前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1045)>『トランプ大統領、FBI長官クビに!CNN「米国史に残る権力乱用」』★『大統領失格を自ら宣言する権力乱用であり、トランプは弾劾されて、辞任に追い込まれる可能性がより大きくなった。』

      2017/05/16

 

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< 世界、日本メルトダウン(1045)>

 

 「おまえはクビだ!」が口癖のトランプ大統領が再び怒鳴った。

9日、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官(56)を解任した。

「クリントン元国務長官のメール問題で、訴追を見送りながら、選挙投票直前に捜査を再開すると発表し、このためにクリントンは落選したといわれるコミー長官の言動を問題視したのが解任理由という。

しかし、選挙後すでに半年経ったこのタイミングで、なぜクビにしたのか。トランプはテレビのインタビューで「コミー長官に3回電話して『自分が捜査の対象になっているか』と問い合わせた。しかし、コミー長官の返事は「ノー」だったと答えている。

このやり取りをみても矛盾だらけのトランプの暴言、暴走である。

「CNNテレビは早速、1973年に、政権が関与したウォーターゲート事件を捜査していた特別検察官を解任した

ニクソン大統領を引き合いに出し、「米国史に残る権力の乱用」と批判した。

 

3権分立の民主主義の基本理念から見ても、大統領が司法権に介入することはタブーである。捜査の独立性を大統領は尊重しなければならない。トランプのFBIのロシアンゲート捜査に自分が捜査の対象になってないことを確認しながら、クリントンへの捜査を理由に解任したのは矛盾だらけである。自らのロシアゲートの疑惑隠しの解任であることは見え見えで、これは米大統領史上に残る前代未聞の解任劇である。

自分に捜査が向いていたので首にしたのなら、理由の説明にはなる。

ただし、そうすれば正に、やぶ蛇で解任の疑惑隠しとなり、メディアの一斉攻撃を浴びることは、目にみえているではないか。

こうした判断力しかない人間が間違ってアメリカの大統領の椅子に座り、核のボタンをもって、勝手放題やっているのだから、世の中真っ暗闇である。

まさに、大統領失格を自ら宣言する権力乱用であり、トランプは弾劾されて、辞任に追い込まれる可能性がより現実的となってきた。トランプは「アメリカの民主主義精神に対してお前はクビだ」と怒鳴って絞め殺しているのだ。

 

トランプ大統領、FBI長官クビに!CNN「米国史に残る権力乱用」

http://www.sanspo.com/geino/news/20170511/pol17051105020001-n1.html

 

ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/post-7599.php

 「トランプは「恐ろしいほどのナルシスト』

「ツイッター大統領トランプ氏の性格と行動について、大統領選挙前からさんざん指摘されたが、ある米国の心理学者は「恐ろしいほどのナルシスト』と分析。病的な嘘つき、感情を制御できない、自己過信尊大症、飽きっぽい性格、謝罪をしない恥知らず、他者に共感がないなど、精神的に病んでいるみている。この人が核ミサイルのボタンを持っていることは大変恐ろしいことと指摘している。」

http://urban-diary.blog.so-net.ne.jp/2017-01-15

 

「メディアからの批判も収まる気配がない。『ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)』(3月22日付朝刊)は社説で、トランプ氏が「誇張や証拠のない非難、信じがたい否定、うそを垂れ流しているとみられている」と主張。「トランプ氏が事実をより尊重しなければ、ほとんどの国民はトランプ氏を『フェイク・プレジデント(偽大統領)』だと結論づけるかもしれない」と警告した」

 

「それだけではない。FBI,NSA、司法省からも「トランプの嘘つき癖」を批判された。 コミーFBI長官は320日の公聴会で、大統領選中にオバマ前政権から盗聴されたとするトランプの主張について「ツイッターの指摘を裏付ける証拠はない」と証言。公聴会にNSAの局長、司法省のトップも出席したが、いずれも盗聴の証拠を確認できないと否定した。トランプの信用もメンツも丸つぶれだよ、これで何度目かな」

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(146)』「水木しげるのラバウル戦記」読後感ー「生へ健全な執着」の表現と 『「人間を虫けらの様に扱う」軍隊組織を嘲笑する』距離感は天才的です。

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(146)』 「水木しげる …

no image
知的巨人たちの百歳学(133)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー 真珠王・御木本幸吉 (96)、ラーメン王・安藤百福(96)に学ぶ

  知的巨人たちの百歳学(133) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボ …

no image
百歳学入門①ー知的巨人たちの往生術から学ぶ①

知的巨人たちの往生術から学ぶ①                          …

no image
百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録ー『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)

百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』   『平常 …

no image
『目からウロコ』『耳から感動」の世界のリーダー たちの名スピーチ集ー『オバマ大統領「自分が完全に正しくても、妥協することが必要」 自分の信念を実現するために覚えておくべき戦略』●『世界で一番貧しい大統領」ホセ・ムヒカ氏が語る、人生でもっとも重要なこと』●『「正しさを口にすることを恐れてはいけない」 ブルームバーグ氏によるハーバード卒業式祝辞』●『人食いバクテリア感染、四肢切断… 死の淵から生還した女性「すべてのトンネルの終わりには、光がある」』など7本

 『目からウロコ』『耳から感動」の世界のリーダー たちの名スピーチ集ー   オバ …

no image
日本リーダーパワー史(784)-「日本史の復習問題」「日清・日露戦争の勝利の秘訣は何か」明治人のリーダーパワーとリスク管理能力、外交力を現在の昭和人のそれと比較する』

 日本リーダーパワー史(784) 「日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」 …

%e7%84%a1%e9%a1%8c
百歳学入門(170)長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学をわが国に紹介した伊藤圭介(98歳)ー「老いて学べば死しても朽ちず」●『植物学の方法論ー①忍耐を要す ②精密を要す ③草木の博覧を要す ④書籍の博覧を要す ⑤植学に関係する学科はみな学ぶを要す ⑥洋書を講ずる要す ⑦画図を引くを要す ⑧よろしく師を要すべし』

 百歳学入門(170) 長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学を わが国に紹介 …

no image
百歳学入門(65)「女性芸術家たちの長寿・晩晴学④」―石井桃子、武原はん、宇野千代、住井すゑ

百歳学入門(65)   「女性芸術家たちの長寿・晩晴学④」 ―石井桃子 …

no image
I will introduce the Kamakura guidance over KAMAKURA History Road,to foreign touristsー「名越の切通し」「まんだら堂」

湘南海山ぶらぶら日記ー名越の切通し、まんだら堂が「鎌倉古道ウオーキング」 (KA …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(125)』 <韓国ぶらり散歩> ー世界遺産の仏国寺に参拝した

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(125)』 <韓国ぶらり散歩> …