前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(195)●『欧州の金融機関31行が資金不足』『チェルノブイリ事故の小児ガンについて』『石橋克彦の記者会見』

      2015/01/01

速報(195)『日本のメルトダウン』
 
●『欧州の金融機関31行が資金不足、資本増強
に11兆8000億円必要
「チェルノブイリ事故の小児に対する長期経過の
解析のロシア研究者の記者会見
石橋克彦・神戸大学名誉教授(地震学)の記者
会見―巨大地震について
 
前坂俊之(ジャーナリスト)

 ●『欧州の金融機関31行が資金不足、資本増強に118000億円必要』(日経)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381949EE2EBE2E2E3
8DE2EBE3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

F国際ビジネスマンのコメント
「欧州主要銀行の半分近くが資本注入の対象という報告です。纏まった公表は初めてではないでしょうか。実際には恐らく過半数以上が対象ではないでしょうか?EUの景気は急速に悪化しており、民間の不良債権の増加と共に、更に増えて行く訳です。
 並行してEU各国の税収が減少する、国債の利率が高止まりするという、負のサイクルが結構加速するのでは、と思います。注入は、小出しでは効果が持続しません。独、仏、が国益を犠牲に、EU益中心でどこまで譲歩するかに掛かっています。ガン細胞を120%取り切る思い切った金額が必要です。
 金利の高騰とともに国債発行が難しくなっており、景気の悪化 が銀行の不良債権を増加させているのが現状です。数字の悪化が常に流動的で、マイナスに加速し、根本的な信用回復には数年を要すると思います。
 各種財政支出の徹底した抑制の結果、政治情勢の混乱、失業率の一層の悪化など、ヨーロッパは様変わりの混乱に拍車が掛かります。」
 
 
 
●『ECBが25bp利下げ、国債購入拡大・IMF融資案には否定的』
ロイター
2011 12 9 07:16 JST
 
 
 
 
 
●『治療にあたってきたルミャンツェフ教授が記者会見―
「チェルノブイリ事故の小児に対する長期経過の解析』
 

Alexander G Rumyantsev, M.D. Ph.D. Director of Center of Pediatric Hematology, Oncology and Immunology, Russian Federation

ロシアのチェルノブイリ原発事故の子どもへの影響を研究し、治療にあたってきたルミャンツェフ教授が記者会見し「チェルノブイリ事故の小児に対する長期経過の解析」と題して、内部被曝、甲状腺がん、福島原発事故の対策などについて語った。

チェルノブイリ事故による小児甲状腺がんの特徴や発生率、チェルノブイリ・シンドローム、内部被曝などの点について分析した。さらに福島原発事故とチェルノブイリを比較した。放射線由来の疾患の危険性が高いグループとして、胎児期に被曝した子ども、汚染地域から避難した子ども、除染作業員の子どもをあげ、放射線と病気との関係を解明するよう国際的な協力をよびかけた。放射能汚染の危険性を心配する人々に向けて、国の解決策を待つのではなく予防のプログラムがあると指摘し、汚染された土壌の管理・除染、手洗いや野菜・果物の洗浄、ビタミン摂取など毎日続けるべき方法を列挙した。低レベル放射線の人体への影響はわからず、精神的なストレスを受ける人も多いため、専門家を組織して対策を検討する重要性を強調した。

司会 日本記者クラブ専務理事 中井良則
通訳 稲本智佳子

使用した資料
http://www.jnpc.or.jp/files/2011/11/42327d7729936868de72836320c4a0be.pdf日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2011/11/r00023608/

●「石橋克彦・神戸大学名誉教授(地震学)の記者会見―巨大地震について」
シリーズ企画「3.11大震災」

司会 日本記者クラブ企画委員 瀬口晴義(東京新聞)

石橋克彦氏のブログ
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/2011touhoku.html

日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2011/11/r00023552/

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④『大歌人・斎藤茂吉』 ♡『ウナギ』狂でスタミナ倍増『老らくのラブラブ』 (。・ω・。)ノ♡に恋心を燃やし続けた大歌人・斎藤茂吉(71)』

★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④ 「大歌人・斎藤茂吉」 ♡『ウナギ』狂 …

no image
速報(448)『日本のメルトダウン』●『竹中平蔵「アベノミクスは100%正しい」●『中国バブル崩壊後、大相場がやってくる』

  速報(448)『日本のメルトダウン』   ●『竹中平蔵「 …

no image
速報(310)『日本のメルトダウン』緊急ビデオ座談会ーEU危機・中国失速・世界経済総崩れの中で『日本沈没」は不可避か?

速報(310)『日本のメルトダウン』   緊急ビデオ座談会ーEU危機・ …

no image
速報(331) 『日本のメルトダウン』原発事故・東電のテレビ会議の情報公開拒否に見る『民主主義落第国家』日本の惨状―

速報(331) 『日本のメルトダウン』 福島原発事故・東電のテレビ会議の情報公開 …

no image
速報(348)『日本のメルトダウン』 日本学術会議が「地層処分」見直しを提言●3.11から1年半、何十年単位で傷が残る」小出裕章(MBS)

速報(348)『日本のメルトダウン』      & …

no image
日本近代史の虚実「山県有朋の外交音痴と明石元二郎伝説➀」ー「安倍/プーチン/ロシア外交と100年前の山県外交との比較インテリジェンス」★『戦争に備える平和国家スウェーデンのインテリジェンス』

  「日本の政治を牛耳った山県有朋の外交音痴と明石元二郎伝説」     …

『リーダーシップの日本近現代史』(296)日本興亡学入門⑩1991年の記事再録★『百年以上前に<企業利益>よりも<社会貢献>する企業をめざせ、と唱えた公益資本主義の先駆者』ー渋沢栄一(日本資本主義の父)、大原孫三郎(クラレ創業者)、伊庭貞剛(住友財閥中興の祖)の公益資本主義の先駆者に学ぶ』

    2019/01/09日本興亡学入門⑩記事再 …

no image
『百歳学入門』(211)-『日本の人口の高齢化率(65歳以上)は27.3%』★『2065年には約2.6人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上』★『2015年では高齢者1人に現役世代2.3人が支え、2065年には1.3人となるが、社会機能はマヒする』

『百歳学入門』(211)- 『2018年高齢社会白書』によると、 ➀日本の総人口 …

no image
知的巨人の百歳学(128)ー大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治健康法とは①<長寿の秘訣は人を食うこと>『「いさざよく、負けつぷりをよくせよ」を心に刻み「戦争で負けて、外交で勝った歴史はある」と外交力に全力を挙げた。』

2013/11/04  記事再録/百歳学入門(83) 大宰相・吉田茂( …

no image
日露300年戦争(4)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『ロシア皇帝・アレクサンドル一世の国書を持って、通商を求めてきた第2次遣日使節・ラスクマンに対しての幕府の冷淡な拒絶が報復攻撃に発展した』

   1783年(天明3)、日本の船頭・大黒屋光太夫https://ja.wik