前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本メルトダウン(925)東京都知事選スタート―『猪瀬氏が東京のガン・伏魔殿都議会を告発』●『何よりダメな日本の政治家選び,育て方』『橋下徹氏がいう「政治の実行プロセスを知らない候補者ばかり』

      2016/07/17

   日本メルトダウン(925)

 東京都知事選スタート―

『猪瀬氏が東京のガン・伏魔殿都議会を告発!』

●『何よりダメな日本の政治家選び

 ●『橋下徹氏がいう「政治の実行プロセスを知

らない候補者ばかり』

 

<7月17日>

「自民都連のドン」に批判ツイート連発 猪瀬元知事の意趣返しか

https://thepage.jp/detail/20160716-00000002-wordleaf

 

<7月16日>

猪瀬直樹氏が衝撃発言 自殺した都議は“都議会のドン”にいじめられていた…「遺書」画像も公開

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e7%8c%aa%e7%80%ac%e7%9b%b4%e6%a8%b9%e6%b0%8f%e3%81%8c%e8%a1%9d%e6%92%83%e7%99%ba%e8%a8%80-%e8%87%aa%e6%ae%ba%e3%81%97%e3%81%9f%e9%83%bd%e8%ad%b0%e3%81%af%e2%80%9c%e9%83%bd%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e3%81%ae%e3%83%89%e3%83%b3%e2%80%9d%e3%81%ab%e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e2%80%a6%e3%80%8c%e9%81%ba%e6%9b%b8%e3%80%8d%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%82%e5%85%ac%e9%96%8b/ar-BBunUw9?ocid=spartandhp#page=2

<F国際ビジネスマンのコメント>

小池百合子は都政の刷新、都議会の活性化と運営の透明化には、都議会自民党の内田茂幹事長の落選が必須と言っている様です。

都庁役人の古株とつるみ、旧套墨守で、出る杭を片っ端から叩いている様です。既得権護持の権化の様です。

早く選挙に持ち込んで内田派を落選させようと。公約に入れている様です。

増田、鳥越で新風を吹き込めるのでしょうか?

自民も民進も場当たり人事で、時間を掛けた人材補給線の確保の必要性が全く分かっていない。都政のガバナンスには、知事人材の長期育成計画が必須です。

トップダウンの指導力を持って責任の取れる人材が居ないという日本病が又々露呈しています。

ここでも米国GEの、社長人材の育成システムが参考になります。社外を中心とした取締役会が優に10年以上かけて評価育成しています。

「東京のガン」

https://m.newspicks.com/news/1663515/?dl=false

 

NewsPicsに猪瀬ロングインタビュー「東京のガン」あり。「自民党の皆さん、旧い自民党を破壊してください」内田茂幹事長の陰湿ないじめに耐えられず自殺、樺山都議の遺書、擲り書き切ない。

http://twitter.com/inosenaoki/status/753139946429358080/photo/1pic.twitter.com/oD2ZCRkiTS

 

猪瀬氏の“口撃”続く 議員自殺に追い込んだのは都議会ドン

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185668

 

現職都議が自殺するほどの「伏魔殿」、その実態を猪瀬直樹元都知事が衝撃告発…!

http://otokitashun.com/blog/togikai/12009/

現職都議が自殺するほどの都議会伏魔殿の実態とは

http://agora-web.jp/archives/2020306.html

 

橋下徹氏が都知事候補者に厳しいお言葉「政治の実行プロセスを知らない人ばかり」

http://www.sanspo.com/geino/news/20160713/pol16071318190004-n1.html

 

正しい都知事選びは、新入社員の採用に似ている

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e9%83%bd%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e9%81%b8%e3%81%b3%e3%81%af%e3%80%81%e6%96%b0%e5%85%a5%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e6%8e%a1%e7%94%a8%e3%81%ab%e4%bc%bc%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b/ar-BBugNpp

 

 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
松原泰道老師百歳 !! 「生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到!その長寿脳の秘密は・・・・」

2008年8月 松原泰道老師百歳 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到!その長 …

images
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(199)』★『関精拙、原坦山、仙厓ら<禅の巨人>の往生術から学ぶ』★『よりよく生きるためには、いかに死ぬかを学ぶ必要がありますね。「ピンピン、コロリ」(PPK)が理想といわれていますが、現実はなかなかこうはいきません」

 2010/01/21  再録 百歳学入門①ー知的巨人たちの往生術から学ぶ① 前 …

no image
日本メルトダウン脱出法(765)「アベノミクスの矢がいつまでも的外れな「本当の理由」●「中国・韓国が日本に絶対に追いつけない歴史的背景 中韓にノーベル賞が取れない理由~陽明学と朱子学」

  日本メルトダウン脱出法(765) アベノミクスの矢がいつまでも的外れな「本当 …

no image
『巣ごもり動画一挙公開(60分)これを見るだけで現地にはいかないでね!』★『日本の「秘境」を往く』-『熊本県の平家の落人伝説のある五家荘→五木村(五木の子守唄の里)→二本杉五家荘へ」(自然林と大峡谷)へ

日本の「秘境」を往く➊ー熊本県の平家の落人伝説のある五家荘、平家の里、五木村(五 …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『六十、七十,洟たれ小僧の湘南海山ぶらぶら日記』/『つり竿さげて、鎌倉海をカヤックフィシングでさかな君と遊べば楽しいよ』★『「半筆半漁」「晴釣雨読」「鉄オモリをぶら下げて」鎌倉古寺を散歩すれば、悠々自適!』

以下は2011年7月7日に書いた「湘南海山ぶらぶ日記」の再録である。約10年前は …

113718263554a5e8be57c669.19971778701099590
『リーダーシップの日本近現代史』(158)再録/『幽翁』伊庭貞剛・住友精神を作った経営哲学<三菱財閥・岩崎弥太郎を超えた明治のナンバーワン経営者>『部下を信頼して「目をつぶって判を押さない書類は作るな」』

前坂 俊之(ジャーナリスト) 住友家総理事・伊庭貞剛(1847.弘化4.2.19 …

no image
 日本リーダーパワー史(799)ー「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑮『日露戦争開始7ヵ月前、対ロシア交渉開始の『第一回元老会議」の翌日(6/24)、桂首相は辞表を提出した』

     日本リーダーパワー史(799)ー 「日清、日露戦争に勝利』した明治人の …

no image
『国葬でおくられた人びと』・・元老たちの葬儀」★『伊藤博文、大山巌、山県有朋、東郷平八郎、山本五十六、吉田茂まで

  『国葬にされた人びと』・・元老たちの葬儀    …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(201)』-冬の京都・三千院、比叡山延暦寺、湖西の石山寺、三井寺を周遊、『この数年ヨーロッパばかり回り、石造り建築の露骨な存在感に食傷しておりましたので、自然と一体となった日本の寺院建築の楚々とした佇まいに改めて魅了されました。』

    2017/02/23 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(334)-『新型コロナウイルス/パンデミックの研究①-日本でのインフルエンザの流行の最初はいつか』★『鎖国日本に異国船が近づいてきた18世紀後半から19世紀前半(天明から天保)の江戸時代後期に持ち込まれた(立川昭二「病と人間の文化史」(新潮選書)』

  2020年4月22日                     前坂 …