前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊼』『建築界のノーベル賞・プリッツカー賞は坂茂氏が受賞』尊敬される日本人の登場

   

  

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊼』

 

世界の未来を切り開く新しい日本人がまた1人登場―

「権力も金もある社会的な強者の為の建築は作らない、

自然災害、戦災、人災で社会的弱者となった人々に

役立つ設計をする」と宣言。

 

   2014/3/25      BBC  NEWS

   Pritzker Prize won by Japanese architect

     Shigeru Ban”

 “ プリッツカー賞は日本の建築家 坂茂氏が受賞“

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

http://www.tedxtokyo.com/talk/ban/


F氏のコメント」

世界的に有名な日本の建築家は、丹下健三
 槙文彦、安藤忠雄、隈健吾、伊東豊雄、位しか知
 りませんでした。
今年のプリツカー賞、建築学会のノーベル賞と言われてい

ますが、坂茂氏が、昨年の伊藤豊雄氏に続き受賞しています。
 プリツカー賞の日本人受賞者は、坂氏で7人目?だ
 そうです。(5人目という説もあります)
 BBCNYTが早速、一面のニュースで取り上げてい
 ます。BBCが、BAN SHIGERU氏の業績、その設計
 哲学、思想を簡潔に纏めています。

 小生の印象は、戦後日本の欧米に追いつけ追い越せ、
 富国強兵の思想から完全に脱却し、デモクラシーと
 古来の日本建築の歴史を理解し、建築の意義を根本
 から問い直した天才的な建築家が登場した、と言う
 印象です。

 本人の発言にもありますが、「権力も金もある社会
 的な強者の為の建築は作らない、自然災害、戦災、
 人災で社会的弱者となった人々に役立つ設計をする」
 と宣言しています。

 この日本人建築家の作品と世界の災害現場における
 泥まみれの作業は、小沢征爾氏と同様、「奉仕の精
 神」に満ち溢れています。世界から尊敬される日本
 人が又一人ヒノキ舞台に登場した思いです。

 高校を出てすぐ、アメリカで建築の勉強を始めてい
 ます。グローバル人材の典型です。

 石、コンクリート、鉄筋を捨てて、木材と紙に回帰し
 ている。日本人の感性を表現するために、紙管など
 基礎材料から見直しています。恐らく最初はずっと、
 変人扱いされていたと思います。デベロッパーやゼネ
 コンの表情が見物です。

 これからの坂茂氏の労作を世界が期待し、そのヒュ
 ーマニズムを応援し続ける筈です。

 被災した宮城県女川町の女川駅舎、坂氏の設計による
 この駅舎の建設が始まった。2015年3月の開業が
 待たれます。

 

  2014/3/25      BBC  NEWS

   Pritzker Prize won by Japanese architect

     Shigeru Ban”

 “ プリッツカー賞は日本の建築家 坂茂氏が受賞“

 

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

この56才の建築家は自然災害の犠牲者や避難民を助けるために、様々な建築物を設計している。

彼の作品はニュージーランドの紙製の寺院等も含まれるが、坂氏は建築の最高賞であるプリツカー賞を獲得する事は大変な名誉であると語った。

人道的な課題に対する彼の責任感は、全ての人々にとって見本となるものである、と審査員は語った。

 

坂は20年を費やして世界を旅して歩き、災害地域、日本、ルワンダ、インド、スリランカ、ハイチ、イタリー、そして現在はフィリピンなどで、コストは低いが品格のある住まいを設計して援助して回っている。

しかしながら、この建築家は、“私は十分な業績を上げて居るわけではない”と付け加えて、“早過ぎると感ずる栄誉には気を付けなければならない”、と言う。

 

“私はこの受賞は、私がやっている事をやり続けろ。私がやっている事を変えるな、しかしもっと育てろ、との激励の意味があるものと受け取っている”、と坂は言う。

 

更に坂は付け加えた、“住まいに関する私の個人的な使命や災害地域における救済業務において、奉仕すべき人々の声に耳を傾け続けなければならない”、と。

 

この建築家は、地元で製造されたボール紙のチューブの様な、リサイクル可能な材料を使い、これを円柱、壁そして梁に使用している、これらの材料は、簡単に組み立てたり、取り外したり出来、また火災に強く、防水性能も高い、と言う。

 

彼の人道的な仕事は、1994年、何百万人もの難民を生み出したルワンダの虐殺に呼応して始まった。彼が中央アフリカの難民に対して紙管製のシェルターを建てる事を提案し、国連が彼をコンサルタントとして起用した。

 

2009年のイタリア、ラクイラ地震が起きた後、彼は仮設の公会堂を建設し、この町の音楽家達が演奏を続けられる様にした。そして2008年の四川省地震で被害にあった子供達の為に、紙製のパイプを使用した仮設の教室を建設した。

 

 

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人の百歳学(161)/記事再録/百歳学入門(81)▼「長寿創造的経営者・大阪急グループ創業者の小林一三(84歳)の長寿経営健康十訓」

百歳学入門(81)▼「長寿創造的経営者・大阪急グループ創業者の小林一三(84歳) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(72)記事再録/日露300年戦争(3)『露寇(ろこう)事件とは何か』―『普通の教科書では明治維新(1868年)の発端をペリーの黒船来航から書き起こしている。 しかし、ロシアの方がアメリカよりも100年も前から、日本に通商・開国を求めてやってきた』

  再録★2017/11/16/日露300年戦争(3)『露寇 …

no image
日本リーダーパワー史(475)<日本最強の参謀は誰だったのかー「明治国家の大参謀」杉山茂丸の研究①>

  日本リーダーパワー史(475)   <日本最強 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より④』★『服部の目からウロコの中国論』●『科学的知識は皆無で迷信/虚説を盲信して夜郎自大となった清国。一方、西洋人は支那を未開の野蛮国として、暴虐をくわえて義和団の乱、北清事変に爆発した』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』  ここにおいて、また例の …

3333
『リーダーシップの日本近現代史』(322)★「米国初代大統領・ワシントンとイタリア建国の父・ガリバルディと並ぶ世界史の英雄・西郷隆盛の国難リーダーシップに学ぶ。ー『奴隷解放』のマリア・ルス号事件を指導。「廃藩置県」(最大の行政改革)「士農工商・身分制の廃止」『廃刀令」などの主な大改革は西郷総理(実質上)の2年間に達成された』

2019/07/27  日本リーダーパワー史(858)/記事 …

no image
安倍首相と橋下維新の会代表とのリーダーシップ を比較する②「女性閣僚ダブル辞任の失敗と『ヘイトスピーチ」の対応に大差

 日本リーダーパワー史(528)   安倍首相と橋下維新の会 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』<まとめ記事>「トランプ大統領丸1年の成績評価はマイナス50点』★『米朝戦争は勃発するのか、6回連載分を一挙に公開』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 ★『2017年は世界大乱、アジア激震の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(327)★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『超高齢社会日本』のシンボル・世界最長寿の彫刻家/平櫛田中翁(107歳)に学ぶ」<その気魄と禅語>『2019/10月27/日、NHKの「日曜日美術館ーわしがやらねばたれがやる~彫刻家・平櫛田中」で紹介』★『百歳になった時、わしも、これから、これから、130歳までやるぞ!』と圧倒的な気魄!

 <世界のコロナパニック戦争で「長寿大国日本」の底力(長寿逆転突破力)を発揮して …

no image
日本リーダーパワー史(861)ー記事再録『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー 福沢諭吉の教えー『英才教育は必要なし』(下)『西欧の三千年の歴史の中で天才の学校生活を調べると、天才、トップリーダーは学校教育ではつくれないことを証明している』

 日本リーダーパワー史(861) 『天才の通信簿』では西欧の3千年の歴史の中での …

no image
『知的巨人の百歳学(157)記事再録/早稲田大学創立者/大隈重信(83歳)の人生訓・健康法ー『わが輩は125歳まで生きるんであ~る。人間は、死ぬるまで活動しなければならないんであ~る

『早稲田大学創立者/大隈重信(83歳)の人生訓・健康法ー『わが輩は125歳まで生 …