前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(61)徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑫暗中模索の対支(中国)政策の大失敗

      2015/04/23

 

終戦70年・日本敗戦史(61)

A級戦犯指定のが語る『なぜ日本は敗れたのか』⑫

      「蒋介石を相手とせず」の近衛声明を発した対支(中国)

政策は、一から百までくたびれ儲けとなり、それに外交権

を奪った陸軍部内の暗闘が 一層輪をかけて外交失策を続けた

 

暗中模索の対支(中国)政策     
              

日本の対支(中国)政策なるものは、もし政策という言葉を用いる事が出来れば、全く暗中模索であった。座頭の撃剣といえば、双方共に座頭であらねばならぬが、日本と支那(中国)との外交の太刀打ちは、日本が座頭で、支那は立派な人間並の眼を具えていた。これではとても、こちらに都合のよい駈け引は、出来るべきはずもなかった。

支那人は日本そのものについて、正しき了解を得ていたばかりでなく、時々刻々変化の情勢を手に取る如く、これを偵察した。しかるに日本では、全く暗中模索である。もちろん日本も相当の外交工作には、代価を払った。しかしその代価は、ほとんど皆な、支那人の策士のために奪い取られて、彼等の口腹をこやすに過ぎなかった。タダで与えて取る所がないばかりでなく、与えれば与える程、いよいよ我れの損が、大きくなって来たばかりである。

前にも言う通り、相手は蒋介石のほかはない。これは日本ばかりでなく、世界列国はみな蒋介石を相手として来た。しかるにその日本が、「蒋介石を相手とせず」というような、近衛声明を発して、その代りに王兆銘を引っ張り出した。

いまさら死んだ王兆銘の悪口を言う事は、面白くないが、しかし彼は、日本で言えば、尾崎行雄とでも言うべき男で、口だけは一通り以上であるが、仕事にかけては、何一つ出来た事はない。彼を中心人物として、支那を経営するなどという事は、飛んでもなき見当違いであった。それにも関わらず、日本では、王兆銘を賭け馬として、それに資本を注ぎ込んだ。注ぎ込んだといっても、あたかも河の中に水を棄てるが如く、何程の効用もなかった。

しかし蒋介石なら蒋介石で、王兆銘なら王兆銘で、せめて何れにか、方針を決めてやれば、まだしもであったが、口上では蒋介石を相手とせずと言いつつも、最後まで蒋介石に未練を残し、その方面に向っても、最後までかれこれ工作をして、また試みた事は、小磯内閣の時、膠斌をわざわざ日本まで呼び寄せ、それやこれやと、工作の下評議をした事を見ても判かる。

およそ裏面工作には、抜目のなき支那人の事であるから、王兆銘の政府、即ち南京政府でも、表面では南京政府を擁立しっつ、裏面では重慶工作をしていた事は、百も承知の事で、彼等とても、真面目に日本と協力して、いわゆる東亜共栄圏の一部として進む役目を、果そうする事は、もとより夢でもありえないことで、のらりくらりとただ日本から、出来得る限り搾取しよって、それで私腹を肥やすに過ぎなかった事は、今さらそれを指摘するまでもない事だ。

彼等は、最後に至っては、重慶政府に向って、我等と重慶政府とは、目的においては同一である、ただ我等は和平抗日であり、重慶政府は武力抗日であった。和平武力は手段であって、目的の抗日には、共に何等の相異はなかったと弁解した。この弁解は、重慶政府では聴き容れられず、彼等はそれぞれ処分を受けたが、しかしこれは決して、彼等の申訳ではなくして、胸中を打ち割って見れば、それが本音であったかも知れぬ。何れにしても日本は、アブも取らず、蜂も取らず、対支(中国)政策では、一から十まで、十から百まで、ただ御苦労損の、くたびれ儲けという諺の通りであった。

外交なるものが、陸軍のために横取りされて、殆ど存在価値を失っていた事は、陸軍の横暴のためか、外務当局者の無気、無力、無芸、無能であったためか。もし陸奥宗光や小村寿太郎が、外務の当局であったならば、これ程のバカは見なかったであろうと思うが、翻って霞ヶ関より、外交を奪い去ったわが陸軍は、一定の方針でやったかというと、陸軍部内でも、それぞれの手筋があって、一方が売り方と出れば、他方では買方とまわり、陸軍部内の暗闘で折角一方が工作をやれば、他方ではたちまちこれを打ち毀すというような事で、そのために得をしたのは、蒋介石であり、そのために損をしたのは、我が国家と国民であった。

私はかつて日本国民史を編纂の際には、太閤秀吉の朝鮮の役に、最も力を効し、その外交の散漫放縦にして、第一、敵情偵察について、大なる欠陥があるばかりでなく、外交の手筋も、小西〔行長〕の手筋とか、加藤清正の手筋とか、銘々勝手の外交をなし、遂に折角の大勝利をして、惨めなる最後に終らしめたる事を詳かにし、事実に拠てこれを記し、如何なる戦争の勝利も、外交上の失策は、これを全く水泡に帰してしまう事を示していたが、今度の支那事変(日中戦争)より大東亜戦争の外交に至っては、さらにその失策が、壬辰の役に比べれば、同様であって、その程度は、全く桁外れであり、幾十倍幾百倍という事が、数え切れない程になった事を、親しくこれを目撃し、後日の規箴(紀信=いましめの意味)として、ここに1言しておく。

(昭和22年1月24日午前、晩晴草堂にて)

 

 

 - 戦争報道 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(146)「戦陣訓」と戦時国際法違反(ジュネーブ条約)のダブルミスで大量集団自決と捕虜虐殺

終戦70年・日本敗戦史(146) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊱』/『開戦2週間前の『申報』の報道ー『『東三省(満州)を放棄し.境界線を設けて中立とするは良策にあらざるを諭す』

 『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊱』/『開戦2 …

no image
<イラク戦争とメディア> 『グローバルメディアとしてのアラブ衛星放送の影響』―アルジャジーラを中心に(下)ー

静岡県立大学国際関係学部紀要「国際関係・比較文化研究第2巻第2号」〈2004年3 …

no image
日本リーダーパワー史(847)ー『安倍首相は25日午後に衆院解散の記者会見して、理由を表明する』★『明治150年で朝鮮半島有事と日清、日露戦争、今回の米朝開戦か?と衆議院冒頭解散の歴史的な因果関係を考える』①

日本リーダーパワー史(847) 安倍晋三首相は25日午後に、衆院解散に関して記者 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(49)記事再録/『明治天皇のリーダーシップ』(2) 大津事件で対ロシアとの重大危機・国難(日露戦争)を未然に防いだ 明治天皇のスピーディーな決断、実行力に学ぶ(下)

    2011/10/05 /日本リーダーパワー …

no image
『世界サッカー戦国史』③『15世紀から20世紀にかけて世界中の国々がヨーロッパ列強の植民地のなり、そこでハイブリット化したサッカーが誕生した』★『ブラジルはポルトガル領に、アルゼンチンはスペイン領』

『世界サッカー戦国史』③   この連載のタイトル通り「サッカーと戦争」 …

no image
日本最強の参謀は誰か-「杉山茂丸」の研究③伊藤博文の政友会創設にポンと大金をだし、金融王・モルガンを煙に巻く

 日本リーダーパワー史(477)     …

no image
 日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉑『第一回日露交渉(小村、ローゼン交渉)は両国の満州への「パーセプション(認識)ギャップ」が大きく物別れに終わる、日露開戦4ゕ月前)  

   日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦 …

★<新刊予告>前坂俊之著『世界史を変えた「明治の奇跡」』(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦~)海竜社(2200円(+税)、8月上旬刊行)★『 明治維新150年特別企画 張り巡らされるスパイ網、発揮された智謀。日清・日露戦争大勝利の背景には、川上操六の指導力があった!』

新刊予告『世界史を変えた「明治の奇跡」』   ~インテリジェンスの父・川上操六の …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>「6/8付『エルサレム・ポスト紙(6/8)のキャロライン・グリック女史副編集長の”カタール紛争を 取り巻く諸情勢”に関する分析記事は目からウロコ』★『現カタール首長に反旗を翻すどの様な動きも、イランとの開戦の公算を強める。 』●『エジプトとサウジアラビアがカタールを攻撃するならば、NATO同盟国のトルコとアラブの同盟国が戦争状態になる危険が増幅する』

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>   。『Qat …