前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(1)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み通す』

      2017/02/25

 『アジア近現代史復習問題』

福沢諭吉の『金玉均惨殺』から日清戦争開戦までの論説を読む(1)

   金玉均氏

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%8E%89%E5%9D%87

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=101

『金玉均暗殺事件が日清戦争の発火点の1つ』朝鮮政府は日本亡命中の金玉均の暗殺指令を出していた

『金大中拉致事件(1973年)の前例』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/17797.html ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福沢諭吉の論説『金玉均氏』「時事新報」明治27330日付

 韓客金玉均氏は清国、上海客舎に於て、同伴したる洪鐘字のために殺害せられたる由、既に其筋にも電報ありしと云へば、定めて疑ひもなき事宜なる可し。

氏が一朝計破れて、その本国を脱せし以来、憂き年月を異邦に関して 流寓漂泊十年徐、未だ身の安処を得ずして却て刺客の毒手に斃れたりとは人生の惨事、実に気の毒の至りに堪ず。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/2695.html

抑も此同金氏が清国行を企てたる因縁如何と尋ぬるに、前年、李経芳氏(李鴻章の養子) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%B5%8C%E6%96%B9 が清国公使として我国に来朝中、金氏とも交際を結びて音問往来、双方の親誼漸く深く、他人の想像よりは更に一層の間柄なりしが、

李氏帰国の後も敢て判然、書面を以て金氏を招きたるには非ざれども、噂の如く、伝言の如くその清国に来遊あらんを勧むること一再のみならず、 清国公使館の一員の如きも、切に勧告する所ありて,一たびは李中堂(李鴻章) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E9%B4%BB%E7%AB%A0

にも面会す可く、又、彼地には相應の商売もあり、事業もあり、種々の懇談に金氏も心動き、兎も角も李経芳氏の故郷なる蕪湖に至りて久闊を叙せんと決し、

呉静軒氏と云へる通群をさへ伴ふの便宜を得て、洪鐘字等と共に出帆せしは、これぞ此世の別れにして、果敢なき非業の最期を遂げたる次第なるが、

元来、この洪鐘字と云へるは、かつてフランスに遊び、爾来、朝鮮政府に対して不都合の事を働き、本国にも帰られずして浪々の余、昨年、我国に渡来したる者にして、おいおい金氏に親近を重ねたるより、素より性情の善からざる人物なれば、知る人は氏のために、之を危ぶみ居たりしに、ついに兇事を醸すに至りたるこそ遺憾なれ。

 

今となりて思い合すれば、洪鐘字は朝鮮政府に疎遠なるの故を以て、却てその政府の筋に内意を通じ、同類相謀りて金氏を暗殺し、其功を以て旧悪を政府に謝せんがため、大脇にも今同の兇行に及びしものならん。憎むに徐りある曲者にして、悪の報ひは忽ちに捕縛せられ、立合裁判に付せられつつありと云ふ。  

右の由来に裁て察するに、李経芳氏の伝言と云ひ、其他清国人の勧誘と云ひ、最も金氏を動かしたる原因なれば一見これを皮相するときは、其形、あたかも清韓、謀を通じて、一刺、後患を除かんと工(たく)みたるが如しなど疑ふ者もある可けれども、斯る卑劣の陰謀は清国のなさゞる所、又、なす可き要用あるを見ず。  

幸にして加害者も捕縛せられたることなれば、定めて厳重の糺問ある可く、又、李経芳氏の私情に於ても、之を等閑に附することはなかる可し。委細の事情は今後の来信を待つの外なし。吾輩の耳を欹(そばだ)てて聴かんと欲する所なり。          三月三十日    

『金玉均暗殺事件が日清戦争の発火点の1つ』

清国、朝鮮共謀で金玉均を上海に誘い出して暗殺、金の遺体

を清国軍艦で送り届けて、遺体をバラバラにして晒した。

これに憤激した日本政府と対立がエスカレートした

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/17856.html

 

1894(明治27)年521日 英国『タイムズ』

上海の政治的暗殺事件(金玉均惨殺事件)

日清戦争への引き金となった

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/269.html

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<まとめ>児玉源太郎について ―『坂の上の雲』の主人公― 明治陸軍の名将・児玉源太郎を研究せずして『日露戦争勝利』の要因を知ることはできない。

  2013/02/03 記事再録/ <まとめ>最強の …

no image
11月15日●尼崎武庫公民館市民大学での講演レジメ『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐・水野広徳』(前坂俊之)

2012年11月15日      尼崎武庫公民館市民大学       前坂 俊之 …

102707
世界/日本リーダーパワー史(896)-『明治150年、日本興亡史を勉強する』★『明治裏面史―明治30年代までは「西郷兄弟時代」が続いた。』★『その藩閥政権の縁の下の力持ちが西郷従道で明治大発展の要石となった』★『器が小さいと、とかく批判される安倍首相は小西郷の底抜けの大度量を見よ』

   明治裏面史―明治30年代までは「西郷兄弟時代」   『明治藩閥政権の縁の下 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『世界は6月、新型コロナウイルスと共生するニューノーマル(新日常生活)に恐る恐る一歩踏み出した』★『新型コロナ後の世界政治地図はどうなるのか』

  新型コロナ後の世界政治地図はどうなるか。              …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(97)』「第2次世界大戦での各国の死者数の統計」「朝日新聞の部数減について」

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(97)』 <F氏のコ …

無題
★⑩日本リーダーパワー史(714)伊勢志摩サミットの陰の主人公はこの人注目!(記事再録)「真珠王」だけでなく『世界の生涯現役・長寿王でもあった御木本幸吉(96歳)』「朝食は茶碗3分目、昼は2分目、夜は「旨い物は2箸残す」

  日本リーダーパワー史(714) <記事再録>百歳学入門(69 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(609)『110年前の伊藤博文の観光立国論』(美しい日本風景・文化遺産こそ宝)の 驚くべき先駆的な経済文化ビジネスセンスに学べー外国人を拒否せずおもてなしをすれば富国になれる

                     日本リーダーパワー史(609) 『安倍 …

no image
速報(101)『日本のメルトダウン』『 海江田経産相から直接電話があった』『今後解放されることはないセシウム汚染』

 速報(101)『日本のメルトダウン』   ●(小出裕章動画 …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える③」再録増補版『太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証③』★『記者は国家登録制に、国体観念を養うために練成実施』★『戦う新聞人、新聞は弾丸であり、新聞社は兵器工場へ』★『朝日社報の村山社長の訓示『新聞を武器に米英撃滅まで戦い抜け』(1943/1/10 )』

「新聞の戦争責任を考える③」再録増補版『太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検 …

no image
日本リーダーパワー史(255)空前絶後の参謀総長川上操六(34)野党の河野盤州を説得した驚異のインテリジェンスと交渉力

日本リーダーパワー史(255)  空前絶後の参謀総長・川上操六(34) ◎「日清 …