前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『最強の日本人伝説』画聖・雪舟誕生の地(パワースポット)「宝福寺」(岡山県総社市)を訪ねる。錦秋に染まる秋の参拝が最高!

      2015/01/01

 


 

★『最強の日本人伝説』―画聖・雪舟の誕生の地

(パワースポット)「宝福寺」(岡山県総社市)を訪ねる。

雪舟は中国(明時代)に2年間留学し、山水画を学び、

日本流水墨画を完成した<画聖><日中友好の

先駆者>である。

前坂俊之(ジャーナリスト)

この92日に、郷里の岡山に帰省した際、岡山駅から電車(総社線)で40分ほどのところある「雪舟ゆかりの宝福寺」(総社市)を訪ねた。米どころ岡山・吉備路の豊かな田園風景のなかにポツンとある古刹で、室町時代という創建の山門、本殿、伽藍、2重の塔もそのまま残る大寺である。訪づれる人もすくなく、盛夏のセミ時雨の下で、約800年前の雪舟修行当時の面影も伝えるそのたたずまいに心打たれた。

秋には境内のモミジが鮮やかに染まりライトアップされるという。是非、そのころにもう一度訪ねたい古刹である。

Wikiによると、雪舟(せっしゅう:14201506)は岡山備中(現在の総社市)に生まれた後。京都の相国寺に修業した後、応仁2年(1468)遣明船に同乗して中国明にわたり、「李在」より中国の画法を学び、おおよそ2年間、本格的に水墨画の勉強をしたという。天童山景徳禅寺では「四明天童山第一座」の称号を得る。(以後、雪舟の作品の署名には度々この称号を書き入れている)更に北京に赴き、政府の建物に壁画を書いて、大いに評判になったという

現存する作品の大部分は中国風の水墨 山水画である。宋や元の古典や明代の浙派の画風を吸収しつつ、各地を旅して写生に努め、中国画の直模から脱した日本独自の水墨画風を確立。後の日本画壇へ与えた影響は大きい。「風景こそ最大の師」と悟り

文明元年(1469)に帰国するが、その帰路の際に、揚子江を下りつつ貪欲に各地の風景を写生した。雪舟の書いた風景画の景観は、現在、中国の各地に今も残っている、といわれる。

雪舟

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E8%88%9F

 

涙でネズミの絵を描いた雪舟少年時代のエピソード

http://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/kaiga/55sesshu.html

 

雪舟(せっしゅう:14201506)「室町時代に活躍した有名な水墨画家」。

岡山県総社市の宝福(ほうふく)寺という禅宗の寺。禅僧になるため、幼くしてこの寺に入った少年・雪舟は、禅の修行はせず好きな絵ばかり描いていた。腹を立てた住職は、ある朝、少年を本堂の柱に縛った。夕方になって、本堂を覗いてみると雪舟の足もとで一匹の大きな鼠が動き回っている。住職は追い払おうとしましたが、鼠はいっこうに動く気配はない。鼠は生きた鼠ではなく、少年がこぼした涙を足の親指につけ、床に描いたものだった。鼠がまるで本物のように生き生きととらえられて雪舟少年の画才に驚いた住職はその後は絵を描くのを止めなかったといわれる。

これはあくまで伝説だが、江戸時代初めに、狩野永納の著『本朝画史』に登場して、有名となり、戦前の国語の教科書にも登場して、雪舟は日本一の画家とうたわれることになった、という。

 

 

 

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『Midsummer in KAMAKURA SEA』=<夏本番、Best Season of Zaimokuza Beach-カヌーフィッシングは大漁じゃ>

『Midsummer in KAMAKURA SEA』=<夏本番、Best Se …

no image
<鎌倉古寺巡礼>『竹庭、石庭が有名で「竹の寺」の報国寺はスパイシー・スペースじゃ☆4』

<鎌倉古寺巡礼>   『竹庭、石庭が有名で「竹の寺」の報国寺は癒しスペ …

94070974054a5f1c6636dc8.44492353133891856
長寿学入門(216)<松原泰道老師!百歳>『 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密を尋ねると、佐藤一斎の『言志晩録』に「見える限り、聞こえる限り、学問を排してはならない、とある。私も、いまや、目も見えない、耳も聞こえませんが、読み、書く、話すことは生涯続けたいと思います」と語る。合掌!

松原泰道老師百歳 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密は・ …

no image
「プラゴミ問題」(プラスチックスープの海)ー今すぐにでも取り組まなければ「海洋国家日本」「魚食民族日本人」の明日はないと危惧する 

  「プラゴミ問題」(日本海はプラスチックスープの海)         …

ダウンロード
『百歳学入門』(222)佐藤一斎(86歳)の『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

『百歳学入門』(222) 「学びつづけること」が心も身体も健康にする。  「学ぶ …

no image
TADAKENの「世界なんでも見てやろう」(1)<6/18~6/21、初夏の上海市内をぶらぶら散歩>

 TADAKENの「世界なんでも見てやろう」(1) <6/18~6/2 …

no image
鎌倉シーパワースポット・サーフィン百選>『朝は古寺で蓮の花を眺めて修行、午後はサーフィン・海水浴で鍛錬せよ』

<鎌倉シーパワースポット・サーフィン百選!>   『鎌倉の魅力は海と山 …

no image
速報(174)『日本のメルトダウン』『「全く政府の体をなしていない」食品内部被曝、ヨウ素剤配布、遮水壁、東海第2水漏れ事故』

速報(174)『日本のメルトダウン』   『「全く政府の体をなしていな …

no image
『美しい葉山』スペシャル!葉山『春の海』をシ―カヤックで散歩・三戸浜でワンちゃんカヌーと遭遇、こんな海遊びが理想だね

<『美しい葉山』スペシャル!>   葉山『春の海』をシ―カヤックで散歩 …

no image
<春近しー湘南ぶらぶら寒中散歩>『鎌倉・逗子・葉山の海岸を散歩してサンセットパラダイスを楽しむ』

<春近しー湘南ぶらぶら寒中散歩> 『鎌倉・逗子・葉山の海岸を散歩してサンセットパ …