前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(79)戦後70年―決して忘れてはならない蒋介石の寛大さに感謝―

      2015/05/27

終戦70年・日本敗戦史(79)

戦後70年―決して忘れてはならない敵国の寛大さに感謝―

「戦後日本が一早く経済復興ができた理由は以下のおかげなのだ」②

  • 中華民国・蒋介石は「徳をもって怨みに報いる」と宣言、日本への報復禁止②戦争賠償の放棄③占領軍派遣を中止。
  • マッカーサーの米国一国支配の日本占領政策によって、ドイツ、朝鮮のような分断国家になることを免れた。
  • ソ連はあくまで北海道占領、日本分断を企てたが、マッカーサー、蒋介石が共産化を一致して阻止した。

0023aea9d7cb0f6e838217前坂俊之(ジャーナリスト)

満州事変、日中戦争はすべて中国本土で戦われた戦争である。また、日清戦争も日露戦争も朝鮮、満州、中国の他国の領土に日本軍が出かけて戦争した対外戦争であったことを日本人はすっかり忘れている。あくまで、対岸の火事であり、自宅が丸焼けにはならなったので、その痛み、苦しみは体験していない、わかっていないのである。

つまり、太平洋戦争の末期に、本土空襲を受けた時点で初めて多くの日本人(兵士以外)は殺し、殺され、焼かれ空爆される戦争の真の実態、恐ろしさを直接体験したのである。この民族、国家の戦争直接体験の深い歴史ギャップを前提にして、考ええねばならない。

日中間の対立が激化した現在、中国を侵略した事実、犠牲者の数、財産の損失についてさまざまな異論、虚説がネット上で流布しているが、当事者の蒋介石はその数についてこう書いている。

中国の被害、損害は天文学的な数字にのぼる。

 「日本軍が侵略した区域は、東北四省をはじめ、河北省から広東、広西まで二十二省にのぼり、爆撃などの被害を受けなかったのは新疆、チベット、外蒙(外蒙古)など辺境地域だけであった。

この間、戦闘は大会戦22回を含めて3万8931回に達し、331万1419人の将兵が死傷した。非戦闘員の死傷も842万人を超え、さらに一家離散、飢餓などの被害者を加えれば、その数は膨大なものとなる。

一方、公私有財産の直接的損失は、掌握できたものだけで、略奪された銀行の金銀、破壊された産業施設、交通施設などを、1937(昭和12)年6月現在の米国ドルで換算して、三百十三億三千十三万六千ドルに達する。同じ年の日本政府の一般会計歳出は、七億七千万ドルであり、その全額をもって賠償に当てても半世紀近い年月を必要とするほど巨大なものであった。」<「蔣介石秘録⑭日本降伏」(サンケイ新聞社、1982年刊,203-204P)>

当時の日本の国家予算の実に40倍以上と見積もっている。

戦争の世界史をみると、戦勝国が敗戦国に対して、過酷な復讐戦を加えるケースは枚挙にいとわない。ところが、蒋介石は直ちにラジオ放送で「不念旧悪」と「与人為善」を国民に訴えた。

「1945年8月、日本が無条件投降を宣言したとき、私(蒋介石)はただちにラジオ放送で演説を発表し、中華民族が伝統とする至高至貴の徳性は「不念旧悪」と「与人為善」であり、決して日本人民を敵とせず、また敵人のかつての暴行にたいして報復を加えないことを説明した。これによって敵軍と偽軍(江兆銘政権の軍)は安心して投降し、共産党に煽動と誘惑の機会を与えることがなかったのである。

また、日本が投降の条款を順調に執行しおえたのも、もとより、われわれの平時の威信が著しかったことによるが、同時に、われわれの態度の誠実さに感じたためである』(一九四六年十二月三十一日、今年の総反省)「蔣介石秘録⑭日本降伏」202P)

約二百十三万人の日本人民を強制労働や報復的措置をとることなく、

終戦後10ヵ月で日本に送還した(シベリア抑留したソ連とは大違い)

 

長春(新京)=現瀋陽 の日本人居留民捕虜収容所では次の掲示が出された。

「日僑の兄弟に檄す」の公告。「罪は諸君にない。われらの友愛を土産に、母国上陸第一歩より日本改造、中国親善の実現に努力してほしい。日本再建の重責は諸君の双肩にかかっている。日本軍閥を打倒し、民主日本を建設してこそ、中日の提携、ひいては東亜の安全と平和は保証される」との趣旨がしたためられていた。

「中国全土で投降を受けいれた日本の軍民は、約二百十三万人にのぼった。中国は彼らにたいして強制労働などの報復的措置をとることなく、終戦十カ月後の1946年6月までに、一部の戦犯をのぞく全員を日本に送還させた」(同書202P)

『投降受け入れ作業が幸い予定の目標を達成できたことは、すこぶる欣快である。共産党と投降接受を争ったときの状況をいま回顧すると、ワナや謀略があいついで仕掛けられ、まことにきわどい情勢であった。しかし、ついに困難を突破して、任務を完成することができた』のである。(同上)

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中韓異文化理解の歴史学(6)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載80回中、63-70回まで)★『申報の(日清戦争開戦1ヵ月後)日本.まさに滅びんとす』●『申報の開戦2ヵ月後―中国20余省の人民.200万余の兵力でちっぽけな倭奴をなぜ撃滅できないのか』中国20余省の人民.1000万にものぼる資産,200万余の兵力で.ちっぽけな倭奴をなぜ撃滅できないのか』★『「日清戦争の展開」新たな世界的強国(日本)の出現に深い危惧」 (ロシア紙)』

    『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」(63)『(日清戦争 …

no image
日本リーダーパワー史(690)『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の「壬午事変、天津条約」での異文化コミュニケーションギャップ、対立から日清戦争へ暴発する

日本リーダーパワー史(690) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の 「壬 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(131) 日本を滅ぼしたキーワード「満蒙はわが国の生命線」関東軍の下剋上、 謀略によって再び満州事変を起こした

終戦70年・日本敗戦史(131) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(30)『ノース・チャイナ・ヘラルド』(1886(明治19)年9月10日) 『壬午事変・甲申事変と軍拡―朝鮮の中国代表・袁世凱の政治介入の横暴』

日中北朝鮮150年戦争史(30)   『ノース・チャイナ・ヘラルド』( …

th111
 日本リーダーパワー史(821)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊱『日本史決定的瞬間の児玉源太郎、山本権兵衛の決断力⑧』★『軍事参議院を新設、先輩、老将軍を一掃し、戦時体制を築く』★『日露開戦4ヵ月前に連合艦隊司令長官に、当時の常備艦隊司令長官の日高壮之丞ではなく、クビ寸前の舞鶴司令長官の東郷平八郎を抜擢した大英断!』

  日本リーダーパワー史(821)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』ー『北清事変後の北京議定書(1901)で各国の軍隊は相次いで引き上げたが、ロシアは満州に居座わり、さらに朝鮮に侵攻し軍事基地を築いたため、日本は日露開戦に踏み切った』①『ロシアの満洲撤兵問題の推移』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』 『北清事変後の北京議定書( …

no image
片野勧の衝撃レポート(29)太平洋戦争とフクシマ② 悲劇はなぜ繰り返されるの★「ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ」➋

      片野勧の衝撃レポート(29) …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む] (5)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『他を頼みにして自らから安心す可らず  』 (「時事新報」明治27年5月3日付)★『支那帝国の中心は既に腐敗した朽木に異ならず、地方も各省もバラバラの施政で、日本の封建時代の末路と同様に亡国の状態だ』

 ★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4) ー「 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(26)『日清戦争を起こしたのは川上操六陸軍参謀次長、陸奥宗光外相のコンビだが、日清戦争勝利の立役者は川上と山本権兵衛海軍大佐であった』

  日中北朝鮮150年戦争史(26)  『日清戦争を起こしたのは川上操 …

no image
『難民・移民問題を考える』 ウィリアム・レイシー・スウィング国際移住機関(IOM)事務局長の日本記者クラブ会見動画(60分)(2016.2.25)

『難民・移民問題を考える』 ウィリアム・レイシー・スウィング国際移住機関(IOM …