前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報「日本のメルトダウン」(513)◎「アベノミクスが失望に終わる理由(英FT紙)●「中国と世界、そして日本」

   

  

速報「日本のメルトダウン」(513)



◎「アベノミクスが失望に終わる理由(英FT紙)

◎「戦略特区諮問会議はスピード感をもって行動を=
竹中平蔵慶大教授」

●「中国と世界、そして日本」

◎「米中関係、前途に乱気流」

 

 

◎「アベノミクスが失望に終わる理由

20131218日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39480

 

◎「戦略特区諮問会議はスピード感をもって行動を=
竹中平蔵慶大教授

http://jp.wsj.com/article/SB100014240527
02304273404579269431342015034.html?mod=rss_jwsj_latest

 

 

◎「焦点:中国空母が南シナ海で発する「表と裏」のメッセージ」

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2013/12/116678.php

 

●「中国と世界、そして日本」
http://www.newsweekjapan.jp/column/furumai/2013/12/post-771.php?from=newsweek

 

◎「中国のトイレは、なぜ汚いのかトイレを見れば、
その国のレベルがわかる」

http://toyokeizai.net/articles/-/26915

◎「猪瀬都知事の5000万円問題・渦中の人に聞く」

http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20131219-00030822/

 

 

●「中国政府、記者を締め付ける大規模な再教育を実施

http://jp.wsj.com/article/SB10001
424052702304273404579266884181961534.html?mod=WSJJP_hpp_LEFTTopStoriesSecond

 

 

◎「米中関係、前途に乱気流」

http://jp.wsj.com/article/SB1000142405270230367
4004579265420436033290.html?mod=WSJJP_hpp
_MIDDLENexttoWhatsNewsThird

 

 

◎「中国と接する「小国」ベトナムのリアリズム「ホーおじさん」
の教えてくれたものとは

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39489

 

 

◎「フェイスブック、自動再生の動画広告を開始狙いは
レビCM並みのビッグビジネスか?」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39494

 

◎「理研の高橋政代氏、ネイチャー誌選出・
来年注目の1
人に-iPS細胞臨床研究」

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1320131219eaah.html

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『百歳学入門』(228)-『中曽根康弘元首相が100歳の誕生日を迎えた』★『昭和戦後の宰相では最高の『戦略家』であり、<日米中韓外交>でも最高の外交手腕を発揮した。』

『百歳学入門』(228) 中曽根康弘元首相は5月27日に100歳の誕生日を迎えた …

IMG_8316
<F国際ビジネスマンのワールド・ITニュース・ウオッチ(218)>『HUAWEIのメデイア パッドを買って実力テストしてみました。タブレットで今一番人気の商品です。』★『映像、音声、処理スピード、液晶のタッチ処理の快適性、ネットとの接続スピード 今の所ところ 全て良しです。見事な出来で感心。』

<F国際ビジネスマンのワールド・ITニュース・ウオッチ(218)> <F氏 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(97)記事再録/ 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』『中国紙『申報』 からみた「中国が行っている冊封の儀と 属国の国力強化について」(1884(明治17) 年2月9日付)★『中国流のダブルスタンダード、言行不一致の典型で、南沙諸島での軍事基地の建設増設と同じパターン』

    2016/03/18 &nbsp …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』- 『ドイツ、ロシア、フランス、イギリスらの清国侵略に民衆が立ち上がった義和団事件が勃発』★『清国侵略の西欧列強(英国、ドイツ、フランス、ロシアら)の北京公使館は孤立し、敗北の危機に陥り、日本に大部隊の出兵を再三、要請した。日本側は三国干渉の苦い教訓からなかなか出兵に応じず・』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』- 7月6日、日本政府は「 …

no image
日本メルトダウン脱出法(878)『太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異常なし』●『オピニオン:消費増税・投資減税はなぜ必要か=ジョルゲンソン教授』●『コラム:新たな景気対策と追加緩和は必要か=岩下真理氏』●『金正恩第1書記は父より攻撃的、不安定化を懸念=米軍高官』●『次世代リーダーは、なぜ「哲学」に注目するのか?』

 日本メルトダウン脱出法(878) 太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異 …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(212)』―『清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓-『ほっといたって、人問いつか死によるんやから、死ぬこ となんか考えてないの!』

百歳学入門(53) 清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓- ①  …

mq2 (1)
『和製ジェームス・ディーンと言われた「赤木圭一郎」の激突死(1961/02/21)』★『不死鳥の“トニー”は嘘だった』★『鎌倉英勝寺に眠る』

  赤木圭一郎が1961年(昭和36)2月14日昼休み、ゴーカートを運 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑳』『なぜ日本の政治家(橋下氏ら)は時代錯誤のオウンゴールを繰り返すのか

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑳』 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(494)「STAP細胞疑惑』『日本政治没落』の原因である「死に至る日本病」を140年前報道した『フランス新聞』

     日本リーダーパワー史(494) …

no image
日本リーダーパワー史(282)『尖閣問題を巡る世論の高まり、衝突をリスク管理せよ、日中外交失敗を繰り返すな』

日本リーダーパワー史(282)   <尖閣諸島問題を考える視点> &n …