前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(112)「ピカソ美術館編」(5/3日)⑩その多種多様、創造的インスピ レーションには圧倒される

   

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(112)』

「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑩

ピカソが愛した女たちーその多種多様、創造的インスピ

レーションには本当に圧倒されますね。

≪Fさんのコメント≫

小生、ピカソが何となく分かりだしたのは60才過ぎてからです。

多種多様といっても、人間が多いですが、画材、対象との交流から湧き出

る創造的インスピレーションには本当に圧倒されますね。

ピカソの多彩な「人間透視術」の中味に興味が尽きません。

この辺がポイントですね。

既報のこの秀作も、お気付きの様に1937年、ピカソ56才の作でモデ

ルのマリ・テレーズ28才の作品です。愛人生活10年目です。

既に第一報で差し上げております、テレーズが欣喜雀躍、画家も掌中の玉の様に愛撫している様が溢れでてくる様な作(1937年、同年の作品)

とは一変し、憂いと悲しみで涙も零れる姿が活写されています。

若い愛人が沈鬱な表情、ひょっとしたらピカソの又々

の浮気に怒り心頭なのかもしれません?が。この表情にもなんとも言えな

い気品と情感が漲っています。

油絵の具を塗り重ね、入念に時間をかけた力作では、と思いますが、仔細

に考えますと、画家が加害者?ですから、ここでも食人鬼ピカソの面目躍

如かもしれません。

時価50億円から100億円でしょうか(笑)?

今更ですが、オルセーを入れますと、まだ相当数の写真が在庫しており、

一つ一つ例の様に仕上げて、深夜これからも楽しめるとは全く予想してお

りませんでした。ICTの威力に感謝しております。

これからも、海外探訪は美術館巡りを最優先しますよ(笑)。

1111111

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『鎌倉桜絶景チャンネル』『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/24)』安国論寺,苔寺の「妙法寺」,逗子の披露山公園

『鎌倉桜絶景チャンネル』 『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/24)』 &nbs …

no image
百歳学入門(237)ー近藤康男(106)の「七十歳は一生の節目」「活到老 学到老」(年をとっても活発に生きよ 老齢になるまで学べ)』★『簡単な健康法を続ける。簡単で効果のあるものでなくては続けられない。大切な点は継続すること。』

百歳学入門(237) 「七十歳は一生の節目」「活到老 学到老」(年をとっても活発 …

no image
◎『夏だ!サーフィンだ。いざ鎌倉』『Kamakura Best Surfin』(7/13/14)『台風7号接近、七里ヶ浜、稲村ヶ崎などいいよ」

 ◎『夏だ!サーフィンだ。いざ鎌倉へ!』   『Kamaku …

4444444444
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(168)』『オーストリア・ウイーンぶらぶら散歩➁』郊外の「ハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)」で ベートーヴェンを偲ぶ。

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(168)』 『オーストリア・ウ …

no image
『美しい海と山と文化の鎌倉(KAMAKURA』『ひと足早く冬か,鎌倉ぶらぶら歴史散歩には絶好の紅葉シーズン>

 <『美しい海と山と文化の鎌倉(KAMAKURA』>   ◎ …

no image
★<サーファーズパラダイス鎌倉>』『最近は風も波もない日が多い、そんな日には世界のサーフィンビデオ見れば、スカッとするぜ!』 

    『美しい海と自然の鎌倉』― ★<サーファーズパラダイ …

no image
『鎌倉30年カヤック釣りバカ日記』懺悔録①-海には毎回、大自然のドラマがあり、サプライズがあるよ、

  『鎌倉カヤック釣りバカ日記』懺悔録① 海には毎回、大自然のドラマが …

mq2 (4)
『リモートワーク/鎌倉カヤック釣りバカ/フィッシング』(2020/5/14/am6-9)-『海に出れば心は晴れる。サッチモやロッド・スチュアートの「この素晴らしき世界よ」「セーリング」のメロディーが流れてきて、思わず涙があふれるよ

前坂俊之(ジャーナリスト) 鎌倉カヤック釣りバカ日記(2020/5/14/am6 …

no image
『鎌倉通』≪冬の古都鎌倉のぶらぶら散策はステキ!ー 雪の残る光明寺、内藤家墓所、材木座海岸(2/10)

  『鎌倉通―冬の鎌倉ウオーキング』   ≪冬の古 …

ダウンロード
『リーダーシップの日本近現代史』(236)/百歳現役入門― 団塊世代は元気な百歳をめざそう, <健康長寿の秘訣はこれじゃ>『「少くして学べば、則ち壮にして為す有り。壮にして学べば、則ち老ゆとも衰へず。老いて学べば、則ち死すとも朽ちず」(佐藤一斎)』

   2018/02/09 /百歳学入門(198)/記事再録 …