前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

FOX テレビの偏向報道?を英独立テレビ委員会(ITC)が調査

   

1
03,08
イラク戦争報道については、米FOX テレビが米政権支持を鮮明に打ち出して、その
報道のあり方に疑問が出ていたが、このほど英独立テレビ委員会(ITC)が調査に乗
り出した。「民間放送」2003年6月3日付で次のように報じられている。
米FOX ニュース対象にイラク戦争で米政権支持の立場を鮮明にした米大手ケーブ
ルテレビ(CATV)、FOX ニュースの番組に閲し、英独立テレビ委員会(ITC)はこの
ほど、偏向報道だったとする視聴者などからの苦情に伴い、調査を開始した。
メディア王ルパート・マードック氏率いる豪メディア・娯楽大手ニューズ・コーポレーシ
ョン傘下のFOX ニュースは、米政権寄りとの批判を受ける一方、イラク戦をめぐる視
聴率競争では米CNN を上回るなど商業的には成功を収めている。
今回の調査をきっかけに英国内では「偏向報道」の定義付けが改めて問われること
になるが、同時に公正な報道と商業的成功をめぐっても議論が活発化するとみられる。
英ガーディアン紀(電子版)によると、ITC は、FOX ニュース番組を放映したニュー
ズ・コーポレーション系列の英衛星放送スカイ・デジタルに対し、視聴者などから寄せ
られた合計9 件の偏向報道に関する苦情について調査を進めており、同委員会の設
定した「真の公平に関する規則」に違反していると判断した場合、スカイ・デジタルは
英国内での放送免許をはく奪される可能性もある。
公平報道をめぐっては1999 年、クルド人向けテレビ局、MedTV が度重なるITC の
警告にもかかわらず、公平規則を順守しなかったとして免許はく奪処分を受けた例が
ある。
公平報道を求める英組織『出版・放送の自由運動』のジュリアン・ぺトリー会長は
「ITC はMedTV の免許をはく奪した経験を持つ。(スカイ・デジタルについても)同様
の措置が取れない理由は考えられない」とし、FOX ニュースの番組内容を理由にス
カイ・デジタルを処分するよう要求した。
同会長は「当局による報道監視を支持するものではない。しかし、マードック氏は新
2
聞分野で行ったのと同様、英テレビニュースを自分の望み通りの条件で競争可能な
状態に持ち込もうとしている」とし、マードック氏のメディア戦略がもたらす弊害に懸念
を示した。
同会長によれば、FOX ニュースに代表されるジャーナリズムが英国に持ち込まれた
場合、「視野の狭さと論争水準の低俗化」により、事実上の規制枠がメディアにはめら
れる恐れがある。

ただし、ITC はこうした批判の動きに対し、マードック氏と対立することを懸念してい
るとされる。ITC筋はガーディアン紙に対し、FOXニュースに対する苦情は、他のメデ
ィアに対する苦情と同様のやり方で処理されると述べ、FOXニュースに対する調査が
大きな意味を持つものではないとの見方を示した。
一方、今回の調査開始を受け、
① 公平規則を引き続き大小すべての放送局に連用すべきかどうか。
② 偏向報道の有無を各番組ごとに判断するのではなく、放送局全体の番組から判
断する現行方式の是非-などについても今後議論される可能性がある。

その「米FOX テレビがイラク戦争報道で愛国心に訴えて高視聴率を上げて、大幅に
躍進している」との記事が『新聞協会報』(2003,7,15付)に掲載された。
『オーストラリア生まれのルパート・マードック氏が率いるメディア大手ニューズ・コー
ポレーションが、「第四のネットワーク」FOX テレビや、後発勢力だったケーブルニュ
ース専門局FOX ニュースなど米テレビ事業で躍進を続けている。
米中枢同時テロからイラク戦争に至る激動期に米国人の愛国心に訴える徹底した保
守論調を打ち出す一方、スポーツ、娯楽番組の相次ぐ成功が高視聴率と広告収入の
伸びに結び付いた。
しかし「ニューズ帝国」の膨張は米メディア勢力地図を塗り替えつつあり、ライバル企
業や報道の右傾化に危機感を募らせるリベラル派は抑え込みに躍起だ。
ニューズ社が計画中の、衛星テレビ最大手で千二百万の加入世帯数を誇るディレク
TV 買収が成功すれば、地上波ネットワークと多チャンネル(ケーブル・衛星)テレビ、
有力ケーブル局などを一社で兼営する、米テレビ業界初の「完全垂直統合」が実現。
3
一段の勢力拡大に対し、一部の米議員らも警戒感を強めている。
「この男がアメリカのニュースを支配しようとしている」。五月禾、「メディア改革ネット
ワーク」など三つの市民団体はニューヨーク・タイムズ紙に、威圧的な表情のマードッ
ク氏の写真四枚を大写しにした全面広告を出し巨大メディアの膨張に警鐘を鳴らした。
オーストラリアの地方紙経営から出発したマードック氏が、米国市場の本格攻略に着
手したのは一九八〇年半ば以降だ。グループ企業の豊富な番組供給力を背景に全
米の地上波テレビ局の系列化を推進。
人気ドラマ「アリー・my ラブ」、タレント発掘番組「アメリカンアイドル」や、大リーグ「ワ
ールドシリーズ」の独占中継など娯楽面でも勢いに乗るFOX は、ABC など旧三大ネ

トワークを特定年齢層の視聴率や世帯カバー率で追い付き追い越した。
ニューズ社は九六年にはニクソン、レーガン、ブッシュと共和党元大統領三人の選挙
戦でメディア対策の助言役を務めた大物プロデューサー、ロジャー・エイルズ氏を招き
入れた。同氏の指揮で躍進したのがニュース専門のケーブルテレビ局FOX ニュース
だ。開局から六年目の二〇〇二年、CNN から視聴率トップの座を奪い取った。
「報道内容の信頼度は依然ナンバーワン」と評価されるCNN も今や競合他社とのさ
まざまな合併説が流れるほどだ。
『新聞協会報』(2003,7,15付)

 - IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(219)/「2019年の世界と日本と地球はどうなった」(上)「米中貿易関税協議は一部で妥協したものの、米大統領選まで対立は続く」★『「香港選挙の勝利を確信していた習近平主席は大ショックを受け,誤判断した中国指導部も今後どう対応すればよいか混乱状態に陥っている」(香港大紀元』

2019年の世界と日本と地球①                          …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(232)/『ロボット大国日本のAIロボットはどこまで進化したか』★『今から5年前の「2015国際ロボット展」(動画5本再録)と比較してみよう』ー石川正俊東大教授、FUNAC,THK,KAWASAKIのロボット展示ブース、プレゼンを見た』

    2015/12/05 &nbsp …

mq1
『私の幸福指数が一挙に上がるサーフィンウオッチ動画』★『パッヘルベル カノンを聞きながら、強風、大波を突っ切る鎌倉材木座海岸のウィンドサーフィンを眺めると、心が癒される』(2020/2/17)

春一番か!強風、大波を突っ切る鎌倉材木座ウィンドサーフィン(2020/2/17)

no image
池田龍夫のマスコミ時評(39) ★『沖縄密約文書「廃棄の可能性」―不可解な「無いものは無い」判決―』

池田龍夫のマスコミ時評(39)   ★『沖縄密約文書「廃棄の可能性」 …

no image
『世界サッカー戦国史』➄『児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性』★『 児玉参謀次長の戦略思考と人心収攬術と西野の戦略眼、選手との対話力、コミュニケーション力が勝利の決め手になった』

  児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性            …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉗「開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道」ー『開戦へカウントダウン!』●『この記事は戦争報道の優れた論評で、日本メディアの報道とは雲泥の差がある』★『日本はいずれ国運をかけてロシアと戦わなければならず,シベリア鉄道がまだ能力いっぱいに開発されていない現在の方が,後にそうなったときより.勝てる可能性が高いと一致して見ている。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉗ 1903(明治36)年 …

171681671454a5eba380fec7.17222446138627211
「知的巨人の百歳学」(144)ー『世界最長寿のギネス芸術家は平櫛田中ではないのか!?』★『日本超高齢社会』のシンボル・彫刻家・平櫛田中翁(107歳)の気魄に学ぶ

「知的巨人の百歳学」(144) 『超高齢社会』のシンボル・彫刻家・平櫛田中(10 …

no image
★5 日本リーダーパワー史(754)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」②(11-20回)★『 戦争とは外交の一手段。<恫喝、罵倒、脅迫、強圧のケンカ外交で相手は参ると思って、日本を侮ったロシアの油断大敵>対<日本の礼を尽くしてオモテナシ、臥薪嘗胆、無言・沈黙・治にいて乱を忘れず、天機至れば『一閃居合斬りも辞さぬ』とのサムライ外交との決戦が日露戦争で、両国の戦略論、パーセプションギャップ(認識ギャップ、思い違い)をよく示している。』

  日本リーダーパワー史(754) 『世界史の中の『日露戦争』ー (英国『タイム …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(32) 世界各地への騒乱拡大を危惧-米独善主義に反発が強まる

  池田龍夫のマスコミ時評(32)   世界各地への騒乱拡大 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(31) 「TPP」に潜む問題点を探るー菅政権は、性急すぎないかー

池田龍夫のマスコミ時評(31)   「TPP」に潜む問題点を探る ―菅 …