前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(158)『日本のメルトダウン』『ジョブズ氏に仰天のマックユーザーの幸福』『中国高速鉄道、海外技術の理解でつまずき』

      2015/01/02

速報(158)『日本のメルトダウン』
『ジョブズ氏に仰天し続けられたマックユーザーの幸福』
●★
『中国高速鉄道、海外技術の理解でつまずき』

                                       前坂俊之(ジャーナリスト)
 


●『ジョブズ氏に仰天し続けられたマックユーザーの幸福』
<日経 2011・8・31 デジタルナビ>

F
国際ビジネスマンのコメント(10/6日)
「昨晩は、「長江大紀行」(10/3-5NHKの3回連続BSプレニアム)はNHKならではの贅沢な番組、堪能しました。画像も新鋭機のお蔭で、登場人物の鼻毛まで、鮮明です。
 三峡ダム、聞きしに勝る巨大さです。圧倒されました。

中国の都会には金輪際住みたくありませんが、農村地帯の懐かしさは例えようもありません。別荘が欲しいですね。衣食足りて礼節を知る時代に入っているでしょうから、これからが楽しみですが、DNAの違い、如何とも仕様が無いものが残りそうです。血縁、地縁しか信用しない?とか。

 小生、反芻しますと、上海、北京、南京、蘇州、西安、雲南、吉林、深圳、広州などは重ねて出掛けています。南京政府と中国大使館のパーティーで出された、中華料理(宮廷料理?)の正餐、素材の良さと薄味、魂消る程のお味でした。いつも、食い意地が張っています。
大使館は10/1、いつもホテルニューオータニの大広間です。
 
さて、ジョブズ氏が亡くなりました。ネットワーク全盛時代になりましたが、真のユビキタス(ubiquitous)「いつでも、どこでも、だれでも」マルチメディア・ネットワーク通信ができる、このキラーコンポーネントを開発、量産を先駆けたのが彼です。

しかも膨大なアプリと共に。製品の完成度は完璧でした。初回品から出色です。米のCA本社管轄の製品としては異例です。
 この記事も既にお読みと思いますが、Macの進化が良く纏まっています。
 今日のNYT、laTIMESのトップは長文のobituary,FT,Economistもトップで報道です。ジョブズの1ファンとしては、今晩は通夜です。)
 
http://www.nikkei.com/news/special/side/article/g=96958A88889DE1E
6E1E4E5E1EAE2E0EBE2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E3;q=9694E0E4E2EAE
0E2E3E3E1EBE0E0;p=9694E0E4E2EAE0E2E3E3E1EBE3E0;o=9694E0E4E
2EAE0E2E3E3E1EBE3E3

本日のスペシャル記事↓
↓★☆中国進出企業は絶対必読の名記事↓↓
●『中国高速鉄道、海外技術の理解でつまずき』
  • 2011年 10月 3日  20:43 JST
http://jp.wsj.com/World/China/node_318252?mod=MostPopularBlock

●『ウォール街占拠を民主革命と煽る中国』
2011年10月06日(木)17時19分パトリック・ウィン
 
 
 
●『ユーロ圏 「劣等生ギリシャ」国民の意外な本音』
2011年09月26日(月)17時28分ケン・マグワイア


 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
(昭和史事件発掘> 『愛のコリーダ』阿部定事件(昭和11年)とは一体何だったのか

『愛のコリーダ』阿部定事件とは一体何だったのか                前 …

no image
片野勧の衝撃レポート(58)戦後70年-原発と国家「封印された核の真実③隠されたヒロシマ・ナガサキ①」

片野勧の衝撃レポート(58)  戦後70年-原発と国家<1945 ~52> 封印 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉕「開戦2ゕ月前の『ロシア紙ノーヴォエ・ヴレーミヤ』の報道』-『満州におけるロシアの権利は征服に基づくものであり、これほど多くの血を流し,金を費やした国で活動していく可能性をロシア人に与えなければならない。』

  『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争』㉕ 『開戦2ゕ月前の19 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねる➀ー『ニューヨーク・タイムズ』(1895(明治28)年1月20日付)ー「朝鮮の暴動激化―東学党、各地の村で放火、住民殺害、税務官ら焼き殺される。 朝鮮王朝が行政改革を行えば、日本は反乱鎮圧にあたる見込―ソウル(朝鮮)12月12日>

  2011年3月16日の記事再録/『ニューヨーク・タイムズ』(189 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(230)/「厚労省の不正統計問題」は「不正天国日本」を象徴する事件』★『大本営発表ではウソの勝利を発表し、戦果は米戦艦、巡洋艦では一〇・三倍、空母六・五倍、飛行機約七倍も水増した』★『昭和の軍人官僚が国をつぶしたように、現在の政治家、官僚、国民全体が「国家衰退、経済敗戦」へ転落中であることを自覚していない』

2019/02/18  日本リーダーパワー非史(969) 「 …

222
◎『動画ハイライト!地球温暖化で海は今や死滅寸前,5年前の鎌倉海がなつかしいよ』★鎌倉カヤック釣りバカ日記(2/7)「海上天然生活」イージーゴーイング(easygoing)じゃ、

  2015/02/08 鎌倉カヤック釣りバカ日記 …

no image
明治史の復習問題/日本リーダーパワー史(459)「敬天愛人ー民主的革命家としての「西郷隆盛」論ー中野正剛(「戦時宰相論」の講演録①②③④⑤『明治維新で戦争なき革命を実現した南洲、海舟のウルトラリーダーシップ』★『西南戦争では1万5千中、9千人の子弟が枕を並べて殉死した天下の壮観』

    2014年1月15日  日本リーダーパワー …

no image
片野勧の衝撃レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11震災⑦『なぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』郡山空襲と原発<下>

片野勧の衝撃レポート   太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑦ 『な …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●東学党の乱に対して『速(すみやか)に出兵すべし』★『計画の密ならんよりも、着手の迅速を願う』★『念に念を入れて緩急の時に狼狽せざるよう、 意を用いるは当然のことだが、あまり念入りに過ぎては,かえって時機を失い、 折角の用意も実用をなさずして徒労に帰して、失敗を招く』(教訓)『兵は拙速を貴ぶ』

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7) 「北朝 …

no image
日本リーダーパワー史(552)「日露戦争での戦略情報の開祖」福島安正中佐➁こそ「日英同盟」締結への井戸を掘った

日本リーダーパワー史(552) 「日露戦争での戦略情報の開祖」福島安正中佐➁ ― …