前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『初夏の鎌倉・逗子』カヤック・スペシャル!(5/23)鎌倉・逗子・葉山のシーカヤック・ベスト シーズンの到来だよー

      2015/01/01

  

 <『初夏の鎌倉・逗子』カヤック・スペシャル!(5/23)>

 

鎌倉・逗子・葉山のシーカヤック・ベスト

シーズンの到来だよー

材木座、由比ガ浜、坂ノ下、七里ガ浜、江ノ島、茅ヶ崎

は幹線道路から脇道に入る必要があり、隠された

風景があり面白い。

 

                      平田カヤッキスト(カメラマン)

 

5/23 材木座海岸から出ました。まず逗子方面に向かったのですが、逗子海岸近くは結構波風が強く退散。
由比ガ浜方面に戻りました。逗子海岸の方が由比ガ浜より波が小さい傾向があるのですが、今日は逆でした。

材木座、由比ガ浜、坂ノ下、七里ガ浜、江ノ島、茅ヶ崎方面は葉山付近と違って入り江や複雑な岩礁が少
なく単純な風景が続いている。

  すぐ近くの光明寺入り口に最近立て替えられた綺麗なトイレあり。ただし水洗いは出来ない。

波が荒いと早朝からサーファーの車で満車となる。このように空きがあるのは波が静かな証拠。

 


  近辺では最も遠浅の海岸。子供を遊ばせるには安全な場所。しかし大潮干潮時には海辺
までかなり遠くなる。波風とも弱いので誰もいないが、風が出るとウィンド・サーファー
が多数出没する。





  逗子マリーナは日本一のリゾート


 


  材木座から来ると、この大崎を越えると逗子海岸に至る。
大崎近くは浅瀬で透明度もけっこう良かった。


画面右上の灰色の祠(ほこら)は海からしか見えない龍神様。

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

★『湘南海山ぶらぶら動画日記』★『2月18日夕方、クリーンな富士山のサンセットを見ようと久しぶりに葉山森戸海岸、石原裕次郎の記念碑までぶらり散歩したよ。かくも美しき世界に心癒される』』

湘南海山ぶらぶら日記         葉 …

no image
★『最強の日本人伝説』画聖・雪舟誕生の地(パワースポット)「宝福寺」(岡山県総社市)を訪ねる。錦秋に染まる秋の参拝が最高!

    ★『最強の日本人伝説』―画聖・雪舟の誕生の地 (パワ …

no image
知的巨人の百歳学(121)-「真珠王・御木本幸吉(96歳)の長寿、健康訓」★『エジソンは人工真珠の発明を世界一と高く評価した』★『70歳のころの生活からたとえば九十歳頃の朝食は・・』

日本リーダーパワー史(714) <記事再録>百歳学入門(69)2013年3 …

<サーファーズ・パラダイス・KAMAKURA・ZUSHI動画>台風16号一過の逗子大崎・マリーナ沖サーフィン(2021/10/2/am730)-青空のもと小波と戯れていこうサーファーたち、マリーナ内を大型クルーザーがゆっくりスタートする。

 

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル』ー台風11号が接近中、鎌倉、逗子海岸 にビッグウエーブがくるか、稲村ヶ崎、逗子大崎、カブ根

 『Surfers Paradise Kamakura Co …

no image
『日米安保の現状、集団的自衛権』についてデニス・ブレア(元米太平洋軍司令官)、齋藤隆元統合幕僚長の会見動画 2本

     ◎『日米安保の現状、集団的自衛権行使、尖 …

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(178)』2016/5『ポーランド・ワルシャワ途中下車④『世界遺産の旧市街』『タクシー・ドライバーが「トヨタは全く故障がなかった、トヨタしか使うつもりはない』と絶賛した

  ★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(178)』 20 …

no image
『Surfers Paradise Zushi Cool』台風26号、今季最大のビッグウエーブ到来,鎌倉材木座,逗子大崎・マリーナ沖サーフィン (10/15-16)-

  『Surfers Paradise Zushi …

no image
熊本・天草の「聖地巡礼」に往く>②「天草西海岸、鬼海が浦、妙見浦の奇岩、海洞門、美しい日没に「神の光」を見る( 江藤則幸ビデオ)

 <熊本・天草の「聖地巡礼」に往く>② 島原・天草国立公園の名勝 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(302)★『生死一如/往生術から学ぶ①『元気とは性欲、食欲、名誉欲、物欲、金銭欲がふつふつと煮えたぎっている状態、つまり煩悩である。その元気が死を覆い隠しているのです」とね。

    2010/01/21 &nbsp …