前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(193)』 ★『改革や革新は 『他所者、馬鹿者、若者』にしか出来ない」という古来からの教え』★『シャープの墜落は日本企業に共通する、「変化に気が付かない、海外市場を知らない」という致命的な弱点を曝露』●『シャープ新社長「信賞必罰の人事を徹底」 社員にお達し』●『独占密着! グーグルの新CEOが描く「AI」で動くデジタル世界』

   

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・

ウオッチ(193)』

 

シャープ新社長「信賞必罰の人事を徹底」社員にお達し

http://digital.asahi.com/sp/articles/ASJ8Q32FQJ8QPLFA004.html?_requesturl=sp/articles/ASJ8Q32FQJ8QPLFA004.html&rm=375

<F国際ビジネスマンのコメント>

シャープの台湾ホンハイによる買収劇、日本の老舗電気大手の落城は、改めて次の様な教訓を我々に突き付けています。

先ず、「改革や革新は 『他所者、馬鹿者、若者』にしか出来ない」という古来からの教えです。

ご承知の様にシャープは液晶の先達で一世を風靡しました。ブラウン管全盛時代に早々と、TVを全て液晶にすると豪語しましたが、液晶TVと液晶パネル事業の収穫で最も成功したのは韓国、台湾勢でした。

当時、シャープの歴代幹部はこれで50年、100年は食っていけると豪語していました。トンビに油揚げとなり、噴飯物です。

私は、出入り業者として垣間見、経営者OBが顧問で多数居座り、液晶成功物語の講演活動で自慢話に血道をあげていましたが、一方では老害船頭多くガバナンスはボロボロになっていました。

成功譚で失敗するという典型です。 危機を危機と思いたくない輩が多過ぎるのです。ここでもドストエフスキーのリアリズム「人間には見たいものしか見えない」という箴言を想起します。

幹部の成功事業に後輩が見切りを付けるのは日本企業では至難です。日本的なシガラミを断ち切り、経営改革を実行できる強い指導力を創り上げるには 純粋培養の順送り人事では相当な難題となります。

米国では、しがらみの無い他所者に任せる事に何の抵抗もありません。

次の教訓は、今回のリオのオリンピック、サッカーの惨敗です。手倉森監督の敗戦の弁、「世界を知らない選手と世界を見ていない監督では、オリンピックでは勝てる訳がない」、晴れ舞台に出て初めてこの重大事に気付く様ではお粗末で話になりません。

シャープの最大の弱点は台湾、韓国勢に比べて海外市場に決定的に弱かったことです。

日本で売れていれば技術が優秀だから世界でも容易と誤認し、世界マーケットの開拓に汗を流していない、シャープブランドの知名度は海外ではお粗末そのものでした。

シャープ亀山、堺の超弩級の液晶投資は、海外市場における自社の非力を軽視して、膨大な回収不足、これが命取りになりました。

サムソンの海外マーケティング力の強さは長期にわたる営業マンの血と汗の結晶です。 いずれにしても、シャープの墜落は、日本企業に共通する、「変化に気が付かない、海外市場を知らない」という致命的な弱点を曝露するものです。

http://digital.asahi.com/sp/articles/ASJ8Q32FQJ8QPLFA004.html?_requesturl=sp/articles/ASJ8Q32FQJ8QPLFA004.html&rm=375

 

独占密着! グーグルの新CEOが描く「AI」で動くデジタル世界

グーグルの他に IT大手のAI戦略について、後半に纏めてあります。

http://forbesjapan.com/articles/detail/13266/1/1/1

 - IT・マスコミ論, 健康長寿, 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(322)第3の敗戦を迎えた今、政治家に告ぐー140年前の「岩倉遣米欧使節団」の国家戦略と叡智に学べ

日本リーダーパワー史(322) <「第3の敗戦」を迎えた、政治家に告ぐー『竜馬の …

no image
日本リーダーパワー史(733) 記事再録『 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言』★『どんな発明発見も他人より一秒遅れれば、もう発明、発見でもなくなる。時間こそすべての生命である』●『頭を使わないと常識的になってしまう、頭を使って〝不常識″に考えろ』

日本リーダーパワー史(733) 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言 ( …

no image
『アジア3国の―最新ミステリーとは⑤「シンガポール」「マレーシア」「ベトナム」の謎々クイズだよ、答えは

   アジア3国の―最新ミステリーとは・・⑤   …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑳』『なぜ日本の政治家(橋下氏ら)は時代錯誤のオウンゴールを繰り返すのか

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑳』 &nbsp …

no image
『観光立国・日本』ー『2020年には外国人旅行者4000万人、その消費額8兆円の目標に一歩近づいた』★『日本観光のメリットは『世界一の多様性に富んだ自然環境(デービッド・アトキンソン氏)』●『観光の語源とは「国の光を観る」こと』★『伊藤博文は100年前に日本の地理学的、自然的な特徴から世界的な観光地になれる『観光立国論』を提言』

    観光とは「国の光を観ること           今年は国際観光年に当たり …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊵★『児玉源太郎のリーダーシップ⑬』●『陸海軍共同作戦会議の席上、「陸軍はいらぬロをきくな!」と児玉は大喝!』★『続いて児玉は海軍側参謀たちに丁寧に一礼して、「海軍側の要望は、わしが、しかと心得てござる。御安心をなされい」と確言』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(66)●「IPS細胞移植、臨床応用」の大誤報(10・14)●「復興予算」の勝手な流用は許せない(10・13)

  池田龍夫のマスコミ時評(66)   ●「IPS細胞移植、 …

By: See-ming Lee
陸羯南の日清戦争論⑤日清、日露戦争の原因は『韓国は中国の属国にあらず』

  陸羯南(くがかつなん)の日清戦争論⑤ 韓国問題が日清、日露戦争の原因―明治初 …

no image
速報(399)『日本のメルトダウン』『3・11から丸2年』◎『北澤宏一、黒川清、船橋洋一各氏の記者会見動画』

  速報(399)『日本のメルトダウン』   ● <まとめ> …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(21)世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中での日清戦争勃発〈1894年)③清国(中国)との交渉は『無底の釣瓶(つるべ) を以て井戸水をくむが如く、いつも その効なく、無益に終わる」(パークス英公使)

 日中北朝鮮150年戦争史(21) 世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中での …