3日 Nuclear:原子力と核は同じ』(小出裕章)』★『田中伸男前IEA事務局長12.12.5 』(日本記者クラブ)

   

速報(390)『日本のメルトダウン』
 
2月3日 Nuclear:原子力と核は同じもの、マスコミは
原子力と核という言葉で使い分けている(小出裕章)
田中伸男 前IEA事務局長2012.12.5 』(日本記者クラブ)

前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●『2月3日 Nuclear:原子力と核は同じもの、マスコミは
原子力と核という言葉で使い分けている「原子力と命の
在り様」大津教会社会セミナー
2013年2月3日に開催された大津教会社会セミナー「原子力と命の在り様」の動画がYouTubeに公開されていましたので、このブログでも共有させていただきます。
=====(引用ここから)=====
小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)講演会。核の平和利用という名の元にだまし続けてきた政府に責任がある。
だまされて政治家を選んだ国民にも責任がある。
60年生きてきた大人たちに大きな責任がありますが孫世代これから生まれてくる子供たちには全く責任は無です
、子供を放射能の危険から守るために大人は何をすべきかをしっかり考えよう。
 
核開発(原子力)を進めてきた電力会社、政治家たちは犯罪者です。原発(核設備)を廃炉にする­のが責任の取り方です。放射能の安全基準は0.1mシーベルトです。
報道に騙されない様にしましょう。
=====(引用ここまで)=====
 

 
 
 
2013/01/25
●1/25 15:30~UST配信 「福島第一原発事故の汚染・除染・被曝について」
2013/01/23
·         ●中継画面: www.ustream.tv/channel/cnic-news
 
CNIC Ustreamチャンネルにて下記配信を行います。ぜひご覧下さい。
●中継画面: www.ustream.tv/channel/cnic-news
1/25(金)15:30~16:30
「福島第一原発事故の汚染・除染・被曝について」
ゲスト:藤田祐幸さん(元慶応大学助教授)
    嶋橋美智子さん(元浜岡原発被曝労働者の母)
嶋橋労災問題をともに闘った藤田祐幸さんと嶋橋美智子さんをゲストにお迎えします。
藤田祐幸さんは、福島第一原子力発電所事故発生直後から、原子炉の「メルトダウン」を指摘されてきました。
現在の福島第一のサイトの状況、汚染地域の除染問題、さらに復旧作業による作業員、労働者の被曝問題などをテーマに、原発をなぜ動かしてはいけな いのか、明快に語っていただきます。
 
●『田中伸男 前IEA事務局長 2012.12.5 』(日本記者クラブ会見)
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
速報(263)『米国を真似て財政破綻したがる日本』(田中 宇)●『製造業:安い中国の終焉』(英エコノミスト誌』

速報(263)『日本のメルトダウン』   ◎『米国を真似て財政破綻した …

no image
速報「日本のメルトダウン」(514)『第1次世界大戦:不安を胸に振り返る100年前の世界 (英エコノミスト誌「見えてきた資本主義の限界、寿命はあと何年か

 速報「日本のメルトダウン」(514) ●『第1次世界大戦:不安を胸に …

no image
ジョーク日本史(6)西郷隆盛の弟・西郷従道②ー兄以上の超大物 で 『バカなのか、利口なのか』『なんでもござれ大臣」の面白エピソード、機智、ユーモア

  ジョーク日本史(6) 西郷隆盛の弟・西郷従道は兄以上の超大物 『バ …

『オンライン講座/日本興亡史の研究』★『末広鉄腸の『インテリジェンス②』★『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、外交をどう展開すべきか』<西洋への開化主義、『鹿鳴館」の猿まね外交で、同文同種の中国を排斥し、日中外交に障害を及ぼすのは外交戦略の失敗である』★『130年前に現在の日中関係を予言する』

  2015/11/24記事再録/   &nbsp …

no image
日本メルトダウン脱出法(769)「世界初の原発ごみ最終処分場建設へフィンランド」●「米国超大物スパイが明かす、中国「世界制覇」の野望」●「「中国崩壊」論は、単なる願望にすぎないーそれでも中国経済は日本の脅威になる」

    日本メルトダウン脱出法(769)    「世界初の原発ごみ最終 …

no image
 日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉑『第一回日露交渉(小村、ローゼン交渉)は両国の満州への「パーセプション(認識)ギャップ」が大きく物別れに終わる、日露開戦4ゕ月前)  

   日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(124)/記事再録★『終戦・敗戦で自決した軍人は一体何人いたのかーガラパゴス日本『死に至る病』★『東京裁判ではA級戦犯の死刑はわずか7人、BC級裁判では何と937人にものぼり、下のものに圧倒的に重罰の裁判となり、「復讐の裁判」との批判を浴びた』★『『日本軍人と降伏』【徳富蘇峰)』★『『戦陣訓』で、捕虜になるより自決を強制した東条英機の自殺失敗のお粗末、無責任』

    2015/03/22 &nbsp …

no image
『なぜ日中韓150年の戦争・対立は起きたのか』/『原因」の再勉強ー<ロシアの侵略防止のために、山県有朋首相は『国家独立の道は、一つは主権線(日本領土)を守ること、もう一つは利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説した。これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

記事再録/日本リーダーパワー史(701) 日中韓150年史の真実(7) 「福沢諭 …

no image
知的巨人たちの百歳学(178)記事再録/『創造的長寿力の葛飾北斎(89歳)②』★「72歳で傑作『富嶽三十六景』の連作を発表、その巻末に 「私は6歳より物の形をうつす癖があり、70歳以前に描いたものは取るに足らない。73歳となった今やっと、禽獣虫魚(動物昆虫魚類)の骨格、草木を描けるようになった。90歳にして画の奥義を極め、100歳を超えると一点一格を生きた如く描ける神妙の域に達したい』と日々研鑽、努力を続けたのです』★『天才とは日々研鑽・努力の人なり』

 葛飾北斎(89歳)「過去千年で最も偉大な功績の世界の100人」の1人 創造力こ …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『トランプ米大統領とホワイトハウスの内情を暴く『Fire and Fury』は全米でベストセラー1位に』★『ほら吹き、ナルシズム、攻撃的性格のトランプ氏の「精神状態」を専門家70人から「認知症検査」を求める声』

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 ドナルド・トランプ米大統領とホワイトハウ …