前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1056)>『中国政府を批判し有罪となり、服役中にノーベル平和賞を受賞した人権活動家の劉暁波氏が7月13日、肝臓がんのため中国・瀋陽の病院で亡くなった。』★『日清戦争の原因の1つとなった「金玉均暗殺事件」はこの中国の人権弾圧、テロ国家の体質から生まれた、同じケースである』

      2017/07/15

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< チャイナ・メルトダウン(1056)>

『中国政府を批判し有罪となり、服役中にノーベル平和賞を受賞した

人権活動家の劉暁波氏の事件と日清戦争の

原因となった「金玉均暗殺事件」は同じ。

「中国最低人権弾圧国家」の

実態は150年前と変わらず

中国の本質は世界でほぼ絶滅した恐竜国家「共産党一党独裁封建国家」『自由と人権弾圧牢獄国家』なのである。劉暁波氏をめぐるあきれ果てた無知蒙昧な対応ぶりは中国がいまだに『中華皇帝封建国家』から、近代国家に脱皮できていないことを証明した。今年は「明治維新から150年」を迎えた日本だが、日清戦争の原因の1つとなった「金玉均暗殺事件」はこの中国の人権弾圧、テロ国家の体質から生まれた、同じケースである。今は、日中両国、国民から忘れ去られた「金玉均暗殺事件」にもふれながら、今回の劉暁波氏弾圧、残酷死事件と対比して、考えてみたい。

ーーーーーーーーーーーー 

 

中国政府を批判し有罪となり、服役中にノーベル平和賞を受賞した作家で人権活動家の劉暁波氏が7月13日、肝臓がんのため中国遼寧省瀋陽の病院で亡くなった。

劉氏は 劉氏は中国の民主主義体制移行、一党独裁終結を掲げ、言論の自由などをめざす「08憲章」を発表して「、2009年に国家政権転覆扇動罪」に問われ、懲役 11年の判決を受け、長く投獄されていた。末期の肝臓がんを患い、先月から瀋陽の病院で治療を受けていた。

死の淵に立っても劉暁波を容赦しない「人でなし」共産党

http://www.newsweekjapan.jp/rebelpepper/2017/07/post-45.php

 

嘘だらけの劉暁波の病状に関する中共プロパガンダ

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-7917.php

 

家族の要望で海外の病院で治療を受けたいという劉氏に対して、中国司法省は海外渡航を認めなかった。劉氏を診察した米独の専門医が9日、外国への移送は可能だとする声明を発表すると、翌10日に病院は劉氏が危篤に陥っているとの診断を公表。病床に横たわり衰弱した劉氏の姿を映した監視カメラの映像も流出させた。

劉暁波氏――中国が消せなかった人

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40604347

 

ノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が死去 批判に中国反発

http://www.bbc.com/japanese/40603793

 

劉暁波氏の実兄、劉暁光氏が15日、遼寧省瀋陽市のホテルで記者会見し、劉暁波氏の遺灰を同日の「海葬」で海にまいたことを明らかにした。劉氏の親族は、自宅がある北京の墓に埋葬することを希望していたが、墓が民主化要求運動の拠点になることを警戒し、当局が海葬に同意するよう強いた可能性がある。義兄、劉●(=杉の木へんを丹に)氏は海葬にしたことについて「残酷すぎる。言葉がない」と述べ、当局を厳しく非難した。(共同)

EU、中国の人権侵害を批判できず 強まる影響力の前に口を閉ざす民主主義陣営http://newsphere.jp/world-report/20170628-4/

 

「劉暁波氏は意図的に殺された」 盲目の人権活動家が中国非難

http://www.afpbb.com/articles/-/3135684

 

中国検閲当局、劉暁波氏追悼をネット上から徹底削除 「絵文字」も抹消

http://www.afpbb.com/articles/-/3135778?cx_tag=pc_sns&cx_position=5#cxrecs_s

 

国外での治療を認めなかった中国政府に対して、国際的な批判が高まっているが、中国政府はこれに反発している。

中国外務省は14日、政府として初めて劉氏の死亡に触れ、「劉暁波の件の扱いは中国の内政問題であり、外国は不適切な発言をする立場にない」とコメントした。国営・新華社通信が同日伝えた。

 

中国ではこのところ、「法治」の名の下で、「国家安全法」など国民の権利を制限する治安立法が相次いでいる。習近平の「核心的利益政策」の推進である。 中国は日本を抜いて世界第2の経済大国に発展し、2030年代には米国を抜いて世界一になるとの見通しのもとに、習近平主席は『核心的利益政策』を鮮明に打ち出した。

その国家の『核心的利益」とは・・・

①台湾問題

②チベット独立問題

③東トルキスタン独立運動

④南シナ海問題(九段線、南海諸島)

⑤尖閣諸島問題―

を挙げている。   これが、中国の国家主権と領土保全、安全維持、経済社会の持続的で安定した発展するための最重要課題、国益と位置づけているのである。中国は国際人権規約に署名し、憲法改正で「人権尊重」を明文化したが、現状は全く逆行している。

 

中国の国家安全法は戦争法か

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/07/post-3780.php

 

 

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
児玉源太郎伝(1)●死亡記事ー『知謀の参謀総長、脳溢血で急死』●『児玉大将の死を痛惜す』〔時事新報〕

 児玉源太郎伝(1)  日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→参謀次長)に …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1063)>★『日本の「無子高齢化」は、政府が非常事態宣言を出すべき深刻度 』★『日本の余命はあと8年!? 政府の楽観予測が示す「暗い未来」』★『ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす』★『 少子高齢化がもたらす衝撃の未来予想図--「縮むこと」を恐れるな』★『2035年には人口の半分が独身! この先、必要になる「ソロで生きる力」』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1063) …

no image
速報(154)『日本のメルトダウン』『福島原発から45k地点でプルトニウム検出』『中間貯蔵施設という呼び名は大変不適切である』

速報(154)『日本のメルトダウン』   『福島原発から45キロの地点 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉚』●「EU域内のドイツの躍進ぶり」◎「平均寿命より健康寿命を延ばそう」

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉚』 &nbs …

no image
 日本リーダーパワー史(767)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む➀『婦人女子、老翁、老婆、分別もない小児の首に、縄を掛けてこれを絞め殺すとは果していかなる国か。』『この社説が『脱亜論」のきっかけになり、日清戦争の原因ともなった』

   日本リーダーパワー史(767)   『朝鮮独立党の処刑』『時事新 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(188)』●「とんがったことを」富士フイルム、76歳の変革者 富士フイルムHD会長兼CEO古森重隆氏に聞く』●『ソフトバンクが英ARM買収、過去最大規模3.3兆円IoT強化へ』●『「ポケモンGO」大ヒットに見る、ソニーが敵わない任天堂の強み』●『LINE上場で“1兆円企業”入りも課題は深刻な人材不足』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(188)』 …

no image
日本リーダーパワー史(160)『3・11<第3の敗戦>からの復活は可能か?ー明治維新の志士は20歳の若者』

日本リーダーパワー史(160) 『3・11<第3の敗戦>からの復活は可能か?ー …

no image
日本リーダーパワー史(398)ビデオ座談会<参議院選大勝後の安倍自民党政治の行方はー消費税、超高齢化、麻生発言

  日本リーダーパワー史(398)   ビデオ政治 …

no image
『1949(昭和24)年とはどんな時代だったのか』

                2007,10,01     1949(昭和24 …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(238)ー『サウジ執行部とトランプは益々窮地に追い込まれています。』★『MBS(ムハンマド皇太子)とネタニャフの二人が一遍に失脚すると、米の対イラン戦略は完全に 空洞化します』

風雲急を告げる中東情勢 ≪F国際ビジネスマンの情勢分析≫ CIAによる、MBS殺 …