前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(64) 名将・川上操六⑩の『最強のリーダーシップ』とは(2)

   

日本リーダーパワー史(64
 
名将・川上操六⑩の『最強のリーダーシップ』とは(2)
 
              前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
 人材のコントロールは、川上の最も得意とするところだ。
 
川上の部下を統率する術は極めて卓越したものがあり、天成の大将の器である。かつて、将軍のいうのに
 
『世間には完全なる人物は少なきものである。我が部下としたるときは、よくこれを導いて使用すべきだ。部下を容易に転職させぬこと。使へぬ人物などはいないので、その器に随ってこれを使用すれば、用いるに足らぬことは無い。
一たびわが部下として見るに、用いるに足らぬ人物であったならば、これ己れの選択の誤りである。他の役に使用し、それでも駄目なれば、その時は仕方ないが、一たび部下として使用し、うまく使えないと言って他におし出すのはよくかんがえるべき。人には必ず一技一芸はあるもの。容易に捨てるべきではない。なおさら一己の我見をもってみだりに進退するが如きは、上官たるものの最も慎むべきことである』と。
 
川上は誠心をおしてよく人の腹中に置き、部下の長所を認識してその才能を発揮させようと勉めた。故に部下は皆その命令を聴き、その用をなさんと懸命に努力して、川上の期待にこたえた。
 
川上は先輩、上官に対しても、善く礼を重んじ、恭敬の態度を失わなかった。
川上の居室には山県元帥の写真があり、大山元帥の揮毫に係る扁額があった。かつて人にこう言っていた。
 
『人に頭を下ることを好まぬようでは我が志望は達せられぬものである。いやしくも我が頭を下げても、その願望が達せられれば可なり。故に予は山県・大山などに対しては、なおさら頭を下げてその指導をお願いしたのである。この額は大山元帥に随行して欧洲に赴き帰朝してから、君はこの『慎共独』を掲げて見ておればよいと大山元帥より送られたものであるが、元帥は品行方正、意志堅固なる人物にして、世の中に実に珍しい大人物である。予は平素この金言を守っている。山県元帥も我が陸軍の大先輩として常に教を請うている」と。
 
川上は事件があるごとに元老の同意を得んがために種々の方法を用いた。かつて副官に語っていうには
 
『元老の副官、若くは近に出入せる人士を我が薬籠中の物として、事件のある前に大体わが意見の要領を密かにこれに内談して元老の耳に入れ、かくせられる事に致度に吹込んでおく。やがて親しく訪れて教えを乞う。いろいろ話があれば、それを承わり、なるほど閣下の仰せの通りである。左様に取り計らうべし。とんとその考えはでませんでした。御蔭で助かりましたというて辞去すれば、先方の元老も満足感をもってくれる。かかる方法にて元老をおだてておくのもーの方便である。これはまた頭を大いに下げることを忘れてはいけない」
 
如何に大将の外交手段が、元老重臣を自家薬籠中のものにするに妙を得ていたかうかがうことが出来る。桂公が伊藤、山県等に対する操縦術もまた川上と異曲同工であったように思われる。
 
 川上の皇室に対する態度は極めて謹厳であったが・明治天皇の御信任もまた厚かった。
 
陸軍創設の際、川上は薩摩藩より出て御親兵となり、将校に登用されて、終始天皇に御近づき申すことが出きたためもあるが、川上の皇室に対する忠節の発露でもあらう。川上の近衛大隊長時代に小金井に、天皇御遠乗に陪乗したとき、将校一同に対して、和歌を詠みて奉るべき内命があった。川上はいの一番に三十一文字を認めて天覧に供し奉りたるに天皇はからからと御笑になって、なる程三十一文字はあるけれども・これでは歌とは言わぬといわれ輿に入られた。
川上は漢文学の素養はあるものの、和歌のたしなみがない。如何に考へても、歌は難しいから、天皇の御輿に入りしことを勉めたしと心に浮んだので一首を短尺に認めて天覧に奉った次第であった。しかし、これより、川上の名は天皇の知る所となって今日に至ったとは将軍の述懐である。
 
 
 あるとき、川上は参謀本部の用件を奏上せんがために参内したが、奏上して終りし後、天皇には今日は少し物語あるとて、人払いして、某が数日前参内せしが、その言う所が不明瞭であるので、問いただして訓戒すると、彼は低頭陳謝、如何にも考え違いであると言上ありしために、聞き返した。実はその方が参内するならば、内話せんと待っておったとの仰せであった。
これらの秘話に徴するも、如何に川上が明治天皇に親近し、御信任の厚かったことがわかる。
 
 
大将は部下を愛し、その部下に対するは肉身の関係者と同じく極めて丁寧親切であったが、参謀本部の部下将校にしてその指導、感化を受けなかったものは1人もなかった。部下に与える手紙の場合も、その署名は必ず『操六拝』の三字を用いた。宛名は将官には概ね『閣下』の敬語を用い、先輩といえども緊密なる関係を有するものに対しては「老兄』若くは『尊兄』の二号を用い、部下に対しては主として『様』若くは『兄」と署名していた。
坂本左狂は少尉時代より近衛歩兵第3連隊に属し、大将の指導を受けた1人であったが、晩年の追懐談にこういう。
 
「予は川上大将の部下となって1、2ヵ月経過のころ、ある人より来状ありて、この返事を認めよと命ぜられ、早速返事を認めて提出したところ、是れでは違う、いつものやうに拙者の名を書いて拝の字を書かなければいかぬとの事で、困って書き直した事がある。
 
かねて大将より手紙二三通を戴いたことがある。これは十年計り前、歩兵第三聯隊にあって、少尉時代にいつも訪問申上げるに、御不在にて留守多ければ、週番勤務のあける土曜日に一書をして「今晩御伺がいしたいのですが留守否や」と、御返事を聞きたる時の返答に、「今晩は要件あり、他出するから、御断り申候」との丁寧なる御手紙であった。
 
それに署名はなるほど『操六拝』『坂本左狂様』とあったのを見て、すこぶる驚いた。少尉にして無法にも近衛聯隊長なる大佐の川上さんにそんなことを手紙に書きて、問合せたるものがな。通例なれば口上にて、今晩不在なりと、使の者(従卒に三等兵)へ返事するか、又は返事の限りにあらずとか、又はさしあげたる手紙の一端か封筒に、二三字認めてかえすか、御返事を書くにもせよ、単に不在というのみにて、自然に同輩又は上官に御返事するが如き文面の手紙にては恐縮千万である。
 
考えるに、将軍は何時頃よりか手紙に署名するには、必ず名のみかきて、川上とか、川上操六とか書き、川上大将とはかかぬことにきめ、宛名の人には敬語を用い、予の如き大尉位のハンパものにて、書生時代より御世話になっているものにも、尊兄とか、兄とか、尊君などを加へて書かれた。
 
<参考文献>   徳富蘇峰「川上操六」大空社(1988年)
                              (つづく)
 

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『米国先住民の警告<最後に人はお金は食べられないことを知るだろう>』★『新型コロナ発生の原因は地球環境を破壊した現代文明、炭素社会、強欲資本主義の結果ではないか。地球温暖化による巨大災害が世界中で頻発している』(7月10日)

  米国先住民の警告―「最後に人はお金は食べられないことを知るだろ」 …

no image
日本風狂人伝⑮ 日本一の天才バカボン宮武外骨・「予は危険人物なり(上)は抱腹絶倒の超オモロイ本だよ。

生涯、やることなすこと、権力をからかい、既成の権威や習慣に挑戦して、筆禍や名誉毀 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(271)★『日本敗戦(1945/8/15)の日、斬殺された森近衛師団長の遺言<なぜ日本は敗れたのかー日本降伏の原因>★『日本陸軍(日本の国家システム中枢/最大/最強の中央官僚制度の欠陥)の発足から滅亡までを 日露戦争まで遡って考えないと敗戦の原因は見えない』★『この日本軍の宿病ともいうべき近代合理的精神の欠如、秘密隠ぺい主義、敗因の研究をしない体質はその後の日本の官僚制度、政治制度、国民、政治家、官僚も払拭できず、現在の日本沈没に至っている』

  2010/02/10 /日本リーダーパワー史( …

no image
日本風狂人伝⑫ 稲垣足穂-「アル中、幻想、奇行、A感覚V感覚、天体嗜好・・」・

日本風狂人伝⑫             2009,7,02   稲垣足 …

no image
日本リーダーパワー史(737)『大丈夫か安倍外交の行方は!?』-プーチン大統領と12/15に山口県で首脳会談開催。長州閥は外交には弱く、伊藤、山県とも『恐露病患者』で日露戦争で外交失敗、『日ソ中立条約」の松岡洋右外相も大失敗の連続①

 日本リーダーパワー史(737)  ★『大丈夫か安倍外交の行方は!?』- プーチ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(1)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(元寇の役、ペリー黒船来航で徳川幕府崩壊へ)ー日清、日露戦争勝利の方程式を解いた空前絶後の名将「川上操六」の誕生へ①

    2015/11/18 /2015/11/2 …

no image
知的巨人の百歳学(163 )記事再録/『京都清水寺の貫主・大西良慶(107歳)』★『人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。年寄りとは意見が合わんというてる間に、自分自身がその年寄りになるのじゃ』

    2018/01/28 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(156)再録/「昭和史決定的瞬間/名シーン』-『1941年(昭和16)12月3日の山本五十六連合艦隊司令長官の家族との最後の夕餉(ゆうげ、晩ご飯)』★『家族六人一緒の夕食で山本も家族も何もしゃべらず無言のまま』(日本ニュース『元帥国葬」動画付)

 2018/06/17/山本五十六の長男が回想する父との最後の夕餉(ゆ …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(292 )★『鈴木大拙は1945年『日本亡国の3つの『日本病』を上げた。そして、約70年後、大拙師のいう『日本病』を克服できなかったために、 3/11原発事故を引き起こし、日本は再び沈没中である。

  2012/06/19  日本リーダー …

no image
日本リーダーパワー史(639) 『日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)田中義一はロシア国内を偵察・諜報旅行して、革命家・レーニン、スターリンに接触(?)したのか③

日本リーダーパワー史(639) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)   …