前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

鎌倉カヤック釣りバカ日記(12/22)『カワハギはどこへいったの?「鎌倉海」は死滅しつつあるのか。★『1年前とはこんなに変わった豊穣の海・鎌倉海は海藻が死滅、魚の棲み家もなくなったのか』

      2018/12/25

 

鎌倉カヤック釣りバカ日記(2018/12/22/pm8-12)ーカワハギはどこへいったの?「鎌倉海」は死滅しつつあるのか。

3時間つってこの釣果。ホウボウ3匹のみ。カワハギを2本竿で逗子マリーナ沖で狙ったが、3時間で1度も当たりなし。イワイソメのエサも全く食われず、サカナがいないことの証明。

カワハギがいればエサがとられる、ベラなども釣れる、フグもこの時期いるのでエサも針も取られる。ところが「沈黙の海」、ホウボウは回遊魚なのでどこからかやってきた流れ者。

30年、この場所で年中釣りをしてきて、カワハギ、ベラが1匹も釣れず、エサが残っているということは、まったく初めてのことにショックを受けた。 忍者魚、カワハギが姿を消したということ、ベラも一緒に引っ越したのか

。ホウボウは冬場に現れる回遊魚だが、カワハギ、ベラのようにこの海藻がいっぱい生えた岩礁に住みついている根魚だ。 去年まではなんとか数少ないとはいえ釣れたカワハギ、ベラ、カサゴなどの根魚がすべていなくなったという海の大異変である。 海水面の上昇、サンゴ、海藻類の死滅、海の砂漠化、地球温暖化の影響に間違いない。

10年前からかこの鎌倉釣りバカ日記は毎回動画配信しているが、毎年のように海藻が死滅し、海の砂漠化が進行し、それに魚の減少が比例し、魚の種類が変化している様子はその動画の中で報告している。

確実に鎌倉・逗子沖の海は死滅の道をたどっていることを警告したい。悲しいね、その原因をこれからも執拗に報告していくよ。変わりゆく自然、死滅していく海と森と動植物の悲鳴と沈黙の海を若い人々に記録して伝えて、ストップすることが我々老世代に残された義務と思うから

 

鎌倉カヤック釣りバカ日記(2017/11/10)ーイナダ(35㎝)、シイラ(30-40㎝、30匹)、カワハギ5匹、ソーダカツオ3匹と爆釣す⑴

 
11月10日午前8時、鎌倉材木座海岸から川越名人と2人でいつものポイントへカヤックフィッシングにスタート。青空が広がり無風の絶好の釣り日和。海はべたなぎ。1ゕ月ぶりの鎌倉海をぶりり、ふらり、波にゆられて、大海に竿一本糸を垂らしてさかなクンと魚信通信を楽しむ。
 
最初に遊びに来たのはイナダ君。『グイー、ギューン!!、ギューン」「ゴツ、ゴーン、ドスン!!」と細い竿が弓なりの大きな引き。強力な魚信が伝わってくる。最初はソーダカツオと思いきや、あげてみれば太った稲田君(40㎝)ちかくあったよ。
2番目に遊びに来たのは、これはなんじゃいな!ー「トントン、コツコツ、ぎゅーギュウ、バシャバシャ」やかましい暴れ者が緑色のシーラ君。これが団体で遊びに来たからさあ、大変。海面すれすれのところで、十数匹の子シーラがコマセを食っており、1匹が釣れて、引き上げていると、二匹3匹と釣続き、仕掛けがぐじゃぐじゃとなる。
忍者・カワハギ君の通信方法はまるで違う。「・・・、●●●●」の無音・音無しの忍び足でいつの間にかエサは食われている。その間2,3秒、まるで忍法、無当たり、暗号通信なのでござる。
当たりもなければ、姿も見えぬ、本にお前は魚忍法「カワハギ軍団」なのじゃな。・・この日もこっそりエサを盗まれてしまったわい。

 鎌倉カヤック釣りバカ日記(11/10)ーイナダ(35㎝)、シイラ(30-40㎝、30匹)、カワハギ5匹、ソーダカツオ3匹と爆釣す⑵

 鎌倉カヤック釣りバカ日記(11/10)ーイナダ(35㎝)、シイラ(30-40㎝、30匹)、カワハギ5匹、ソーダカツオ3匹と爆釣す⑵

 

 - 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン(925)東京都知事選スタート―『猪瀬氏が東京のガン・伏魔殿都議会を告発』●『何よりダメな日本の政治家選び,育て方』『橋下徹氏がいう「政治の実行プロセスを知らない候補者ばかり』

   日本メルトダウン(925)  東京都知事選スタート― 『猪瀬氏が東京のガン …

no image
<鎌倉カヤック釣りバカ日記>冬の葉山海は素晴らしい。シ―カヤック・レッスン・エンジョイライフだよ!③

<鎌倉カヤック釣りバカ日記-番外編>   <『美しい冬の海と湘南』スペ …

no image
百歳学入門(39)『画家・中川一政、97歳』<よく生きた者が、よく死ぬ。そこになんの理屈も神秘もない>

百歳学入門(39)―『百歳長寿名言』   <自らの意思でチャレンジせよ …

no image
★5『生涯現役/百歳学入門<161>』●「平均寿命」と「健康寿命」 その差が大きい日本の課題』●『「1日1万歩」は間違い? 5000人研究で判明! 「1日8000歩」と「20分の中強度運動」が運動の黄金律』●『なぜイギリスの老人は「貯金140万円」で楽しく生きていけるのか 日本人は定年後を心配しすぎ!?』●『カークダグラス100歳ー未来への道』●『 スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか 幸福度世界1位「北欧の楽園」に学ぶ老いと死』

   生涯現役/百歳学入門<161>   「平均寿命」と「 …

1111111
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(112)「ピカソ美術館編」(5/3日)⑩その多種多様、創造的インスピ レーションには圧倒される

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(112)』 「パリ・ぶらぶら散 …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『六十、七十,洟たれ小僧の湘南海山ぶらぶら日記』/『つり竿さげて、鎌倉海をカヤックフィシングでさかな君と遊べば楽しいよ』★『「半筆半漁」「晴釣雨読」「鉄オモリをぶら下げて」鎌倉古寺を散歩すれば、悠々自適!』

以下は2011年7月7日に書いた「湘南海山ぶらぶ日記」の再録である。約10年前は …

no image
『F国際ビジネスマンのカメラ・ウオッチ(62)』「万葉の里」の奈良県宇陀市。国宝・室生寺と並ぶ 「水の守り神」宇陀水分(みくまり)神社上宮に参拝‏

   『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(62 …

no image
日本の明治以来の「殖産振興」「経済大国化」の原点・世界文化遺産 『富岡製糸工場』を見に行った➁

     日本の明治以来の経済発展の原点・世界文化 …

no image
日本リーダーパワー史(907)昭和戦後の高度経済成長の立役者・中山素平の経営哲学10ヵ条「大事は軽く、小事は重く」★『八幡、富士製鉄の合併を推進』『進むときは人任せ、退く時は自ら決せ』★『人を挙ぐるには、すべからく退を好む者を挙ぐるべし』

日本リーダーパワー史(907) 日本興業銀行特別顧問 中山 素平(1906-20 …

no image
百歳学入門(35)―『百歳長寿名言』グリコ創業者・江崎利一(97歳)『健康法に奇策はない』

百歳学入門(35)―『百歳長寿名言』 長寿経営者の健康名言・江崎利一(97歳) …