前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(134)』『独 VWの排ガスデータ捏造事件ー「ポルシェ一族の長年の支配構造がこの超大企業を真にグローバル化できず、不完全なガバナンスのままでいた」

      2015/09/28

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(134)』

『独 フォルクスワーゲン の排ガスデータ捏造問題ー

『今回の事件は、ポルシェ一族の長年の支配構造が、

VWという超大企業が真にグローバル化できず、不完全な

ガバナンスのままでいることを示します。

 

VW、オーナー一族と主導権争いか 急いだ体制刷新

http://digital.asahi.com/sp/articles/ASH9V5DLFH9VULFA00H.html

 

<F氏のコメント>

この朝日記者は、ロンドンに居ながら日頃、独の代表企業VWの勉強もしていませんし、今回の違法ソフトのメカニズムも分かっていない様に思います。

ご承知の様に、VWはヒットラーが国民車を作る様指示したポルシェがスタートです。
有為転変、現代になりVWとポルシェは合併しますが、ポルシェ一族に議決権株式の過半を握られています。

ここに、図体だけは大きいのですが企業統治の前近代性を生む大きな原因があります。事あるごとに田舎者の村長が、特に役員人事で口を出します。

今回の事件は、ポルシェ一族の長年の支配構造が、VWという超大企業が真にグローバル化できず、不完全なガバナンスのままでいることを示します。唯我独尊のドイツ人気質という欠点が露呈しています。例えば、ディーゼルエンジンのスタンダードはドイツにある、とVWとポルシェのトップは信じていると思いますよ

VWの今回の新CEOに、相変わらずポルシェのCEOが就任している。これではVWの大改革は出来ないな、と皆心配している訳です。

要するに、この記者は本件については、取材に汗を流していない。世界の自動車排ガス環境技術の修羅場の勉強もしていません。
各媒体を渉猟して、ただ拾って書いているだけです。本当に困ったものです。

VWの役員人事で、過去VWのCEOとポルシェの大株主との争いは枚挙に暇がありません。

ポルシェ一族所有の議決権付きVW株を放出させるにはメルケルでも難しいのでは?

独フォルクスワーゲンの排ガス不正-「ごまかし」はこうして暴かれた

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NV6OMU6K50YC01.html

欧州では「ごまかす」必要すらない、排ガス検査のための小細工は合法

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NV6QZY6K50XX01.html

 

車の排ガス試験で「抜け穴」要求、独仏英がロビー活動か 文書流出

http://www.afpbb.com/articles/-/3061227

VW「違法のおそれ 4年前に社内で指摘」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150927/k10010249741000.html

VW不正、ドイツで警告が無視された背景 政府と業界が癒着か

http://jp.wsj.com/articles/SB12598418299951774152004581257760919943914

独VW新CEOにミュラー氏、「信頼回復に尽力」

http://jp.reuters.com/article/2015/09/25/volkswagen-emissions-ceo-idJPKCN0RP25G20150925

 

VW、ディーゼル車不正の激震 
王者転落でエコカー勢力図はどう変わる?

http://diamond.jp/articles/-/78907?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

★「英国のEU離脱の背景、歴史の深層を読む』「英国のEU離脱へのドイツ、フランスなどの対応』(ジャーナリスト・ディープ緊急座談会)動画80分

  「英国のEU離脱の背景、歴史の深層を読む』① 「英国のEU離脱の背 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(270)★『佐藤一斎(86歳)いわく『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

  2018/04/11 『百歳学入門』(222) …

日本リーダーパワー史(556) 「日露インテリジェンス戦争の主役」福島安正中佐⑥単騎シベリア横断、日露情報戦争の日本のモルトケ」とポーランドは絶賛

 日本リーダーパワー史(556)  「日露インテリジェンス戦争の主役」福島安正中 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊸★『日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、すぐ渡米し、 ルーズベルト大統領を味方につける工作を命じた。』★『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の世界最強のインテジェンス(intelligence )』

日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、す …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(24)南シナ海、尖閣諸島の紛争は戦争に発展するか。『中国の夢』(中華思想)対『国際法秩序』 (欧米思想)との衝突の行方は!(下) 2049年に『中国の夢』が実現したならば、正しく『世界の悪夢』となるであろう。

    日中北朝鮮150年戦争史(24) 南シナ海、尖閣諸島での紛争は …

no image
日本リーダーパワー史(860)ー記事再録『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー 福沢諭吉の教えー『英才教育は必要なし』(上)

記事再録『日本リーダーパワー史』(335)2012年10月22日 『リーダーをど …

no image
日本リーダーパワー史(305)『日韓外交衝突の歴史を検証する② ーアジアの観察者・ベルツの『日中韓』の500年史

  日本リーダーパワー史(305)   『日韓外交衝突の歴史 …

『ウクライナ戦争に見る ロシアの恫喝・陰謀外交の研究⑦』★日露300年戦争(3)★『『露寇(ろこう)事件とは何か』―『教科書では明治維新(1868年)の発端をペリーの黒船来航から書き起こしている。 しかし、ロシアの方がアメリカよりも100年も前から、日本に通商・開国を求めてやってきた』

  2017/11/16日露300年戦争(3) 『元寇の役』 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(190)記事再録/『忘れられたユーモアある哲人政治家・田淵豊吉―太平洋戦争中に東條英機首相を批判した反骨でならし『世間では仙人と呼んでいるが、わしはカスミの代りに飯を食い酒も飲む、だから半仙人とでもしておこうか、と大笑い』

  2010年9月7日日本リーダーパワー史(92)記事再録 &nbsp …

no image
梶原英之の政治一刀両断(3)『原発国策の果ての歴史に残る大惨事–まず「国策」の座から引きずり下ろして脱原発に進むしかない』

梶原英之の政治一刀両断(3)   『原発国策の果ての歴史に残る大惨事- …