前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(225)』<日馬富士暴行傷害事件の問題点>『急速な少子化、サッカー、野球などの他スポーツへの若者の傾斜、過酷な肉体労働の忌避など、乾坤一擲の策を講じても「日本人中心の相撲界」の将来性は相当厳しいのではと感じられます』

      2017/12/22

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(225)』

 <F国際ビジネスマンのコメント>

今回の暴行事件、大相撲の構造問題を白日に晒し、相撲ファンを大いに悩ませ楽しませている?ことはご承知の通りです。

当方、常々 もう大相撲は、モンゴル相撲なんとか場所に完全に取って代わられ、初場所はいずれウランバートルで始まるのではと思っておりました(笑)。

事件は、貴乃花が

①日本人を中心とした古来からの正統派大相撲に何としても戻したい、

②多勢に無勢で負けても良い、協会の組織、力士集団の人質構造を何としても変えた

モンゴル人に頼らなくても、学校を設立して人材調達と入門前育成が出来る仕組みを作りたい、

部屋毎の広範囲なファンクラブによる集金システムで部屋の経営強化を計りたい、

その場しのぎの場当たり的なモンゴル依存で良しとする、頑迷固陋の守旧派親方衆を協会幹部から更迭したい、

等など、久しぶりに貴ノ花が表舞台に、カルトの親分の雰囲気も漂わせながら露出しています。

ご承知の通り、一般企業も革新に向けた自浄能力が頓に薄れ、経営者の選別と任命については社外取締役に主導権を渡す事態が頻発しています(最近では東芝)。

日本の大相撲も、協会組織、人事を社外の第三者に委ねる方向が急務なのでは?と感じますが如何?。

身びいきと既得権保持の談合が横行しています。今の相撲協会、横綱経験者は八角(北勝海)、伊勢ヶ濱(旭富士)、貴ノ花の三人だけです。

モンゴル横綱ばかりですと、協会の最高幹部人材への供給源つまり日本人横綱経験者が居なくなり、ますますガバナンスが効かない、無能力協会に陥ります。

急速な少子化、サッカー、野球などの他スポーツへの若者の傾斜、過酷な肉体労働の忌避など、乾坤一擲の策を講じても「日本人中心の相撲界」の将来性は相当厳しいのではと感じられますが如何?

力士勢力のモンゴル化、協会組織の指導力の形骸化が相当進んでいることを今回の事件が炙りでしたと感じますが、如何?

精神科医「貴乃花の正義は不純物を含む」 (プレジデントオンライン) –
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171209-00023908-president-soci&p=1<https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171209-00023908-president-soci&p=1>

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
まとめ>犬養毅ー大アジア主義者として孫文を助け、フィリピン、ベトナム、インドなどの独立運動家を支援した『アジアの父』

<まとめ>犬養毅について ―『犬養毅首相を「話せばわかる」といって暗殺された 5 …

no image
日本リーダーパワー史(34) 良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い②<個人誌 『他山の石』での批判活動>

  日本リーダーパワー史(34)     …

no image
日本リーダーパワー史(143)国難リテラシー・66年前の大日本帝国最期の日―昭和天皇・政治家・軍人はどう行動したか①

 日本リーダーパワー史(143)   国難リテラシー・66年前の大日本 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(103)』「パリぶらぶら散歩」③―街中を歩くと、 微笑はモナリザだけではないな、と感じました。妙齢のご婦人が微笑で返して来るのです>

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(103)』 「パリぶらぶら散歩 …

no image
日本リーダーパワー史(42)外国新聞がみた日本のリーダー・若き日の伊藤博文は外国人を好み、やさしく扱う人

外国新聞がみた日本のリーダー・若き日の伊藤博文   前坂 俊之 &nb …

no image
立花隆氏が拙著『『言論死して国ついに亡ぶ』を激賞 (2003年11月)

1 立花隆氏が拙著『『言論死して国ついに亡ぶ』を激賞 (2003年11月) 前坂 …

no image
日本メルトダウン(957)『討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向』●『「日本のせいで巨額の金を失った」とトランプ氏、ヒラリー氏と初の直接対決で日米安保に言及』●『戦略なき日本の「お粗末」広報外交』●『安倍首相の呼びかけで自民議員が一斉に起立・拍手 「北朝鮮か中国」と小沢一郎氏が批判』●『東大、またアジア首位逃す 世界大学ランキング』

   日本メルトダウン(957)   討論初戦はヒラリー圧勝、それでも …

no image
日本リーダーパワー史(616)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』➉『日中韓はなぜ誤解、対立,衝突を重ねて戦争までエスカレートさせたか」ー日清戦争の遠因となった長崎事件(長崎清国水兵事件)②

   日本リーダーパワー史(616) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』➉ 『日 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊶★『明治37(1904)/2/4日、日露開戦を決定する御前会議が開催』●『明治天皇は苦悩のあまり、10日ほど前から食事の量が三分の一に減り、眠れぬ日が続いた。』★『国難がいよいよ切迫してまいりました。万一わが軍に利あらざれば、畏れながら陛下におかれましても、重大なるご覚悟が必要のときです。このままロシアの侵圧を許せば、わが国の存立も重大な危機に陥る(伊藤博文奏上)』

  『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 …

no image
日本リーダーパワー史(944)「日中平和友好条約締結40周年を迎えて、日中関係150年の歴史を振り返る」★「辛亥革命百年ー中国革命の生みの親・孫文を純粋に助けた宮崎滔天、犬養毅、頭山満らの熱血支援』

日本リーダーパワー史(944) 日中平和友好条約締結40周年の祝賀記念行事が各地 …