前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本風流人列伝(35) アイヌ「ユーカラ」研究の金田一京助はメチャおもろい

   

日本風流人列伝(35)
アイヌ「ユーカラ」研究の金田一京助はメチャおもろい
 
 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
 
金田一京助(きんだいち・きょうすけ)1883-1971。言語学者、文化勲章受賞者。東大、早大教授。学生時代からアイヌの叙事詩「ユーカラ」の研究をはじめ、北海道、樺太(サハリン)を実地踏査、アイヌ叙事詩「ユーカラの研究」を発表。石川啄木の中学時代からの友人であり、数多くの国語辞典の編纂でも有名。
 
 
金田一の講義はいつも長くて、二時間のところが三時間になることもよくあった。この癖は天皇への講義でも発揮された。十五分の制限時間であったが、ついつい調子にのりすぎて、ふと気がつくと、なんと四十五分もオーバーしていた。
ァィヌ語を研究し文化勲章を受賞した言語学者の金田一京助は言葉がていねいすぎて、女の言葉のようでおかしいと、家族からよく苦情が出た。奇行も多く、その点も重なって家族からバカにされることもたびたび。
そんな時、金田一は「他の人はわたしを神様のように尊敬しているのよ。エライと思わないのはお前たちだけなのヨ」と女言葉で怒って、ますますバカにされた。
 
 金田一の講義はいつも長かった。授業でも終わりの鐘が鳴ってから二、三十分も延長するのはザラで、二時間の講演が三時間になったこともあった。
昭和二十九年五月、柳田国男ら四人と天皇の前で講義することになった。一人十五分ずつで最初に立った柳田は『日本人の起源』をピッタリ制限時間に終わらせた。
 
 ところが、金田丁は話しているうちに調子にのり、気がつくと何と四十五分も過ぎていた。天皇の前なので、おそれおおく、合図するお付の者がいなかったのである。
 青くなって柳田にそっと聞くと「あと五分で切り上げたまえ」とこわい顔でニラまれた。金田一は恐縮して、話を終わらせようと一生懸命努力したが、さらに十五分もかかってしまった。
 
 数日後、天皇から四人が呼ばれて食事をご相伴になった。失態に恐縮して顔も上げられなかった京助に対して、天皇は「金田一、この間の話はおもしろかったよ」と声をかけた。 「恐れ入りました」と金田一は感激の涙をポロポロ流した。
このように、天皇の前でも失敗するのだから、一般の会合ではもっと多かった。
 
 ある時、教え子の女性の結婚式に招待された。金田丁はスピーチには自信があり、あれこれ想を練って万全の準備をして出かけた。
 ところが会場につくのが遅れて、すでに仲人のあいさつは終わっていた。 隅の方に座って、眺め回すと大変りつぱな披露宴で、花嫁と花婿の顔を見ると、いつもより違ってみえた。花婿は初めてだが、花嫁は化粧でこんなに変わるものかと感心しながらテーブルのおいしそうな料理を平らげた。
 
そのうち、新郎、新婦への花むけのスピーチに移ったが、新婦の名前が違っているではないか。金田一が名前を言ってボーイに確かめると「その方の結婚式はきのう終わりました」と告げた。何と日を間違えていたのである。金田「先生は耳まで真っ赤になりながら、脱兎のごとく会場を飛び出した。
 
金田一京助の息子も国語学者で知られる金田一春彦である。
ある時、放送局から春彦が対談するために迎えのタクシーを寄こした。それに京助がサッサと乗って出かけた。春彦はいくら待ってもタクシーが来ないので、あわてて電車を乗り継いで遅れないように局へ行くと、京助がニコニコしながら待っていた。
驚いたのは放送局。大先生の京助に、あなたではございませんともいえず、三人で対談をすることになった。最後まで京助は春彦の対談であることに気がつかなかった。
 
 京助はまた、無類のお人好しでもあった。卒業生が監修者に名前を貸してほしい、といえば即座に了承し、無名でも正体不明の出版社でも、「先生の愛読者です」といえば、相こうをくずしてすぐOKした。やたらと、金田一京助監修の国語辞典が多いのは、このためだった。
 
 金田一が石川啄木の親友で、その生活の面倒を見たことはよく知られている。その石川啄木全集の企画を桑原武夫らが集まって進めていた時のこと。
 
 啄木の未発表の日記が函館の図書館にあり、これを活字にしようと、桑原が提案したが、京助が猛反対した。反対などついぞしない人が珍しく徹底して反対するので、帰りに、桑原がそっと京助にその理由を開いた。

すると、京助は真っ赤になりながら弁解した。

 「あの日記には啄木を誘って浅草の赤線へ出かけるところがある。私は潔白で一線を越えずに帰ってきたが、私には今、嫁入り前の娘がある。もし婿になる人があそこを読んであらぬことを空想して、破談にでもなったら娘が可哀想だから、どうか日記の公開は見合わせてくれ」
 あまりの純情さに桑原も目をパチクリ。
 
 

 - 人物研究 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(388)「最強のリーダーシップ・児玉源太郎伝(9)『全責任を自己一身に帰し、一身を国家に捧げる決意」

 日本リーダーパワー史(388)   「日本のナポレオン」・児玉源太郎伝(9) …

no image
日本リーダーパワー史(85) 日本最大の英雄・西郷隆盛の最強のリーダーシップとは・・』(上)

日本リーダーパワー史(85) 日本最大の英雄・西郷隆盛の最強のリーダーシップとは …

no image
百歳学入門(232)ー曻地 三郎(教育家、107歳)「100歳生涯現役を楽しむ20ヵ条」★『<生涯現役>と厳(いか)めしい顔をするのではなく、 生涯現役を楽しめばよい』★『風が吹けば風になびき、苦しいことがあれば苦しさに耐え、「あの時こうすればよかった」などという後悔は何一つない』

「100歳生涯現役」を楽しむ 曻地 三郎(しょうち さぶろう) https:// …

no image
知的巨人たちの百歳学(176)記事再録/「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」(アサヒ、サッポロビールの前身)・馬越恭平【88歳) 「健康10ヵ条」ー「2つの養生<体の養生と財布の養生とは怠るな>」 「四気の保持を忘れぬこと―元気、勇気、長生き(気長の意味) 、腹の落付き(沈静)の四つ」

  2015/09/16   &nbsp …

no image
知的巨人の百歳学(101)家康・秀忠・家光の三代に仕え、徳川幕府250年の基礎を築いた史上最高の戦略家・南光坊天海(108?)の長寿法は『長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし』

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕えた「陰の宰相」南光坊天海(108?)の長寿法 日 …

no image
W杯ロシア大会が6月14日から開催ー『ガラパゴス・ジャパン・サッカー」は「決定力不足ではなく「実力不足」/セルジオ越後』★『大迫が負傷交代…2試合連続ノーゴールの西野J、スイスに完封負け(6月8日)』★『何をいまさら、日本代表・西野監督「形はできている。あとは決定力」』

「ガラパゴス・ジャパン・サッカー」は勝てるのか 決定力不足ではなく「実力不足」/ …

no image
日本リーダーパワー史(868)『明治150年記念ー伊藤博文の思い出話(下)ーロンドンに密航して、ロンドン大学教授の家に下宿した。その教授から英国が長州を攻撃する新聞ニュースを教えられ『日本が亡びる』と急きょ、帰国して止めに入った決断と勇気が明治維新を起こした』★『ア―ネスト・サトウと共に奔走する』

  イギリスの公使に泣きつく   井上はなんという名だったか …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(82)記事再録/ ★明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」『官僚制度』を作った大久保利通の最期の遺言①』★『地方会議を開催して、旧体制、無能な役人、官僚をクビにして大号令を発する日に、会議に臨む途中で大久保内務卿(実質的な総理大臣)は暗殺された。今、<超高齢少子化人口減少社会>の危機を前に、その行財政改革失敗の遠因が大久保の作った官僚制度であることを考えると、大久保の決断とビジョンを振り返ることは大変有益であろう。』

2012-04-14 /日本リーダーパワー史(252)再録   大久保 …

no image
日本リーダーパワー史(195)『真珠湾攻撃から70年―山本五十六のリーダーシップ』ー海軍大将・井上成美が語るー

日本リーダーパワー史(195)   『真珠湾攻撃から70年―山本五十六 …

no image
日本リーダーパワー史(684) まとめ『日本最初の民主主義者・中江兆民』 『東洋のルソー』『自由民権運動の元祖』の奇行とそのハチャメチャ人生』ー

日本リーダーパワー史(684) まとめ『日本最初の民主主義者・中江兆民』 『東洋 …