前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

ジョーク日本史・禅語は落語以上におもしろいー『仙厓(せんがい)はジョークの達人だよ」

      2016/03/30

 

★(好評につき再録)ジョーク日本史・禅語は落語以上に

おもしろいー

仙厓(せんがい)はジョークの達人

仙厓義梵(せんがいぎぼん)

<(1750~1837)臨済宗。美濃の生まれ。月船禅慧に参じ、のち聖福寺の盤谷に師事した。その瓢逸な絵でよく知られている>

①ー仙厓が美濃(岐阜)の清泰寺に住職していた時のこと。金森美濃守による藩政は乱脈を極めていた。そこで家老職を更迭してなんとか刷新を図ったが、いっこうに政道は改まらない。

  • これを見ていた仙厓はさっそく狂歌一首を詠んだ
  • 『よかろうと思う家老が悪かろう 元の家老がやはりよかろう』

これが、早速、その悪家老の耳に入ったからたまらない。

「清泰寺の坊主、僧の身にありながら、ご政道に口出しするとは不届き千万」

と、国外追放の厳罰を言い渡した。しかし、仙厓はいっこうに平気の平左の屁の河童。使いの役人を前に、また狂歌一首をひねった。

傘(からかさ)をひろげて見れば天(あめ)が下

             たとえ降るともみのは頼まじ

仙厓は飄然(ひょうぜん)と美濃国を出たが、それ以来、二度も美濃に戻ることはなかった。

②・・・・ある時、仙厓は江戸から博多への帰途、箱根の関所にさしかかった。ところが、どう見間違えたのか、番所の役人が和尚を「尼僧か、面を上げい」と問いただした。

すると、仙厓は無言のままやにわに衣のすそをたくし上げて、股間の一物を突き出しては、カッカッと大笑。度肝をぬかれてロあんぐりの役人を尻目に、すたすたと関所を通りすぎていったとさ・・・。

 

③・仙厓は博多の聖福寺の住職となっていた時のこと。福岡の藩主・黒田播磨守は、菊の花が大好きであった。このため、城中の庭園には色とりどりの菊花が栽培しては楽しんでいた。もし、誤って家臣が菊の花を折りでもすると、厳罰を下していた。家臣たちは菊にさわらぬ神にたたりなしで戦々恐々としていた。

ところが、小姓のひとりが誤って大輪の枝を折ってしまった。案の定、黒田侯はカンカンに怒り、さっそく閉門を申しつけた。小姓は悲観のあまり、切腹を決意した。この話を聞きつけた仙厓は早速、この小姓を訪ねて言い渡した。

「武士たる者が、菊、の花一本ぐらいで犬死にして何になる。ここはわしにお任せあれ」と自決を思いとどまらせた。

その夜、こっそりと城中の菊園に忍び入ると、何を思ったか、今を盛りと咲き競う菊花を片はしからカマで切り倒してしまった。

あやしい物音に気づいて出て来た黒田侯は、びっくり仰天、刀を引き抜いて、

「おのれ曲者、何やつじゃ」

と切り殺す勢いで迫ると、何と日ごろから敬愛している仙厓和尚ではないか。

「和尚、気でも狂うたか。何をしておるか」と怒り、ただすと、仙厓は平然として

「こんな草でも、こうして刈り取って積んでおけば、何かの時には埋草(城攻めの時、堀を埋めるのに使う草のこと)ぐらいにはなりますぞ」

足軽小者であっても、日ごろ目をかけておけば、必ずいざという時には役に

立つものだ、と諭したのである。>

明君といわれた黒田侯はすぐに悟って、

「いや、和尚、わしが間違っていた」

と、さっそく閉門を許し、その後は好きな菊の栽培もやめてしまった。


④・・仙厓和尚が、ある壇家の新築祝いに招かれた時のこと。祝宴の席上、その家の主人から、「和尚さん、新築祝いに何か一枚書いていただけませんか」

と揮毫(きごう・毛筆で何か言葉や文章を書くこと)を頼んだ。よしよしと快諾した仙崖は、きっそく筆を取ってサラサラと書いた。

ぐるりつと家を取り巻く貧乏神

主人はこれを見ると、

「何です、この句は。縁起でもない」

とむっとした顔をした。和尚はニコニコしながら、

「まあ、怒るな。今すぐ、下の句を書いてやろう」

と、その下に1行を書きそえた。

七福神は外へ出られず

とたんに、主人は相好を崩した。

 

⑤・ある人がやってきて「何かおめでたいことばをかいてくれ」と仙厓に所望した。

早速、

祖死 父死 子死 孫死

の8文字を描いて与えた。これを見た本人は驚いて、

「和尚、いくらなんでもこんな縁起の悪い文句はかけられません」

と文句をいうと、仙厓は・・・・

「そんなことはあるまい。爺さんがまず死んで、父親が死に、子が死に

そのあとで孫が死ぬのが世の中の順当じゃ。こんなおめでたいことはない。

これが逆になればそれこそたいへんじゃよ」

これを聞いて大いに安心して、この墨蹟を家宝として大事に保存した。

 

⑥・・ある者が仙厓にいった。

「詩を作る時には太鼓の音はドーン(漢字)などと書きます。

和尚はたいへん絵がお上手ですが、いくら上手でも太鼓の音は描けますまいな」

すると仙厓は何くわぬ顔で、

「なに、たやすいこと。見ていなされ」

というやいなや、スラスラと筆を走らせて、一人の侍が長い槍を空に

向けて突き上げているところを描いた。何やらキツネにつままれた思いで

見ていた男は、

「これは何です。太鼓の音ではありませんよ」

というと、和尚は、

「天突(テンツク)く、天突(テンツク)くじや」

 

とカッカ大笑した。男もつられて大笑した。


⑦・・・瓢逸な和尚の画は大変な人気で、日ごろ、挿竜ぜめにあっていた仙厓は

うらめしや わが隠れ家は雪隠(せつちん)か

来る人々に紙おいてゆく

 

⑧・・仙厓和尚に「老人六歌仙」という、老いを戒める言葉がある。

  • しわがよる、ほくろは出来る,腰まがる、頭は禿げる、髪白くなる
  • 手は震う、足はよろめく、歯はぬける、耳は聞こえず、目はうとくなる
  • 身に添うは頭巾、襟巻、杖、眼鏡、タンポ、温石、手便、孫の手
  • くどくなる、気短になる、愚痴になる、出しゃばりたがる、世話やきたがる
  • 開きたがる、死にともながる、淋しがる、心がひがむ、慾ふかくなる
  • 又しても同じ話に孫ほめる、達者自慢に人はいやがる

 

 - 人物研究, 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『百歳学入門』(222)佐藤一斎(86歳)の『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

『百歳学入門』(222) 「学びつづけること」が心も身体も健康にする。  「学ぶ …

『オンライン講座/最強のリーダーシップの研究 ⑪』★『児玉源太郎の電光石火の解決力⑦』★『日英同盟によって軍艦購入から日本へ運航まで、英国は日本を助けて、ロシアを妨害してくれたことが日露戦争勝利の要因の1つである』

2017/06/04 日本リーダーパワー史(820)記事再録『日清、日露戦争に勝 …

no image
日本メルダウン脱出法(653)「政治とメディアの生み出す「老人翼賛体制」—膨張する「行政国家」と無力化する国会」●「日本劣化は避けられるか?—「人口減少社会」の誤解と真のリスク」ほか6本

 日本メルダウン脱出法(653) ◎◎◎「政治とメディアの生み出す「老人翼賛体制 …

『オンライン講座/ウクライナ戦争と日露戦争を比較する➂』★『『日本最強の外交官・金子堅太郎のインテリジェンス①>★『日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、すぐ渡米し、 ルーズベルト大統領を味方につける工作を命じた。』★『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の世界最強のインテジェンス(intelligence )』』

 2021/09/01  『オンライン講座/日本興 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史(17)記事再録/ガラパゴス日本『死に至る病』―国家統治/無責任欠陥体制『大本営』『大本営・政府連絡会議』『最高戦争指導会議』 『御前会議』の内幕

   2017/08/16日本敗戦史(46) &n …

no image
『オンライン/鎌倉花火大会回顧動画』★『第70回鎌倉花火大会(2018年7/24pm720-810)-残念ながら雲と煙にさえぎられて、花火の大部分は見えなかったよ。(15分間に圧縮)★『2013鎌倉花火大会ー材木座、由比ヶ浜海岸で絢爛豪華に色彩の大スペクタクルの速射連発②』

★第70回鎌倉花火大会-残念ながら雲と煙にさえぎられて、花火の半分以上は見えなか …

no image
日本メルトダウン脱出法(677)「35年続いた債券強気相場は終わったのか?」●(英FT紙)「集団的自衛権を行使しないのは国際的には非常識だ」

 日本メルトダウン脱出法(677)   —高格付け国債、歴史的な低利 …

no image
<まとめ> 日中韓150年戦争史の研究ー日韓近代史でのトゲとなった金玉均(朝鮮独立党)事件と日清戦争のトリガーとなった金玉均暗殺事件

<まとめ> 日中韓150年戦争史の研究 日韓近代史でのトゲとなった金玉均(朝鮮独 …

no image
『世界が尊敬した日本人⑧地球を彫ったイサムノグチ(08,05)

地球を彫ったイサム・ノグチ 前坂 俊之                      …

no image
日本リーダーパワー史(218)<日本亡国病―百戦百敗の日本外交を予言した西郷隆盛<外務大臣には最高の人傑を当てよ>

日本リーダーパワー史(218)   <日本亡国病―その後も百戦百敗の日 …