前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊹★『明石謀略戦((Akashi Intelligence )の概略と背景』★『ロシアは面積世界一の大国なので、遠く離れた戦場の満洲、シベリアなど極東のロシア領の一部を占領されても、痛くも痺くもない。ロシアの心臓部のヨーロッパロシアを突いて国内を撹乱、内乱、暴動、革命を誘発する両面作戦を展開せよ。これが明石工作』

      2017/07/27

 『明治裏面史』 ★

『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,

リスク管理 ,インテリジェンス㊹★

 明石謀略戦(明石工作)の概略と背景

516ex0ZDQ1L._UY250_

 日露戦争は、近代日本が国の存亡をかけた絶体絶命の一戦だった。

 ロシアとの国力差(面積60倍、国家歳入8倍、陸軍総兵力12倍、海軍総トン数27倍)は、太平洋戦争開戦時の日米差よりはるかに大きい。約260年の鎖国を解いて世界デビューしたばかりのアジア極東の島国・日本の存在など、世界はほとんど知らなかった。

その新興貧乏小国がいきなり超大国ロシアに戦いを挑んだのだから世界は驚惜し、がぜん注目した。「巨大シロクマ」に挑む「イエローモンキー」に勝ち目はあるのか。かつて大津事件で顔を斬られたロシアのニコライ皇帝は、「あの子猿が朕に戦争を仕掛けるなど想像もできない。帽子の一振りでかたづける」と一笑にふした。

開戦八カ月前に敵前視察に日本を訪れたクロバトキン大将も「日本兵3人にロシア兵2人で間に合う。戦争ではなく、これは軍事的散歩みたいなもの」と問題にしていなかった。

 ヨーロッパ各国も、ナポレオンまで破った最強のロシア軍に日本はすぐやられてしまうだろう、と思っていた。大人対子供、白色人種対黄色人種の戦争、ヨーロッパ列強対アジアの小国の戦争であり、過去三百年負け続けていた有色人種の国がまさかロシナ相手に開戦するなどとは、誰も予想していなかった。

 ァルゼンチンから日本に譲渡された装甲巡洋艦「日進」で日本海海戦を観戦したアルゼンチン海軍武官マヌエル・ドメック・ガルシアは、ロシア側の油断と、日本の参謀本部の周到な準備を次のように高く評価した。

「戦争が起こる数週間前、少数の心あるロシア政治家が、日本との衝突の危機が最高潮に達したと判断し、回避の方策をとるよう政府に要請した。しかし、政府高官は『何も恐れることはない。日本との戦争などは起こるはずがない』と返答した。その理由は、『ロシアが戦争を望んでいないから……』というものであった。ロシアは、日本人を軽蔑しており、日本のような小国がまさかロシアに立ち向かうはずはないと過小評価していた」

「戦争準備の成否が国の命運にかかわることを、日本の国防の指導者たちは、よく認識していた。海軍、陸軍を問わず、参謀本部は数多くの人員を使って敵のあらゆる分野の資料を収集することに専念させた。有能な士官がヨーロッパで評価の高かった海軍や陸軍を研究するために外国に派遣された。日本がロシアに対する諜報組織を設けたのは開戦五年前であった。参謀本部が組織した秘密情報機関であり、それは極めて優秀かつ洗練された調査機関でもあった。

 ここにはロシア軍人と親しくなった優秀な日本人諜報員が入手した貴重な数々の情報や、ロシア軍人の生活の詳細までが報告された。

日本の軍事諜報活動は、それを遂行する者にとっても不名誉ではなかった。その活動によって戦争を勝利に導き、国の将来がかかっている極めて名誉ある任務とざれていた」

(以上はマヌエル・ドメック・ガルシア著、津島勝二訳『日本海海戦から100年 アルゼンチン海軍観戦武官の証言』鷹書房弓プレス 2005年刊)

 

 明治三十七年(一九〇四)二月四日、日露開戦を決定した御前会議が開かれた。

明治天皇は十日はど前から、苦悩のあまりに食事ものどを通らず、眠れぬ日が続き、前夜も一睡もしなかった。 

伊藤、山県、松方正義、井上馨、大山巌と、政府から桂太郎首相、山本権兵衛海相、寺内正毅陸相、小村外相、曾禰荒助蔵相が集まり、午後一時四十分から開かれた御前会議は夕刻まで続き、開戦が決定した。

 伊藤枢密院議長は御前会議を終えて帰ると、すぐ自邸に腹心の金子堅太郎(元農商務大臣)を呼んで、アメリカ行きを命じた。金子は米国ハーバード大学の出身で、ルーズヴエルト大統領とは同窓生で、多くの友人がアメリカにいた。

伊藤は、金子のルーズヴエルトコネクション、ハーバード人脈を使って、世論工作とルーズヴエルトの早期の和平斡旋を計画した。また、ヨーロッパにも女婿の末松謙澄 (前内務大臣) を派遣して、世論工作にあたらせた。

これが「金子工作」といわれるもので、伊藤博文の卓越した外交インテリジェンスが示されていた。『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊷★『日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、すぐ渡米し、ルーズベルト大統領を味方につける工作を命じた。』★『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー金子堅太郎の世界最強のインテジェンス(intelligence )』http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/25910.html

 

 三国干渉の 「臥薪嘗胆」 から、一剣を磨いて十年。川上の対麗戦の国家戦略プランは実行段階にステージアップした。

 

児玉総参謀長は連日、参謀本部に泊まりこみで作戦を練った。

➀長期戦になると勝ち目はないので先手必勝、短期決戦でいく。六対四くらいの勝負で、早期に講和に持ち込む。

 ②ロシアは面積世界一の大国なので、遠く離れた戦場の満洲、シベリアなど極東のロシア領土の一部を占領されても、痛くも痺くもない。ロシアの心臓部のヨーロッパロシアで、国内に火をつけて内部撹乱、反乱を起こして、両面作戦を展開する。これが明石工作である。

 ③シベリア鉄道を破壊して軍事輸送の大動脈をストップさせるため、馬賊を糾合したゲリラ部隊「満洲義軍」を組織、攻撃する。

 ④日英軍事協商によって、世界一の英国の情報機関、情報網からあらゆる対露情報を収集して役立てていく。

 こうした情報戦略を実行に移したが、明石工作はなかでも最も重要な諜報謀略活動であった。

 ここから明石大佐のインテリジェンス戦争(諜報謀略戦)がスタートする。

 

≪以上は前坂俊之『日露インテリジェンス戦争を制した天才情報参謀・明石元二郎大佐』

(新人物往来社、2011年)を参考にした>

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(77)★原発と国家【封印された核の真実】(1981~84)⑬■官房副長官として7人の首相に仕えた 石原信雄氏の証言(下)

片野勧の衝撃レポート(77) ★原発と国家―【封印された核の真実】⑬ (1981 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』- 『ドイツ、ロシア、フランス、イギリスらの清国侵略に民衆が立ち上がった義和団事件が勃発』★『清国侵略の西欧列強(英国、ドイツ、フランス、ロシアら)の北京公使館は孤立し、敗北の危機に陥り、日本に大部隊の出兵を再三、要請した。日本側は三国干渉の苦い教訓からなかなか出兵に応じず・』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』- 7月6日、日本政府は「 …

no image
『バガボンド』ー永井荷風のシングルライフの最期 ④乞食小屋同然の自宅タタミの上で孤独死しているのを発見(81歳)

  『バガボンド』(放浪者、漂泊者、さすらい人)ー永井荷風のシングルラ …

no image
速報(170)『日本のメルトダウン』☆『政官財の楽観的ムードが一番怖い、危機は50年続く―田坂広志前内閣官房参与の会見』

速報(170)『日本のメルトダウン』   ☆『政官財の楽観的ムードが一 …

no image
日本リーダーパワー史(130) 『自滅国家日本の悲劇』ー迫り来る国家破産と太平洋戦争敗戦の類似性②

『自滅国家日本の悲劇』ー迫り来る国家破産と太平洋戦争敗戦の類似性② ジャック・ア …

no image
世界が尊敬した日本人(87)究極の個人サービス「クロネコヤマト」宅急便を創設 した小倉昌男(80) 

 世界が尊敬した日本人(87)      究極の個人サービス …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑦「中国側が属国視した琉球(沖縄)処分をめぐる対立がすべての発端」

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプションギャ …

no image
日本リーダーパワー史(365)<まとめ吉田茂について>戦後日本政治の基礎・自民党をつくった大宰相の功罪

 日本リーダーパワー史(365)   <まとめ・吉田茂につい …

no image
日本リーダーパワー史(423)『日中韓150年対立史⑨「ニューヨーク・タイムズ」は中国が 侵略という「台湾出兵」をどう報道したか②

 日本リーダーパワー史(423)   ―『各国新聞からみた東 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(84)』 横須賀軍港巡り-南極船「しらせ」、イージス艦。潜水艦などズラリ(9/18)

       『F国 …