前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(227)』『日本復活のためには先進各国から多様な人材を受け入れて彼らとの多国籍討論の場に日本人を引きづりだすこと』☆『日本人同士では通用している事がダイバシティ環境では時代遅れで全く通用しない事を思い知らせること』

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(227)』

日本を舞台に選んだイスラエル起業家の決意 |

http://toyokeizai.net/articles/-/202210?display=b

小生、若ければこのレポートの主人公と同様、こっちはテルアビブに常駐して先進技術の発掘に努め、日本企業とのJV造りに狂奔していたと思います。

文中、彼が成人し再来日して、日本のハード、ソフト開発・製造の衰退と凋落を目の当たりにして落胆する件りがあります。同様に中国の若手技術者や若手経営者も既に今の日本の周回遅れを冷ややかに半ば軽蔑し見下しています。

この認識の落差を日本人の前向きな危機感の自覚につなげて、日本のあらゆるセクターで彼我の格差を直視し、反転攻勢に出させるには、一つには先進各国から多様な人材を受け入れて彼らとの多国籍討論の場に日本人を引きづりだす、

日本人同士では通用している事がダイバシティ環境の認識では時代遅れで全く通用しない事を思い知らせる必要がある。

日本のあらゆるセクターで、改革に必要な先進的なテーマと打開策を探しているが、国際場裡で通用する新鮮なターゲットを創出出来ないでいるのが現実である。

20世紀の前半、高度成長の担い手として大成功を遂げた日本人同一人種のチームワークは、21世紀に必要な新しい革新的アイデアを生み出す源泉、ハイポテンシャル人材、個の創造とはなり得ず、今や大きな桎梏となっている。

これが日本経済低迷の大きな要因の一つである。

 - IT・マスコミ論, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

default
『日本史決定的瞬間の現場を歩く』★『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤博文、山県有朋、桂太郎首相、小村寿太郎外相の4巨頭に児玉源太郎内相、杉山茂丸の6者で『日露戦争を辞せず』と決定した。

★『日本史の決定的瞬間』★ 『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤、山県 …

no image
速報(71)『日本のメルトダウン』「放射能の未知なるものが、日本に重くのし掛かる」<ニューヨーク・タイムズJune 6, 2011>

速報(71)『日本のメルトダウン』 重要レポート●『Radiation&rsqu …

no image
『2014世界各国/サプライズ、面白ニュース④』ブラジルー「サッカー王国」の秘密」「アマゾンの肉牛のゲップが地球を滅す」

『2014世界各国/サプライズ、面白ニュース④』   サッカーWカップ …

no image
『日中韓150戦争史』(57)維新直後に外交関係を求めた時、朝鮮側が拒絶したパーセプション(認識)ギャップはこうして起きた。

      『中国紙『申報』などからの『日中韓15 …

no image
速報(350)『日本のメルトダウン』尖閣問題の一段のエスカレートは避ける』『過去を忘れるものは両目を失う』(ソルジェニツィン)

              速報(350)『日本のメルトダウン』 &n …

no image
新刊『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人のプロフェッショナル』(片野勧著)

新刊 『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人のプロフェッシ …

no image
梶原英之の政治一刀両断レポート(1)「政治の売り切れ」救うのは総選挙――『敗戦』に政治ゴタゴタはつき物

梶原英之の政治一刀両断レポート(1)   「政治の売り切れ」救うのは総 …

no image
速報(434)『日本のメルトダウン』<アベノミクスは失速するとみる米『ウオール・ストリート・ジャーナル』など外紙の評論

 速報(434)『日本のメルトダウン』   <アベノミクスは …

no image
速報(452)●『米国が日本との貿易協定を支持すべき理由」●『今の日本の経営者は、しょうもなさすぎる』

 速報(452)『日本のメルトダウン』   ●『米国が日本と …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる攻防―終戦和平か、徹底抗戦か➂』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …