前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉛ 「日本人のよくその職務に勤(いそ)しむを論ず」(明治20年12月)

      2015/01/01

  


『中国紙『申報』からみた『
日中韓150年戦争史

日中韓のパーセプションギャップの研究

 

 

1887(明治20)年1211日光緒13年丁亥1027日「申報」

 

日本人のよくその職務に勤(いそ)しむを論ず

 

日本は近年,西洋の学問を尊重し,西洋のやり方を模倣しているが.それは政府のみならず,民間でも盛んに行われ,争って西洋のやり方に倣っている。

作り出すすべての製品は独創的なものか.あるいは西洋の方法を参考にして,その特徴をよくつかんだものだ。たとえば石版や銅版の精緻さは,天の技を盗んで模写したかのようで活字は紙の上で生き生きとして.墨跡もみずみずしく,あたかも毛筆で書いたばかりのようだ。

 

これを見た人は,直筆で書いたものと思い,印刷したものとはわからない。また渲(せん)染も彩り鮮やかで,ほかには磁器.鉄器,銅器,漆器などのようなものも.ますます善美を尽くしている。最近では,ヨーロッパの制度も取り入れるようになったが,これも新たな成果をあげている。今までマッチを製造する所が数軒あるが,一様に高い利潤をあげている。

 

そして,日本という国は商業の研究に専念し,だれもが努力して,甲乙つけがたいほどで,他の国と比べても確かに群を抜いていることが理解できた。しかし,わが国の商人は,このように熱心にできるだろうか。鹿島氏は大富豪でありながら礼節を心得ている。北海道の海岸では,皆コンプが多くとれるが,これによって大変な利益を得ている。また北海道には.ユソウポクが多くあり,鉄道の敷設などの需要を十分賄える。その他の種類の木材も豊富で.自給に十分足りる。日本の関税にかかわる審査は実に厳密で,輸入の際には.特にアへンには全力を注いで捜査を行うので.持込み,携帯とも.なかなかできない。

 

日本の決めた規定は非常にすぐれており,国民がアヘンを吸ったら,たちどころに法に基づき罰せられ,今まで法を曲げて目こぼしなどしたことがない。税務を取り仕切っているのは,すべて日本人で.日本人で管理していて.西洋の人材を借りることは決してない。毎年の収入は,たとえわずかでも国庫に納めており.当初は汚職が続出するとか.密輸して脱税を図る事件などが起こっていないと聞く。ところが中国は.30余年来,なお西洋人に頼りきっていて,西洋人がいなければ,1日たりともたちゆかないという有様をどうしようもできない。

外部の者から見ると,このような状態は理解しがたいものだ。確かに,楚国の賢才を晋国が用いた故事のように.外国の人材を登用することは.昔から行われていた。

 

技芸の学習や,軍人の訓練,戦陣法の教授.生産方法の習得などは,短期間では糸口さえもつかめないので,大金を使って西洋人を招かざるを得ない。しかしながら税務は.法律にのっとって税を徴収すればいいのだから,簡単なことではないだろうか。30年以上の長期にわたって,中国には西洋人に代わってこのことをやれる人物がどうして1人もいなかったのだろうか。まさか中国には税務を管理する人材がいないというのではあるまい。堂々たる大国の中国たるものが,税務管理の能力が,日本に及ばないとあっては,日本人の嘲笑の的となる。

 

 

 

日本の政府の慣例では,臣民が罪を犯し,自害を命じられると,自ら刀を抜いて切腹することになっていたが、最近では西洋の方法を取り入れ,重い罪を犯した者は,銃殺に処することにした。刑事執

行の官吏は法を堅く守り,勝手な裁量や手ごころを加えたりしない。法を犯せば必ず罰せられ,その厳しいこと中国にまさる。

 

その半面.日本人の自負心は異常に高く.常に中国人を蔑視し,恐れるに足らぬと考えている。それでいながら,経世済民に詳しい中国人にたまに出会うと.非常に敬服して自分と志を同じくする仲間であると勝手に決めっけてしまう。

浮薄高慢で,なにかにつけ日本は自らを強くすることができ,西はヨーロッパを制圧し.東は中国を掌握できると主張する。その夜郎自大の態度は.恥を知らぬのも甚だしく,中国の土地が広大で,人口も多く.物産も豊かであって,日本などと比べものにならないのを知らないのだ。中国という国は,外見はたいしたことはないが,内実は充実して余裕があるのだから,日本などとても太刀打ちできるものではない。牛はやせていても,それが家の上に倒れたならば.家は胆をっぶして死んでしまうというではないか。

 

日本がしきりに大言壮語しても,ヨーロッパの公平に物事を判断する国々は,これを傍らで見て,日本が中国に勝つことなどできないのは明らかだとわかっている。

 

あるとき,中国人と日本人が共に朝鮮に行ったが,両者の気概は全く異なっており,あるイギリス人は,このことをあてこすった歌を作った。「日本人は愚かな猪.中国人は病んだ獅子,猫さん猪さん.身を慎みたまえ,獅子になれなれしくするなかれ.病身故に.猪のされるがまま,いったん病癒えれば,首をあげ奮い立つ,猫さんあんたに勝てるかね.まあネズミさんとでも楽しく遊んでいる方が,りこうというものさ」。

 

もちろんこんな歌は,戯言ではあるが,この詩から,日本が中国の相手ではないことがよくわかるし,西洋人もまだこれを理解している。

 

ただ,次のことは言える。日本は小国であっても,日本人は国を大切にし.勤勉で怠けることをしない。職に就いては,公を第1とし,そろって実事求是の態度で事にあたり.才能ある者をどんどん登用し,粉飾や欺瞞に頼らない。確かに欠点はあるが.それだけでむやみに批判できない。最近,日本では官吏の選抜には必ず試験を受けさせ,その実力を試し,実務にあたらせ試用してから.正式に官吏とする。刑をつかさどる官吏は,法律を熟知していなければ,裁判官になれない。

 

だから下級官吏は慎重にやるのだ。中国の科挙試験が論文,詩賦で人材を選び.官を授けているのと比較すると.日本の方が一段とすぐれている。たとえば,遊歴のしかた1つとっても明らかだ。私は以前にも指摘したが,20年前に日本の派遣した文武の官吏が赴いた

が.その中で中国に来た者も後を絶たず実情を謝査し,情勢を偵察している。

 

 

困難や危険をいとわず.避地でも必ずその足跡が残されている。わが国が,今日本のようにやっても,時すでに遅しというが,中国には必ずそれをやりきる力があるのだ。外国の情勢を詳しく探り.友誼を固め,事に先んじて友好を結び.準備を整えておくことは,国家にとって利益のないことではない。

日本人の遊歴者には,政府が派遣してくる者と.志願してくる者がいる。たとえば,曽根俊虎は政府の命で来た者であり,北条鴎所は兵役を逃れるため留学を申し込んで,中国に来た者だ。この人たちは,それぞれが任を果たし,見聞したことを逐一国に報告している。このことを見るに日本人の勇んで公務に邁進するところは,他の国の中でもいちばんであることがわかる。外国人に対して,誇らしげにうぬぼれた態度をとるのも無理はない。なぜわれわれ中国人は日本の長所に学ばず.その欠点を反面教師としないのだろうか。国土が狭く,人口も物資も乏しいなどと言って,日本を軽く見ることはもってのほかだ。

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(66)『日本のメルトダウン』★☆『日本の原発依存症を生む補助金中毒文化』②―『ニューヨーク・タイムズ』(5月30日)

速報(66)『日本のメルトダウン』★☆『日本の原発依存症を生む補助金中毒文化』② …

no image
日本敗戦史(42)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<ガラパゴス日本『死に至る病』①

日本敗戦史(42) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕— <ガラ …

no image
知的巨人の百歳学(135)ー昭和天皇(88歳)-『皇太子時代のヨーロッパ青春の旅で、広く世界に目を開き、人格・思想形成の原点となり帝王学の基礎となった。』

  昭和天皇は皇太子時代のヨーロッパ訪問で、広く世界に目を開き、人格・ …

no image
クイズ『坂の上の雲』ーベルツの『日本・中国・韓国』五百年の三国志①<日露戦争はなぜ起こったのか>

クイズ『坂の上の雲』   アジアの観察者・ベルツの『日中韓』三国志の5 …

no image
速報(290)◎『野田首相よ「第3の開国せず」でいいのか』『太陽光買取42円は高過ぎる』●『恐ろしいほど「日本化」したユーロ圏』

速報(290)『日本のメルトダウン』 ◎『野田首相よ、「第3の開国せず」でいいの …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(72)★『原発と国家』―封印された核の真実⑨(1970~74) 近未来開く「万博怪獣エキストラ」(上)

片野勧の衝撃レポート(72) ★『原発と国家』―封印された核の真実⑨(1970~ …

no image
日本リーダーパワー史(358)『憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は一体誰なのか⑤』 マッカーサーか幣原喜重郎か?

日本リーダーパワー史(358)             <『わずか1週 …

no image
日本リーダーパワー史(811)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉖『「 戦争は避けることばかりを考えていてはますます不利になる」(マッキャベリ)』★『田村参謀次長は『このような微弱な戦力をもってロシア陸軍に起ち向かうことは無謀にひとしく、確固たる自信は持てない』と明言した』

 日本リーダーパワー史(811)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」し …

no image
日本リーダーパワー史(927)北清事変(義和団の乱)で見せた日本軍のモラルの高さ、柴五郎の活躍が 『日英同盟』締結のきっかけになった』★『柴五郎小伝(続対支回顧録、1941年刊)』

増補版/ 日本リーダーパワー史(775) 北清事変(義和団の乱)で見せ …

no image
記事再録/歴代最高の経済人とは誰か①ー『欲望資本主義を超克し、21世紀の公益経済学を先取りしたメッセの巨人』三井、三菱、その他の実業家より偉大な財界人・ 社会貢献の偉大な父・大原孫三郎から学ぶ③

歴代最高の経済人は誰か①ー『欲望資本主義を超克し、21世紀の公益経済学を先取りし …