前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)③ーピカソが愛した女たち《マリ=テレーズ・ワルテル」》

   

    2015/06/03F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(108)』

ピカソの巨大で怒涛の如きその創作意欲は、彼の女性遍歴(公表されているだけでも5名)と密接不可分の関係にある。ここで紹介する画材としての女性も、その肉体と精神を知り尽くした上で、画家の五感を総動員して「美と悦楽」を紡ぎ出している。

パブロ・ピカソ  (1881〜1973)

2)マリ=テレーズ・ワルテル  (1909〜1978)

・1927/1、 46才の画家がパリのオスマン通りで18才のテレー
ズに声を掛けたのが初対面。画家はテレーズの若さ、健康美、悩みを知
らない屈託の無さにスッカリ夢中になる。彼女には美しい強さを湛えた
フォルムと透明な瑞々しさがあり、官能的で呑気、陽気で注意深く、人
生をあるがままに受け入れ、戸惑うほど自然体であった。テレーズの画
家に対する第一印象は「とんでもなく素敵な人」であったという。

・テレーズは豊かな寛大さと無邪気さをもって、画家を熱愛し続けた。5
人の女性の中で、彼女ほど慎ましく、ピカソの栄光を利用しなかった者
は他にいない。彼女は画家にほとんど何の苦悩も与えなかったどころ
か、彼が彼女に屈辱、深い悲しみ、苦痛として与えたものに対し優しさ
で返した。テレーズは画家が最も深く長く愛着を感じた女性である。

・テレーズの絵、丸々として包み込むような曲線、健全で官能的な快楽。
整った顔、波打つ髪、飛び出た張りのある胸。画家が彼女の身体をどの
様に扱っているか、観る者の想像力を刺戟する。

・20年程、テレーズは控えめで優しい陰の存在となり、愛人、腹心、修
道女の三役を見事にこなし、魅惑的なドンファンへ変わらぬ忠誠心を
持ち続けた。

・テレーズは画家の死後4年、自ら命を絶つが、彼女の娘マイアは「母は
父の面倒を見なければならないと思い込んでいました。父が死んだ後ま
でも、母は父があの世で一人で寂しそうにしているのが耐えられなかっ
たのです」という。

「マリー・テレーズの肖像」 1937年作(テレーズ28才、ピカソ56才、二人が出会って10年経過)‏
6666666666666

 - 人物研究, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
「グローバル・ウイアーデイング(地球環境の異常変化)」の時代➀ー『今後、数百年にわたってこのうだるような暑さが続き、海面がそびえ立つほど上昇する地球の気温の上昇がギリギリの臨界点(地球上の森林、海、地面が吸収するCO2吸収のフィードバックプロセス)を超えてしまうまで、あとわずかしかない」』

  「グローバル・ウイアーデイング(地球環境の異常変化)」の時代 &n …

no image
日本リーダーパワー史(96)名将・川上操六⑭日露戦争勝利の忘れられた最大の功労者

日本リーダーパワー史(96) 名将・川上操六⑭日露戦争勝利の忘れられた最大の功労 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(62)』(世界の至宝、日本の国宝 奈良の薬師寺三尊像を仰ぎ見る)③

   "World Camera Watch of …

no image
日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ
no image
『帝国の慰安婦』著者・朴裕河 世宗大学教授と大沼保昭 明治大学特任教授が慰安婦問題で2/23,日本記者クラブで会見動画

『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版)の著者・朴裕河 世宗大学教授、 『「慰安婦」問題 …

no image
『オンライン/世界戦争講座①』★ 『なぜ広島に原爆は落とされたのか』★『空爆は戦略爆撃→無差別爆撃→原爆投下→劣化ウラン弾→クラスター爆弾へと発展する』

●『空爆→戦略爆撃→無差別爆撃→原爆投下→劣化ウラン弾、クラスター爆弾へと発展す …

no image
知的巨人の百歳学(102)岩谷直治(102歳)の百歳健康長寿の「否凡」経営」』★『長寿経営秘伝10ヵ条』★『子孫のために財を遺す、子孫必ずしもこれを守らず。子孫のために書を遺す、 子孫必ずしもこれを読まず。めいめいのうちに陰徳を積んで遺すに如かず」(司馬温公)』

知的巨人の百歳学(102)岩谷直治(102歳)の百歳健康長寿の「否凡」経営 &n …

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(229)』-『35年ぶりに、懐かしのイスラエル第3の都市・ハイファを訪ねました。』★『エルサレムでは偶然、岩のドームの金色屋根に接近し、数名の自動小銃武装の警官からムスリム以外は接近禁止と言われ写真だけは撮りました』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(229)』 2月8日から10 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊵★『児玉源太郎のリーダーシップ⑬』●『陸海軍共同作戦会議の席上、「陸軍はいらぬロをきくな!」と児玉は大喝!』★『続いて児玉は海軍側参謀たちに丁寧に一礼して、「海軍側の要望は、わしが、しかと心得てござる。御安心をなされい」と確言』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
世界/日本リーダーパワー史(966)ー『トランプ大統領弾劾問題と米中テクノナショナリズムの対立(上)』★『トランプとロシアとマフィアの三角関係』★『政治ショウ化した弾劾裁判のむつかしさ』

世界/日本リーダーパワー史(966) トランプ大統領弾劾問題と米中テクノナショナ …