前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(520)『「明治の国家参謀・杉山茂丸に学ぶ」➃『軍事、外交は、嘘(ウソ)と法螺(ほら) との吐きくらべ」

      2015/01/01

  

 日本リーダーパワー史(520

 

『「明治大発展の国家参謀・杉山茂丸の国難突破力に学ぶ」

今こそ杉山の再来の<21世紀新アジア主義者>

が必要な時」』➃

 

                前坂 俊之(静岡県立大学名誉教授)

 

 

ほら丸を自称した杉山の交渉術―『軍事、外交は、嘘(ウソ)と法螺

(ほら)との吐きくらべで、吐き負けた方が大損をするのである。

つまり国家の命脈はかかって嘘と法螺にある。

 

さて、このように大物キラーの茂丸の交渉術には一貫した『戦略的思考』「外交術」が見えるが、それについて明治42年1月号、週刊『サンデー』の『法螺の説』の中でこう書いている。

 

『一体法螺というものは、大きい嘘を吐くことにて、嘘というものは人間の一番悪い行為としてあるが、悪い行為だから一切これを吐かぬことに厳禁したら、人間の交際は丸で石地蔵の頭を金槌でたたくようなものである。中国戦国時代の諸葛孔明も「手のつけようのない大法螺吹き」ということになる』

『殊に軍事、外交の如きは、嘘と法螺との吐き競べで、吐き負けた方が大損をするのである。つまり国家の命脈はかかって嘘と法螺にあると云うてよいのである。

『捨身でさえかかれば世の事は安々と運ぶものだ。無を有にし、有を無にするという禅味三分と、世界識見五分とを突き混ぜて足の親指と下っ腹に渾身の力をこめて大法螺をふくのじゃ》(某日庵叢書弟二篇) (以上多田茂治『夢野久作と杉山一族』弦書房2012年刊)

 

これが「ほら丸」交渉術なのである。捨て身の覚悟、胆識と世界識見(いまでいうグローバルインテリジェンス)を心得て実践、成功した日本を勝利に導いた稀有の戦略家であった。

 

このようにして杉山の「ホラ丸交渉術」は次々に功を制していくが、杉山と他の国粋的なカチカチの右翼壮士、玄洋社のメンバーとも大きく違うのは、その経済通、国際経済にも深い造詣を持っていたこと。茂丸は「経済の神様」といわれた松方正義首相、金子堅太郎農商相らのところを度々訪れ、経済、金融政策について議論をふっかけた。一国の総理からみれば全くの若造だが、松方が真剣に耳を傾けたところを見ると、その並々ならぬ経済通がうかがえる。


下村も『茂丸の座談は、まことに経済なるもの口にする。払い込がいくらで配当が何分だから利回りがいくらくになる、為替が何ドルを割ったから外債の利子がいくらいくらになるとか、日歩がいくらの、コールが何厘だのと、ソロバンの細かい数字を、大日本の百年の国策に取り交ぜ、談論風発、相手を煙幕に巻き込んでしまう』という。

政治分野と同時に、「日本の空を工場のエントツで真っ黒にしてみせる」といち早く工業立国論を唱え、児玉台湾総督の知恵袋として台湾銀行を作り、日本興業銀行の創設、満鉄創設、鉄道の国有化にも熱心に取り組んだ。

香港や上海、アジアを相手に貿易に携わり、特に米国には工業の視察に前後五回も訪れ、内閣嘱託として日本公債引き受け交渉にも従事した。

日本興業銀行創設のため、一片の紹介状も持たず渡米して、金融王・モルガンとわたり合ったいきさつは、「もぐら流」のタフネゴシエイタ―が世界にも通用した一例である。


・金融王・モルガンを煙に巻く

 

杉山は1898年(明治31)、一片の紹介状も持たず単身渡米して、各国の元首でも容易に会えないといわれた世界最大の金融業者のモルガン商会のJP・モルガンに面会した。
その得意の弁舌で一億三千万ドルの融資を引き出すことに成功する離れ業を演じ
た。
この時のやりとりも茂丸一流である。交渉がまとまった際、茂丸はその内容を覚書にしてほしいと依頼すると、モルガンは突然大声で怒りだし「私がイエスといったのだ
ぞ」とテーブルをドンと叩いた。
部屋の空気は一瞬、凍りついた。通訳らも契約破棄?か、と青くなった。しかし、茂丸は平気の平座。
「もう一度、テーブルを叩いてください。そうすれば、その音が日本まで聞こえるでしょう」とタンカを切った。


Why!」-今度はモルガンが驚いた。

 

「私は日本政府と関係ない一介の観光客にすぎない。その私が世界のモルガンに会えて、日本にとって大変有り難い工業開発の条件をいただいた。その声、音を日本政府、国民に聞かせたい。私はあなたがイエスと言った言葉を信じるとか、信じないかの資格のある男では有りません。私の希望としてはあなたがテーブルを叩く音よりも、あそこにいる美人秘書のタイプライターの音なのです」

 

ジョークを交えての、胸のすく一発である。


これには、さすがのモルガンも1本参って、早速、美人文書をタイプさせ、茂丸に手渡した。この手のエピソードには事欠かない。茂丸は日本刀の愛好者で「備前長船」の名刀を頭山にプレゼントすると、即座に頭山は手放してしまい、杉山をあきれさせたというエピソードがあるが、このやりとりを見ていると『交渉の達人』の日本刀切れ味鋭い、一閃というかんじである。



この茂丸の離れ業には伊藤、山県とも今更ながら茂丸の交渉力に目を見張った。ところが、松方蔵相が銀行家の猛反対に押されて「そんな安い外資が入ると、日本の銀行はつぶれる」と反対に回り、外資導入はオジャンとなった。

結局、国内資本だけで日本興業銀行は創設され、杉山は初代総裁に推されるが、蹴ってしまう。伊藤からも警視総監に就任を要請されたが、そんな小さい役はゴメンだと、生涯浪人を貫いて、自由自在に国益のために奔走したのである。

杉山の交渉術、凄腕についてはモルガンの顧問弁護士のF・ジェ二ンゲが明治三二年六月、母校ハーバード大学において法学博士(名誉学位)を受けるために渡米した金子堅太郎に次のような茂丸評を寄せた。

「彼があなた(金子のこと)と同じょうに英語が話せるのなら、この国では大いに歓迎されることであろう。彼は既成概念を超えた新しい発想の持主であるようで、その発想を数字具体的に組立て、理論整然と説き来り、説き去り、聞く者をして十二分に納得せしめ得る話術の持ち主である。私は今までに沢山の日本人に会っているが彼ほどの人物には会ったことがない。あなたから時々米国に来るように話してくれ」(野田「杉山茂丸伝」204P)と折り紙をつけている。

                                                                                      つづく

 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<2018年は明治維新から150年 >「目からウロコの明治裏面史(1)」日本の運命を決めたドイツ鉄相・ビスマルクの1言『大久保利通の「富国強兵政策」はこれで決まった』

2018年は明治維新から150年 目からウロコの明治裏面史(1) 日本の運命を決 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(160)記事再録/『北清事変(義和団の乱)で見せた日本軍のモラルの高さ、柴五郎の活躍が 『日英同盟』締結のきっかけになった』★『柴五郎小伝(続対支回顧録、1941年刊)』

    2018/08/15  増補版/ …

no image
米大統領選挙直前情報(日本時間11/8pm2)ー『クリントン氏勝利の確率は91% CNNの「予測市場」』●『米大統領選、行方占う東岸注目州の投票終了時間は 早期の開票結果、その後の展開のカギに』●『  米大統領選に見いだす一筋の光明 分裂を広げた今年の選挙が無駄にならない理由とは』●『コラム:「ヒラリー大統領」が日本に求めること=熊野英生氏』◎『米大統領選後も円高終わらず、試金石は1ドル=100円の「堅さ」』◎『米大統領選の手引き:投資家は確信持てず-投開票まであと1日』

 米大統領選挙直前情報(日本時間11/8pm2) クリントン氏勝利の確率は91% …

ダウンロード
百歳生涯現役入門(178)-『晩年の達人の渋沢栄一(91歳)③』★『別に特種の健康法はないが、いかなる不幸に会おうともそれが人生なのだと達観し、決して物事に屈托せざるが(くよくよしない)私の健康法です』★『いつまでも「若々しい」人はドコが違うのか 中曽根元首相に茂木健一郎氏が聞いた秘訣』

 百歳生涯現役入門(178)ー 『生涯現役/晩年の達人の渋沢栄一③』 筆者は現在 …

no image
日本リーダーパワー史(152) 国難リテラシー⑨最後の首相・鈴木貫太郎、木戸幸一、宇垣一成は敗戦をどうしたか

 日本リーダーパワー史(152)   国難リテラシー⑨最後の首相・鈴木 …

no image
日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8)山県有朋首相は『国家独立の道は、主権線(日本領土)を守るほかに利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説したが、これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8) 「福沢諭吉の「日中 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史(16)記事再録/「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか③<朝鮮は日本の評判を傷っけるようにプロパガンダ工作し、朝鮮人を日本の暴虐の犠牲者として印象づけている

      2015/09/0 …

t02200351_0300047810824346159
『リーダーシップの日本近現代史』(194)記事再録/全米の少女からラブレターが殺到したイケメン・ファースト・サムライの立石斧次郎』 ★ 『トミ-、日本使節の陽気な男』★『大切なのは英語力よりも、ジェスチャー、ネアカ、快活さ、社交的、フレンドリー、オープンマインド 』

立石斧次郎(16)・全米を熱狂させたファースト・イケメン・サムライの立石斧次郎 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘ 『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― 日本は<第2の経済敗戦>の瀬戸際にある!②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘     『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― …

no image
知的巨人たちの百歳学(167)記事再録/『日本歴史上の最長寿、118歳(?)永田徳本の長寿の秘訣は・『豪邁不羈(ごうまいふき)の奇行です』

    2012/03/04 / 百歳学 …