前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのウオッチ④』<何とも賢い、いち早く脱原発したドイツ、原発維持をやめられない不決断病のバカ・日本>

   

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ

<日独原発判断の180度の違い<命と経済の二者択一?>

何とも賢い、いち早く脱原発したドイツと、原発維持をやめられない、
止めらない先延ばし、不決断病の死んでも治らないバカ・日本>
その根源にある哲学の差とは・・

原発の判断の原則は、「自由」な判断ではなく、より「安全」に向かった判断でなければ
ならない、つまり「迷ったら安全な方を選べ」なのである。

 
  

F氏のコメントは4/23付け速報(285)、面白く拝見しました。

 
速報(285)『日本のメルトダウン』『日本崩壊は不可避か?『日本経済と原発』
を斬るーディープ座談会』
   
4/23付け速報(285)、面白く拝見しました。この中
で、野口恒氏から、ドイツのメルケル首相が、2022年迄
に全原発停止の決断をした決定的な理由、何が彼女を最終的
にそうさせたのか?について、質問と問題提起がありました。

当方も以前からこの点に関心を持ち、調べていましたら、最
近「サステナ」という雑誌で、次の様な記事を見付けました。
ご紹介します。  
政治家と経済人が、いつの間にか国家の一大事のオピニオン
リーダーになってしまい、賢人会が名ばかりで全く機能しな
い日本と異なり、さすがカント、ヘーゲル、ニーチェなどの
哲学者を輩出したドイツは、底が深いと感心しております。

ヘーゲルとニーチェにアタックして、這々の体で退散した学
生時代を思い出しました。

発言はサステナ連携研究機構のメンバーで、今はドイツ在住、
東洋大学「エコ フィロソフィ」学際研究イニシアティブ研
究員 畑 一成氏(専門は哲学)です。現在カイザースラウ
テルン工科大学に留学中。

「ドイツが早期に原発からの脱却を決めたのはなぜか。

彼等の議論の一つに、ドイツの太陽光発電や、風力発電の
技術は今の所トップレベルであり、その分野へと早めに軸
を移す事で、競争が激化する前の市場を大きく占める事が
できる というものである。

もっと大きな理由は、やはり原発の安全性への不信感であ
る。自然災害の他に人為的な災害、特にテロによる原発へ
の攻撃である。(確かにドイツは、極右、極左の動きが
いつも警戒されています、日本と大違い)

今回の原発事故が証明したこととは、数百年に一度の出来
事というものが、もはや机上の仮定ではなく、対処しなけ
ればならない現実なのだとドイツでは論評されている。

原発は安全だと主張し、それは嘘だと反論する、このいわ
ゆる推進派と反対派の対立構造はドイツでも変わりない。

どちらも合理的であり、極端に低い可能性を巡って争わ
れているが故に優劣をつけ難い。

ではどのようにして結論を導くのか。今回のドイツの場合
ドイツ政府の臨時諮問機関「倫理委員会」が大きな役割を
果たしたといえる。

2022年迄に全ての原発を停止させるというメルケル政
権の選択は、事実上この倫理委員会の報告書を採用したと
いえる。

この倫理委員会は、社会学者、司教、哲学者などから構成
され、ロッティンゲン環境大臣から「最後は社会的政治的
な価値付け」を行う事を期待された。

この委員会は脱原発を提言したが、こうした倫理委員会の
判断の根底にあるものは何か。

メンバーの一員で神学者、哲学者のRシュベーマンは 原
子力政策を決定するに際しての重要なキリスト教由来の原
則を挙げている。トゥティオリスムス Tutiorismusと呼
ばれるもので、安全採用主義と訳される。(この概念は、
新大陸発見などの大航海時代を背景とした16世紀スペイ
ンから展開された議論だそうです)

安全採用主義の主題を概略的に述べると、「二つの道があ
り、どちらかに決める明確な判断材料が無い場合、どのよ
うにして一方を選ぶべきなのか」ということになる。

その際の原則は、「自由」な判断ではなく、より「安全」
に向かった判断でなければならない、つまり「迷ったら
安全な方を選べ」と云うものである。        

高度な知識や判断の奥に隠れたこうした原則が、現実の
社会の形を決めている大きな例である。       」
以上ですが、日独を比較して、本当に考えさせられます。




 ●“ How the Tech Parade Passed Sony By“―新技術の行進は如何にしてソニー
を素通りして行ったか

(ニューヨーク・タイムズ414日)
 
ttp://www.nytimes.com/2012/04/15/technology/how-sony-fell-behind-in-the-tech-parade.html?_r=1&pagewanted=all
  
 
★『ソニーとキャノンの違いー御手洗富士夫氏の復帰は、同じテツを踏まないか?』

  ソニーの話題で今一つ忘れられない事は、キャノンです。キャノンも小生長年世話になり、イスラエルに一ヶ月行く羽目になりましたのも、キャノン向けの5億円商談が切っ掛けです。
初代社長は御手洗毅氏で今は八代目です。昭和22年にキャノン商号スタート。この間三代目の賀来龍三郎、六代、八代が今の御手洗富士夫氏、これ以外、御手洗親子を越える力量はいなかったと言われていますが、比較的バラツキは少なかったそうです。
ソニーは今の平井氏で10代目ですが、創業の井深、盛田氏の力量に近いと言われたのは、大賀氏のみです。キャノンに比べバラツキが多いと云われました。

両社を比べますと、キャノンは社長後継の補給線作りが上手く行き、直近では御手洗富士夫氏が中興の祖と云われて、グローバルキャノンを作り上げました。又復帰たりしていますから、今後風雲急を告げるかもしれませんが。

安定した高水準の利益もキャノンの特長で、キーデバイス開発の研究費も潤沢だと聞いています。エレクトロニクス業界と違い、競争相手が少ないと云う幸運はありますが、今も飛ぶ鳥を落とす勢いがあります。キーデバイスの開発、それを使った斬新な装置の開発と市場投入のモデルは今も健全です。強烈なコストダウン活動は大変な業者泣かせですが。
キャノンは技術者でも中堅で商売に長けた若手が多く、独りよがりの技術者は、ソニーより少ないという印象でした。やはり、日本企業の経営上の最大のテーマは「後継社長の発掘と育成です」、社長に外れの少ないGEの仕組みをもっと研究しなければいけません。
ソニーはこの点が大失敗です。日本のあらゆるセクターがリーダーで痛んでいます。

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『オンライン/国難突破力講座』★『山本五十六のリーダーシップー日独伊三国同盟(今から80年前の1940年の大外交失敗)とどう戦ったか』★『ヒトラーはバカにした日本人をうまく利用するためだけの三国同盟だったが、陸軍は見事にだまされ、国内は軍国主義を背景にしたナチドイツブーム、ヒトラー賛美の空気が満ち溢れていた』

 2012/07/29 記事再録・日本リーダーパワー史(288) <山 …

no image
<新刊紹介・中国・辛亥革命百年の歴史ガイドブック>蘇るオールド上海の記憶・『上海時間旅行』(山川出版社 1800円)

<新刊紹介・中国・辛亥革命百年の旅の絶好の歴史ガイドブック> 蘇るオールド上海の …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑲ 『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か④』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑲   『日本の最も長い日―大日本帝国最後の日( …

no image
速報(292)『日本のメルトダウン』『王になるべき男橋下大阪市長』◎『泊原発が5月5日停止し稼働ゼロ』●『ドイツZDF「放射能ハンター』

速報(292)『日本のメルトダウン』   ◎『王になるべき男橋下大阪市 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか③<朝鮮は日本の評判を傷っけるようにプロパガンダ工作し、朝鮮人を日本の暴虐の犠牲者として印象づけている

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道』 …

no image
日本メルトダウン脱出法(574)◎「アベノミクス持続の条件」(浜田宏一)●「アリババ」 創業者・馬雲の不屈を見抜いた孫正義の慧眼

  日本メルトダウン脱出法(574)アベノミクスはいよいよ土壇場局面! …

no image
知的巨人の百歳学(156)/記事再録/『東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平(78歳)ー『心配しても心痛するな』★『元気、勇気、長生き、腹のおちつきーの<四気〉がいずれの事業を行うにしても必要で、これこそすべての原点』

日本経営巨人伝⑪東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平『心配しても心痛するな』 &n …

無題
日本リーダーパワー史(724)ー『歴代宰相の器比べ』元老・山県有朋はC級宰相①「日本陸軍のCEO」と同時に派閥を作って老害ボスで君臨、政治指導をそっちのけで、趣味の庭づくりに狂熱を傾け,『椿山荘」,「無隣庵」「古希庵」など生涯、9カ所の大別荘、大庭園を造った。①

日本リーダーパワー史(724) 山県有朋天保9年~大正11年 (1838~192 …

no image
トランプ大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑵』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、21-35回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学(2)(まとめ記事再録) 『日中韓150年 …

no image
◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の連載➂(21回→27回終)』

2018年1月13日記事再録/ 日本リーダーパワー史(873) 「 英 …