前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊼』『建築界のノーベル賞・プリッツカー賞は坂茂氏が受賞』尊敬される日本人の登場

   

  

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊼』

 

世界の未来を切り開く新しい日本人がまた1人登場―

「権力も金もある社会的な強者の為の建築は作らない、

自然災害、戦災、人災で社会的弱者となった人々に

役立つ設計をする」と宣言。

 

   2014/3/25      BBC  NEWS

   Pritzker Prize won by Japanese architect

     Shigeru Ban”

 “ プリッツカー賞は日本の建築家 坂茂氏が受賞“

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

http://www.tedxtokyo.com/talk/ban/


F氏のコメント」

世界的に有名な日本の建築家は、丹下健三
 槙文彦、安藤忠雄、隈健吾、伊東豊雄、位しか知
 りませんでした。
今年のプリツカー賞、建築学会のノーベル賞と言われてい

ますが、坂茂氏が、昨年の伊藤豊雄氏に続き受賞しています。
 プリツカー賞の日本人受賞者は、坂氏で7人目?だ
 そうです。(5人目という説もあります)
 BBCNYTが早速、一面のニュースで取り上げてい
 ます。BBCが、BAN SHIGERU氏の業績、その設計
 哲学、思想を簡潔に纏めています。

 小生の印象は、戦後日本の欧米に追いつけ追い越せ、
 富国強兵の思想から完全に脱却し、デモクラシーと
 古来の日本建築の歴史を理解し、建築の意義を根本
 から問い直した天才的な建築家が登場した、と言う
 印象です。

 本人の発言にもありますが、「権力も金もある社会
 的な強者の為の建築は作らない、自然災害、戦災、
 人災で社会的弱者となった人々に役立つ設計をする」
 と宣言しています。

 この日本人建築家の作品と世界の災害現場における
 泥まみれの作業は、小沢征爾氏と同様、「奉仕の精
 神」に満ち溢れています。世界から尊敬される日本
 人が又一人ヒノキ舞台に登場した思いです。

 高校を出てすぐ、アメリカで建築の勉強を始めてい
 ます。グローバル人材の典型です。

 石、コンクリート、鉄筋を捨てて、木材と紙に回帰し
 ている。日本人の感性を表現するために、紙管など
 基礎材料から見直しています。恐らく最初はずっと、
 変人扱いされていたと思います。デベロッパーやゼネ
 コンの表情が見物です。

 これからの坂茂氏の労作を世界が期待し、そのヒュ
 ーマニズムを応援し続ける筈です。

 被災した宮城県女川町の女川駅舎、坂氏の設計による
 この駅舎の建設が始まった。2015年3月の開業が
 待たれます。

 

  2014/3/25      BBC  NEWS

   Pritzker Prize won by Japanese architect

     Shigeru Ban”

 “ プリッツカー賞は日本の建築家 坂茂氏が受賞“

 

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

この56才の建築家は自然災害の犠牲者や避難民を助けるために、様々な建築物を設計している。

彼の作品はニュージーランドの紙製の寺院等も含まれるが、坂氏は建築の最高賞であるプリツカー賞を獲得する事は大変な名誉であると語った。

人道的な課題に対する彼の責任感は、全ての人々にとって見本となるものである、と審査員は語った。

 

坂は20年を費やして世界を旅して歩き、災害地域、日本、ルワンダ、インド、スリランカ、ハイチ、イタリー、そして現在はフィリピンなどで、コストは低いが品格のある住まいを設計して援助して回っている。

しかしながら、この建築家は、“私は十分な業績を上げて居るわけではない”と付け加えて、“早過ぎると感ずる栄誉には気を付けなければならない”、と言う。

 

“私はこの受賞は、私がやっている事をやり続けろ。私がやっている事を変えるな、しかしもっと育てろ、との激励の意味があるものと受け取っている”、と坂は言う。

 

更に坂は付け加えた、“住まいに関する私の個人的な使命や災害地域における救済業務において、奉仕すべき人々の声に耳を傾け続けなければならない”、と。

 

この建築家は、地元で製造されたボール紙のチューブの様な、リサイクル可能な材料を使い、これを円柱、壁そして梁に使用している、これらの材料は、簡単に組み立てたり、取り外したり出来、また火災に強く、防水性能も高い、と言う。

 

彼の人道的な仕事は、1994年、何百万人もの難民を生み出したルワンダの虐殺に呼応して始まった。彼が中央アフリカの難民に対して紙管製のシェルターを建てる事を提案し、国連が彼をコンサルタントとして起用した。

 

2009年のイタリア、ラクイラ地震が起きた後、彼は仮設の公会堂を建設し、この町の音楽家達が演奏を続けられる様にした。そして2008年の四川省地震で被害にあった子供達の為に、紙製のパイプを使用した仮設の教室を建設した。

 

 

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-26731137

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン・カウントダウンへ(899)「消費増税再延期」「消費増税再延期」の最大の問題点は 『先きに延ばせば』状況は果たして良くなるのか、 この答えは誰もがわかるが『答えはノー』である。

 日本メルトダウン・カウントダウンへ(899) 「消費増税再延期」の最大の問題点 …

no image
日本リーダーパワー史(75) 生死をこえる究極の心得とは・・撃墜王・坂井三郎の話

日本リーダーパワー史(75) 生死をこえる究極の心得とは・・撃墜王・坂井三郎の話 …

no image
日本リーダーパワー史(839)(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ②』★『菅官房長官を狼狽させた東京新聞女性記者/望月衣塑子氏の“質問力”(動画20分)』★『ペットドック新聞記者多数の中で痛快ウオッチドック記者出現!

日本リーダーパワー史(95) 5・15事件で敢然とテロを批判した 菊竹六鼓から学 …

no image
日本リーダーパワー史(833)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑤』★『ルーズベルト大統領は「旅順陥落」に大喜びー 黙っていると”Silence is Consent”(同意した) とみる。どしどし反論せよ』★『  日本は半面はサムライ、半面は文明の国民だから強い』●『黄禍論と戦う、旅順の戦闘、日本海海戦の大勝利』★『旅順陥落―ル大統領は大喜び 』

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑤> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト大統 …

no image
日本風狂人伝(23) 日本『バガボンド』ー永井荷風散人とひそやかに野垂れ死に ③

日本『バガボンド』ー永井荷風散人とひそやかに野垂れ死に ③前坂 俊之       …

no image
日本リーダーパワー史(628)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ㉑「日清戦争は明治天皇は反対だったが、川上操六、陸奥宗光の戦争であった」「 戦争は避けることばかりを考えていてはますます不利になる」(マッキャベリ)

 日本リーダーパワー史(628)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ㉑  『 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1041)> 『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した』③『注目された米中会談(4/6,7)の内容とその結果は?・』★『朝鮮半島クライシス!』『トランプの北朝鮮威嚇で中国が高笑いの理由―ー北朝鮮をどんな形でもコントロールできる中国』●『朝鮮半島有事で日本に大量に「難民」が流入するの?』★『北朝鮮が中国を名指し批判――中国の反応は?』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1041) …

no image
<日本最強の参謀は誰か-「杉山茂丸」の研究② 「日露開戦前に児玉源太郎を参謀次長に引っ張り出し「無隣庵会議」にも参加

 ·    &n …

94070974054a5f1c6636dc8.44492353133891856
長寿学入門(216)<松原泰道老師!百歳>『 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密を尋ねると、佐藤一斎の『言志晩録』に「見える限り、聞こえる限り、学問を排してはならない、とある。私も、いまや、目も見えない、耳も聞こえませんが、読み、書く、話すことは生涯続けたいと思います」と語る。合掌!

松原泰道老師百歳 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密は・ …

Unknown-1
百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)   元祖ス-ローライフの達人・「超俗の画家」の熊谷守一(9 …