前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(138)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー尾崎行雄(95歳)、瀬島龍三(95歳)

      2015/11/11

  •  知的巨人たちの百歳学(138)

    『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー尾崎行雄(95歳)、瀬島龍三(95歳)

  • 『民主主義をはきちがえて、自分や少数の欲望を満たすために、多数の迷惑を顧みない心得違いものが増えた。この連中に正邪善悪を教え込むのが民主主義教育の使命だ』(尾崎行雄)

  • 『精神と肉体のバランスに細心の注意を払い、生活は簡素に自然体で過ごすのが健康法」(瀬島龍三)

95歳 議会政治の父・尾崎行雄 (1858年12月24日―1954年10月6日)

明治23(1890)年の第1回総選挙で当選以来、連続25回当選、63年間というギネスブックの最長議員の記録を作った尾崎だが、70歳代を過ぎたその晩年の政治活動が一層輝いている。太平洋戦争中の昭和十七年四月の翼賛選挙での演説で「売り家と唐様でかく三代目」の川柳を引用したのが不敬罪にひっかかった。

八五歳となっていた尾崎は巣鴨刑務所にぶち込まれるが、裁判闘争で無罪を勝ち取った。八十歳を過ぎてもスキーに挑戦するなど体力、気力を保ち続けたことが、その不屈の闘志の原動力となった。このころの愕堂は逗子の私邸『風雲閣』で暮らしていたが、長女・佐々木清香はこう養生法を述壊する。(尾崎愕堂全集第11巻収録)

「太陽と共に起きるのが日課で、朝食は七時(夏は六時)、昼食は十二時、夕食は六時からと、一分も違わない。朝食は、ヨーグルド少々、みそ汁は海草が眼病によいので、毎朝、ワカメを大椀に、玄米か、麦飯を一杯に。食後は朝鮮人参の煮たもの一片。

朝食後は、新聞二紙を読み、庭掃除。廃物利用を徹底、目が覚めている間は片時もぼんやりしていることはない。昼食も夕食もお汁に魚一品、野菜一品、麦飯一碗」と話す。

それから7年後の昭和24年。尾崎は日本の議会政治の父として、92歳となっていた尾崎の声望はますます上がり、米国からも高く評価された。その生活ぶりは太陽と共に起きるという習慣は十年前と変りない。七時頃朝食。八時過ぎに新聞(朝毎読3紙)を書生が記事を読み上げる。昼食は十一時半、夕食は五時。果物はミカン、リンゴでも皮まで食べ、汁を顔中、手という順序でこすりつけ、目に非常に効果があったという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『精神と肉体のバランスに細心の注意を払い、生活は簡素に自然体で過ごすのが健康法」(瀬島龍三(95歳)

95歳 大本営参謀、伊藤忠会長 瀬島龍三(1911年12月9日~2007年9月4日)

ソ連(ロシア)のシベリアで11年間もの間、酷寒の極限の抑留生活を送った。そのときの経験から、健康維持に人一倍気を配った。冬はマイナス40度近くになる極寒の地シベリアでは、日常生活のちょっとした油断が即命取りになる。

想像を絶する過酷な労働条件を強いられた。極限状況の中で、健康を維持していかに生きのびるか。そのギリギリで身につけた健康法は、精神と肉体のバランスに細心の注意を払い、“生活は簡素にして、自然に逆らわない”自然体の生活に徹すること。

シベリア抑留を終えて帰国後も、自然体の生活を自分のライフスタイルとして生涯貫いた。晩年になってから、とくに精神と肉体のバランス維持に配慮した。

肉体の健康管理のため、春秋の年2回信頼する病院で人間ドッグに入り、検査結果に基づいた医師のアドバイスを忠実に守った。また、精神の健康管理は、ストレスの負担になる家事や家計のやりくりはいっさい奥さん任せでノ-タッチ。

「自分は軍人でしたので、いつ何時国家に殉じるかもしれません。そのため、家事はいっさい女房に任せ、自分は世のため人のために何ができるか、自分のできることにベストを尽くす。これが私のライフスタイル、健康法です」と語っている。

食生活は精進料理が中心。普段からできる限り野菜を多くとるよう心がけたが、ただ菜食主義者ではないので肉類を一切食べないわけではなかった。肉も魚もえり好みせず、食べたいものを食べる。

ただ、生ものはいっさい口にしなかった。お酒は付き合い程度。天気がいいとよく散歩に出かけた。それも健康や体力つくりのためというより、散歩したいから散歩するという自然な行動からだ。食事も散歩も、自然体のライフスタイルが健康法であった。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出は不可能か(680)「安保法制と日米ガイドラインは日本の抑止力を高めない」「安倍政権の今後数ヵ月の安保・外交が日本の将来を左右する」

  日本メルトダウン脱出は不可能か?(680) 【検証・安倍政権の安全保障政策( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(209)-『W杯ラクビ―の勝利と「モンスター」井上尚弥の世界一の共通性』★『「できない理由」を探すよりも「何ができるのか」を考える』★『日本社会と同じようなチームを作っても世界では負ける、他のチームの物まねをしてる限り、チームは強くならない』(下)

  W杯ラクビ―の勝利(準決勝進出)と「モンスター」井上尚弥の共通性 …

mq3
『リモートワーク/世界文化遺産/東大寺に参拝する観光動画(2018/4/1,30分)『(Nara Sightseeing)桜満開の奈良公園でシカと遊ぶ外国人観光客は大興奮』★『スゲー!迫力ー東大寺の見所の1つ、南大門にある運慶ら作の8,5m巨大な金剛力士(仁王)像の大迫力!』★『春らんまんの東大寺大仏殿の美しさ(4/1)-外国人観光客も荘重華麗な美しさにに感動す』

(Nara Sightseeing)桜満開の奈良公園でシカと遊ぶ外国人観光客は大 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(249)/百歳学入門(46)原安三郎(98歳)「いつでも平常心を持って急迫の事態にも冷静に対応し、判断せよ」長寿10ヵ条とは

    2012/08/11 &nbsp …

no image
日本メルトダウン脱出法(894)【日米首脳会談】海外メディアはどう報じた? 安倍首相の抗議を「驚くほどの強い言葉遣い」と米紙』●『アングル:オバマ大統領の広島訪問、核なき世界への一歩か』●『サミット:世界経済「クライシス」の認識に異論、表現を最終調整へ』●『オピニオン:伊勢志摩サミット成否の分かれ目=竹中平蔵氏』

 日本メルトダウン脱出法(894)   【日米首脳会談】海外メディアは …

no image
百歳学入門③ー知的巨人たちの往生術から学ぶ③

  知的巨人たちの往生術から学ぶ③ 前坂 俊之             …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(86)記事再録/ ★『日本で最も偉かった財界人は一体誰か?③>』 ★ 『単に金もうけだけしか考えない人間が多すぎる、そんな拝金亡者が 世界中で地球の有限な資源を食い尽し、地球環境は瀕死の状態だ。 三井、三菱、住友その他の実業家より偉大な財界人・ 社会貢献の偉大な父・大原孫三郎から学ぶ③ 』

    2012/07/15 / 日本リ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(143)再録★『異文化コミュニケーションの難しさ生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか①ー <英国「タイムズ」文久3年(1863)7月22日の報道>

   『日本世界史(グローバル・異文化・外交コミュ二ケーショ …

no image
知的巨人の百歳学(138)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳・天才老人の勉強法を見習え!』★『日本株式会社の父』渋沢栄一は83歳で関東大震災を体験、自宅、事務所は全焼した。家族は郷里に避難をすすめた。すると、渋沢は「バカなことをいうな!わしのような老人は、こういう時にこそ働かなければ申し訳ない。それを田舎に行けなど卑怯千万な!これしきの事を恐れて八十年の長い間生きてこられたと思うのか」と怒鳴りつけ、翌日から大車輪で復興の先頭に立った』

2011/05/04記事再録 生涯現役の達人・渋沢栄一(91歳)の晩年・長寿力に …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1042)>『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した』④『朝鮮半島有事の『米中北』のチキンレースの行方はーー 金正恩がレッドラインを超えた7つの大罪』★『ここまで、事態を悪化させた中国の「ダブルスタンダード」』●『北朝鮮の石炭輸出、200分の1に激減 中国が購入停止』★『北朝鮮のミサイル発射を失敗させた米国7つの手口』●『  中国は中朝同盟を破棄できるか?』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1042) …