前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(138)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー尾崎行雄(95歳)、瀬島龍三(95歳)

      2015/11/11

  •  知的巨人たちの百歳学(138)

    『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー尾崎行雄(95歳)、瀬島龍三(95歳)

  • 『民主主義をはきちがえて、自分や少数の欲望を満たすために、多数の迷惑を顧みない心得違いものが増えた。この連中に正邪善悪を教え込むのが民主主義教育の使命だ』(尾崎行雄)

  • 『精神と肉体のバランスに細心の注意を払い、生活は簡素に自然体で過ごすのが健康法」(瀬島龍三)

95歳 議会政治の父・尾崎行雄 (1858年12月24日―1954年10月6日)

明治23(1890)年の第1回総選挙で当選以来、連続25回当選、63年間というギネスブックの最長議員の記録を作った尾崎だが、70歳代を過ぎたその晩年の政治活動が一層輝いている。太平洋戦争中の昭和十七年四月の翼賛選挙での演説で「売り家と唐様でかく三代目」の川柳を引用したのが不敬罪にひっかかった。

八五歳となっていた尾崎は巣鴨刑務所にぶち込まれるが、裁判闘争で無罪を勝ち取った。八十歳を過ぎてもスキーに挑戦するなど体力、気力を保ち続けたことが、その不屈の闘志の原動力となった。このころの愕堂は逗子の私邸『風雲閣』で暮らしていたが、長女・佐々木清香はこう養生法を述壊する。(尾崎愕堂全集第11巻収録)

「太陽と共に起きるのが日課で、朝食は七時(夏は六時)、昼食は十二時、夕食は六時からと、一分も違わない。朝食は、ヨーグルド少々、みそ汁は海草が眼病によいので、毎朝、ワカメを大椀に、玄米か、麦飯を一杯に。食後は朝鮮人参の煮たもの一片。

朝食後は、新聞二紙を読み、庭掃除。廃物利用を徹底、目が覚めている間は片時もぼんやりしていることはない。昼食も夕食もお汁に魚一品、野菜一品、麦飯一碗」と話す。

それから7年後の昭和24年。尾崎は日本の議会政治の父として、92歳となっていた尾崎の声望はますます上がり、米国からも高く評価された。その生活ぶりは太陽と共に起きるという習慣は十年前と変りない。七時頃朝食。八時過ぎに新聞(朝毎読3紙)を書生が記事を読み上げる。昼食は十一時半、夕食は五時。果物はミカン、リンゴでも皮まで食べ、汁を顔中、手という順序でこすりつけ、目に非常に効果があったという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『精神と肉体のバランスに細心の注意を払い、生活は簡素に自然体で過ごすのが健康法」(瀬島龍三(95歳)

95歳 大本営参謀、伊藤忠会長 瀬島龍三(1911年12月9日~2007年9月4日)

ソ連(ロシア)のシベリアで11年間もの間、酷寒の極限の抑留生活を送った。そのときの経験から、健康維持に人一倍気を配った。冬はマイナス40度近くになる極寒の地シベリアでは、日常生活のちょっとした油断が即命取りになる。

想像を絶する過酷な労働条件を強いられた。極限状況の中で、健康を維持していかに生きのびるか。そのギリギリで身につけた健康法は、精神と肉体のバランスに細心の注意を払い、“生活は簡素にして、自然に逆らわない”自然体の生活に徹すること。

シベリア抑留を終えて帰国後も、自然体の生活を自分のライフスタイルとして生涯貫いた。晩年になってから、とくに精神と肉体のバランス維持に配慮した。

肉体の健康管理のため、春秋の年2回信頼する病院で人間ドッグに入り、検査結果に基づいた医師のアドバイスを忠実に守った。また、精神の健康管理は、ストレスの負担になる家事や家計のやりくりはいっさい奥さん任せでノ-タッチ。

「自分は軍人でしたので、いつ何時国家に殉じるかもしれません。そのため、家事はいっさい女房に任せ、自分は世のため人のために何ができるか、自分のできることにベストを尽くす。これが私のライフスタイル、健康法です」と語っている。

食生活は精進料理が中心。普段からできる限り野菜を多くとるよう心がけたが、ただ菜食主義者ではないので肉類を一切食べないわけではなかった。肉も魚もえり好みせず、食べたいものを食べる。

ただ、生ものはいっさい口にしなかった。お酒は付き合い程度。天気がいいとよく散歩に出かけた。それも健康や体力つくりのためというより、散歩したいから散歩するという自然な行動からだ。食事も散歩も、自然体のライフスタイルが健康法であった。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
世界の最先端テクノロジー・一覧③『日本のリニア新幹線を吹き飛ばす新技術!動画:超高速交通システム「ハイパーループ」』●『コイン型電池を飲み込んじゃった→東工大ら、排出する「マイクロロボット」を開発』●『世界で最も稼ぐサッカー選手、ロナウドの1ゴールは8000万円』『Facebook、意図的に保守系ニュースを排除か ザッカーバーグ氏がコメント』など6本

    世界の最先端テクノロジー・一覧③   <日本のリニア …

no image
 『 新選/ニッポン奇人・畸人・稀人・変人・伝伝伝』 『幻想文学の先駆者・泉鏡花の奇行、お笑いエピソード』③『お手製の罫紙については、エピソードがある。』★『ウサギ狂の鏡花』●『尾崎紅葉夫婦は、彼れをネズミという愛称で呼んでいたらしい』

 『 新選/ニッポン奇人・畸人・貴人・稀人・伝伝伝』 『幻想文学の先駆者・泉鏡花 …

『オンライン爆笑動画/内田百閒のユーモア講座『一億総活躍社会』『超高齢/少子化日本』の国策スローガンを嗤う 「美食は外道なり」「贅沢はステキだ」「国策を嗤いとばし、自己流の美学を貫いた」超俗の作家・内田百閒(81歳)

  2015/11/15  知的巨人たち …

no image
連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」④『超新星の輝きは増すばかりで、今後英語を習得したら、アメリカで信じられないほどの商品価値を誇ることになる』(Forbes)

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー <巨人の星>から<メジャーの星>になれるか …

no image
百歳学入門(171)-『生死一如ー 鈴木大拙師(96歳)を偲んで』★『敢えて、今日から明日へ、来年また来年と、将来に希望をかけることが私の九十三歳の健康法だ』●『特別に健康のことを考えて暮らすわけではないが、わしは過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる。あれをしなくてはならぬ、これをしなくてはならぬとな』

 百歳学入門(171)-生死一如   鈴木大拙師(96歳)を偲んでー敢えて、 今 …

no image
百歳学入門(93)「世界天才老人NO1・<エジソン(84)の秘密>とはー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功10ヵ条」①

·     &n …

no image
記事再録/『幕末明治の歴史復習重要問題』明治維新150年の近代日本興亡史は『外交連続失敗の歴史』でもある。

2016年10月28日/ 日本リーダーパワー必読史(742) 明治維新 …

no image
知的巨人の百歳学(130)ー『昭和の大宰相・吉田茂の健康長寿の秘訣ジョーク集』➂ 歴代宰相の中で一番、ジョーク,毒舌,ウイットに 富んでいたのは吉田茂であった。

記事再録2016年2月3日日本リーダーパワー史(658) 『昭和の大宰相・吉田茂 …

no image
★「ストップ・ザ温暖化で地球を救え、人類を救え!」ー国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPPC)は「温室効果ガス増加による人類の未来は今後数年の対応によって決まる」と声明』★『海が想定の1.6倍も熱を吸収していたことが判明、地球温暖化への取り組みの見直し』

  国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPPC)は「温室効果ガスの …

no image
記事再録/2008年3月15日/『藤田嗣治とパリの女たち』①「最初の結婚は美術教師・鴇田登美子、2度目は「モンパルナスの大姉御」のフェルナンド・バレー、3度目は「ユキ」と名づけた美しく繊細な21歳のリュシー・バドゥ』★『夜は『エ・コールド・パリ』の仲間たちと乱ちきパーティーで「フーフー(お調子者)」といわれたほど奇行乱行をしながら、昼間は、毎日14時間以上もキャンバスと格闘していた

    2008年3月15日 藤田嗣治とパリの女たち     …