前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1045)>『トランプ大統領、FBI長官クビに!CNN「米国史に残る権力乱用」』★『大統領失格を自ら宣言する権力乱用であり、トランプは弾劾されて、辞任に追い込まれる可能性がより大きくなった。』

      2017/05/16

 

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< 世界、日本メルトダウン(1045)>

 

 「おまえはクビだ!」が口癖のトランプ大統領が再び怒鳴った。

9日、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官(56)を解任した。

「クリントン元国務長官のメール問題で、訴追を見送りながら、選挙投票直前に捜査を再開すると発表し、このためにクリントンは落選したといわれるコミー長官の言動を問題視したのが解任理由という。

しかし、選挙後すでに半年経ったこのタイミングで、なぜクビにしたのか。トランプはテレビのインタビューで「コミー長官に3回電話して『自分が捜査の対象になっているか』と問い合わせた。しかし、コミー長官の返事は「ノー」だったと答えている。

このやり取りをみても矛盾だらけのトランプの暴言、暴走である。

「CNNテレビは早速、1973年に、政権が関与したウォーターゲート事件を捜査していた特別検察官を解任した

ニクソン大統領を引き合いに出し、「米国史に残る権力の乱用」と批判した。

 

3権分立の民主主義の基本理念から見ても、大統領が司法権に介入することはタブーである。捜査の独立性を大統領は尊重しなければならない。トランプのFBIのロシアンゲート捜査に自分が捜査の対象になってないことを確認しながら、クリントンへの捜査を理由に解任したのは矛盾だらけである。自らのロシアゲートの疑惑隠しの解任であることは見え見えで、これは米大統領史上に残る前代未聞の解任劇である。

自分に捜査が向いていたので首にしたのなら、理由の説明にはなる。

ただし、そうすれば正に、やぶ蛇で解任の疑惑隠しとなり、メディアの一斉攻撃を浴びることは、目にみえているではないか。

こうした判断力しかない人間が間違ってアメリカの大統領の椅子に座り、核のボタンをもって、勝手放題やっているのだから、世の中真っ暗闇である。

まさに、大統領失格を自ら宣言する権力乱用であり、トランプは弾劾されて、辞任に追い込まれる可能性がより現実的となってきた。トランプは「アメリカの民主主義精神に対してお前はクビだ」と怒鳴って絞め殺しているのだ。

 

トランプ大統領、FBI長官クビに!CNN「米国史に残る権力乱用」

http://www.sanspo.com/geino/news/20170511/pol17051105020001-n1.html

 

ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/post-7599.php

 「トランプは「恐ろしいほどのナルシスト』

「ツイッター大統領トランプ氏の性格と行動について、大統領選挙前からさんざん指摘されたが、ある米国の心理学者は「恐ろしいほどのナルシスト』と分析。病的な嘘つき、感情を制御できない、自己過信尊大症、飽きっぽい性格、謝罪をしない恥知らず、他者に共感がないなど、精神的に病んでいるみている。この人が核ミサイルのボタンを持っていることは大変恐ろしいことと指摘している。」

http://urban-diary.blog.so-net.ne.jp/2017-01-15

 

「メディアからの批判も収まる気配がない。『ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)』(3月22日付朝刊)は社説で、トランプ氏が「誇張や証拠のない非難、信じがたい否定、うそを垂れ流しているとみられている」と主張。「トランプ氏が事実をより尊重しなければ、ほとんどの国民はトランプ氏を『フェイク・プレジデント(偽大統領)』だと結論づけるかもしれない」と警告した」

 

「それだけではない。FBI,NSA、司法省からも「トランプの嘘つき癖」を批判された。 コミーFBI長官は320日の公聴会で、大統領選中にオバマ前政権から盗聴されたとするトランプの主張について「ツイッターの指摘を裏付ける証拠はない」と証言。公聴会にNSAの局長、司法省のトップも出席したが、いずれも盗聴の証拠を確認できないと否定した。トランプの信用もメンツも丸つぶれだよ、これで何度目かな」

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(11)記事再録/『ニューヨーク・タイムズ』<1896(明治29)年7月20日付)がみた明治のトップリーダー・伊藤博文の英語力、対外発信力とは

       2010/02/ …

no image
知的巨人の百歳学(146)ー『憲政の神様・尾崎行雄(95歳)の『私の長寿と健康について』>『 生来の虚弱体質が長寿の原因である』

『憲政の神様・尾崎行雄(95歳)の『私の長寿と健康』> ① 生来の虚弱 …

no image
日本メルトダウン(943)『人口減少、移民受け入れ拒否で、あえて死を待つ日本』●『労働人口減と移民受け入れ』●『「日本経済の問題は人口問題」移民受け入れ以外に成長不可能と海外紙』●『誰が「円」を殺したか? これから日本国民が味わう塗炭の苦しみ』●『移民ビジネスの経済効果は20兆円!? 専門家に聞いた』●『若者の精子減少が深刻化、親世代の半分か…原因はサラダ油などの植物油、生殖機能低下』

日本メルトダウン(943) 労働人口減と移民受け入れ https://vpoin

no image
百歳学入門(43)『大隈重信の健康法』『わが輩は125歳まで生きるんであ~る』「恐れるな、愚痴をいうな、過去を忘れよ、善をなせ』

百歳学入門(43)『大隈重信の健康法』   『早稲田大学創設者・大隈重 …

no image
百歳学入門⑤<クイズ>日本の長寿経営者はだれか<農業、食品企業の創業者になぜ長寿者は多いのか>②!?

  百歳学入門⑤<クイズ>日本の代表的長寿経営者は誰か?② <農業、食 …

no image
『目からウロコ』『耳から感動」の世界のリーダー たちの名スピーチ集ー『オバマ大統領「自分が完全に正しくても、妥協することが必要」 自分の信念を実現するために覚えておくべき戦略』●『世界で一番貧しい大統領」ホセ・ムヒカ氏が語る、人生でもっとも重要なこと』●『「正しさを口にすることを恐れてはいけない」 ブルームバーグ氏によるハーバード卒業式祝辞』●『人食いバクテリア感染、四肢切断… 死の淵から生還した女性「すべてのトンネルの終わりには、光がある」』など7本

 『目からウロコ』『耳から感動」の世界のリーダー たちの名スピーチ集ー   オバ …

no image
百歳学入門(73)沢庵禅師(73)の『剣禅一致』ー心海持平なる時、前に敵なく、後ろに物なし。無の境地じゃ>

 百歳学入門(73) 吉川英治創作の宮本武蔵の師・沢庵禅師(73)の『 …

no image
『百歳学入門(205』ー 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」カゴメの創業者/蟹江一太郎(96)の長寿健康/経営10ヵ条』★『でんでん虫、そろそろ登れ、富士の山」』★『日本一 前後かわらぬ トマトかな」その理念は『正直、感謝、共存共栄、漸進主義』●『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し(家康の遺訓)』★『長寿はトマトを売り歩いた苦労のおかげ』

  百歳学入門(70) 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」 …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(335)『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー福沢諭吉の教えー『英才教育は必要なし』★『勉強、勉強といって、子供が静かにして読書すればこれをほめる者が多いが、私は子供の読書、勉強は反対でこれをとめている。年齢以上に歩いたとか、柔道、体操がよくできたといえば、ホウビを与えてほめる』

    2012/10/22 &nbsp …

no image
『美しい自然と文化の鎌倉歴史都市』スペシャル!<大仏切通>は800年前の<古道巡礼>をすれば心も体も癒される。

<『美しい自然と文化の鎌倉歴史都市』スペシャル!>   世界文化遺産指 …