前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールドー・ウオッチ㊳』「ACミランセードルフ新監督は一斉砲撃攻撃型にチームを変える」(NTY1/21)本田は新監督とミラン立て直しに奔走」

   

 『F国際ビジネスマンのワールドー・ウオッチ㊳』

 

◎「ACミランのセードルフ新監督は、いっせい砲撃の攻撃
型にチームを作り変える」(ニューヨークタイムズ
/21

―本田は新監督と共にミラン立て直しの為に奔走」

  

http://www.nytimes.com/2014/01/22/sports/soccer/seedorf-heads-straight-into-the-coaching-fire.html

 

 

F氏のコメント」

 

1.    筆者のRob Hughes 氏は、スポーツに関する報道、放送、編集に

40年のキャリアを持つベテラン記者である。特にサッカー報道、解説、評論では、世界180カ国に愛読者を持つ著名人である。日本の「なでしこチーム」のワールドカップ優勝時、その善戦健闘ぶりに対する賞賛の筆致は語り草となっている。

 

1977年からヘラルド・トリビューン、そしてNYTに在籍中である。1974年からワールドカップ、1988年からオリンピックの報道に従事している。

 

イギリス生まれで、ロンドン・タイムズのスポーツ記者として10年、サンデイ・タイムズにも25年寄稿した。

 

彼のサッカー報道から今後も目が離せない

 

2.    ヨーロッパサッカー界におけるミランの全盛時代、それはこの

セードルフ新監督が最も活躍した現役時代と重なっている。

 

今回の新監督就任は、低迷を続けるミラン立て直しのため、ミランのDNAを最も良く体現した人物、いわば千両役者の登場の様である。

 

筆者のROB氏とセードルフは旧知の間柄の様で、核心を突いたインタビューとなっている。セードルフの現役時代の活躍は筆者の脳裏に焼き付いており、秀逸なプレーヤーとしてまた尊敬できる社会人として、筆者のセードルフを見る目は父親の様な愛情に満ちている。

 

サッカー選手としての心構え、ミランの低迷の現状とその要因、主要経営幹部との関係、主力選手の掌握、今後の見通し等々、全て新監督の口から語らせており、筆者ならではの取材力である。ミランに関するROB氏の次の密着取材が待ち望まれる。

 

3.    本田圭佑選手はプレーヤーとしての活躍が期待されるのは

当然、難題を抱えながらも飛躍を誓う新監督の意向を体し、ミラン再生の切り札の一人として、黄金時代の再構築という使命に挑戦する宿命にある様である。非常に荷が重い役割で同情を禁じ得ない。当分、本田選手の活躍、その一挙手一投足から益々目が離せない。

 

 

4 ミランのセードルフ新監督と筆者のROB氏は非常に
 親しい間柄の様です。新監督との斯様な深いやり取
 りは、他に見ておりません。

 40年のサッカーを中心としたスポーツ記者生活、
 膨大なデータベースに囲まれて記事を書いている
 様子が窺えます。訳すのも大変ですが、詩的な表現
 力に脱帽です。この人は無類のサッカー好きですね。

 本田選手も大変厄介なチームに入ったようですが、
 セードルフというハイレベルなコーチを頂く事で、
 彼のこれからの一層の飛躍が期待出来そうです。

 あのベルルスコーニがいつ登場するのか、これも
 見物ですね?余談ですが、本田選手のミラン、紫縦縞ユフォーム
 予約しました。(笑)

 

 

 

 

  2014//21   NYT    by     ROB HUGHES

“ Seedorf Heads Straight Into the Coaching Fire “

セードルフ新監督は、突撃を指導する方向にまっしぐらに向かう“)

http://www.nytimes.com/2014/01/22/sports/soccer/seedorf-heads-straight-into-the-coaching-fire.html

 

ロンドン ー クラレンス・セードルフは、今ミラノでは“ミスター”である。一週間前、彼はリオデジャネイロにいて、自らの契約を履行していた。その時、シルビオ・ベルルスコー二の一族から電話を受け、彼が以前所属していたチーム、A.C.ミランを立て直す為に “故郷”に戻って来る様に頼まれた ー それも選手としてではなく、指導する立場として。

 

セードルフの成功物語の全ては、精神による肉体的困難の克服である。明らかに彼は最高のレベルでプレーする技術を持っていた。南アメリカの元オランダ植民地、スリナムでつましい生活をスタートさせて以来、彼は明確に、アヤックス・アムステルダム、リアル・マドリード、ミラン、オランダ代表チームに所属して、最高水準の勝者であるために、いかに自らを適応させ、向上させるかを学んで来た。

 

“私は現役引退後のキャリアに備えて、精神的に長い間、準備して来た、” “ブラジルでは自分の持っているもの全てを与えたと信ずる、そこで電話がかかって来たらすぐ、この仕事を引き受ける返事をした、”と週末にかけて話してくれた。

 

セードルフはオーバーコートを選び、大胆にもミラノへ乗り込んで来た。日曜日迄には、彼は最初のメンバーラインナップを決めた。

そこには、クラブのメンバー表に載る全ての攻撃的なタレントが含まれていた、マリオ・バロテッリ、リカルド・カカ、ロビーニョ、そして新たにモスクワから来た日本のスター、本田圭佑である。

 

イタリアでは監督の名前は、“ミスター”である。そして、セードルフは監督業のトレーニング無しで、“ミスター”としてどうやって正しく歩めるのか、多くの質問が寄せられているが、彼は自分のやり方でこれをやろうとしている。

 

外国ではあることだ。ヨハン・クラフやケニー・ダルグリッシュは有名なプレイヤーが勝利を目指すマネージャーに即コンバートされた実例である。

 

しかしイタリーでは? ACミランでは、経営陣の長い権力闘争により、クラブが分裂している、何十年とクラブを経営して来たアドリアーノ・ガリアーニと、オーナーが期待を掛ける娘のバーバラ・ベルルスコー二との間である。

 

“ベルルスコー二会長は、世界のサッカー界に多大の功績を残した人である。その彼に信頼されることは名誉であり、アドリアーノ・ガリアー二副会長の信頼も得てこれも大変名誉な事と思っている、”とセードルフは言う。

 

 

 

http://www.nytimes.com/2014/01/22/sports/soccer/seedorf-heads-straight-into-the-coaching-fire.html

 

●『F国際ビジネスマンのWサッカー・ウオッチ㊲』
【ミラン本田が初アシスト、本田がどう挑むか見物です」

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2410

 

 

●「名門ミランの現状深刻 本田、今のままでは生きず 

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO65792870U4A120C1000000/

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(848)『スーパーチューズデーで圧勝したトランプ氏が米大統領になったら日本は悪夢にさいなまれる』●『中国人観光客はどこに集まるの?-マスコミの「爆買い報道」に違和感』● 『高くても売れる「こんにゃく」の圧倒的な競争力』●『春節の秋葉原で見て考えた“中華思想”と“民族主義”』●『周回遅れがお好きな日本、密かに移民政策を実施 お手本となったシンガポールはすでに移民を制限へ』

 日本メルトダウン脱出法(848)   スーパーチューズデーで圧勝した …

no image
『百歳学入門』(225)-『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学②』-『長寿は芸術であり、創造者は長寿となる』★『 長寿の秘密「長寿遺伝子」のスイッチをオンにせよ』★『日野原先生流は「腹7分の1日1300キロカロリー」の食事減量』★『三浦敬三・雄一郎親子の運動、スクワット、筋トレの実践』

  『百歳学入門』(225) 『長寿は芸術であり、創造者は長寿となる』 &nbs …

no image
日本メルトダウン脱出法(708)「大量絶滅、全生物種が危機的状況に 研究」「【ウナギ味のナマズは世界を目指す】「年商500億円!今アフリカで超人気の日本企業」

     日本メルトダウン脱出法(708)   大量絶滅、全生物種が危機的状況に …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(34)ー「浜岡原発停止」契機に自然エネルギー政策の促進を」

池田龍夫のマスコミ時評(34)   「浜岡原発停止」契機に自然エネルギ …

no image
日本敗戦史(43)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<ガラパゴス日本『死に至る病』②

  日本敗戦史(43) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉖ 「日本は朝鮮を吸収との言」ーハルバート氏,すべて良好とのラッド教授の意見に反論

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(5)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか』―末広鉄腸の『インテリジェンス』① < 各国の興亡は第1は金力の競争、第2は兵力の競争、 第3は勉強力の競争、第4は智識の競争であります>

  2015/11/23  日本リーダー …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑨日中韓のパーセプションギャップの研究』「中国は海軍を建設すべし」

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプションギャップ …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(29)★現代史復習、記事再録『外国の新聞が報道した120年前の日清戦争の「三国干渉」の内幕と【腐敗した清国軍の実態】ー南シナ海紛争と同じ中国人民軍の実態!

  日中北朝鮮150年戦争史(29) ◎『外国の新聞、ロシア紙「ノーヴォエ・ヴレ …