前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑯』『最新映画が描く米国対イスラム世界小史』『原発新設からすべての英国企業が撤退』

   

 
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑯』
 
◎『最新映画が描く米国対イスラム世界小史―
今年のアカデミー賞候補作は』
原発新設からすべての英国企業が撤退』
 
 
◎『最新映画が描く米国対イスラム世界小史
今年のアカデミー賞候補作は歴史的政治的素材が満載
  http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37196
 
<Fさんのコメント>
今年度アカデミー賞候補作の一つ、「ゼロ・ダーク・
サーティ」です。2008年にアカデミー賞を取った
「ハート・ロッカー」(米軍の隠語で棺桶を意味する
由)の監督キャサリン・ビグローの作品です。
 
イラク戦争の米軍爆弾処理班の緊張の極限を描いた前作
同様、CIAと米軍の最前線の生死が無機的に描かれてい
ます。
 
余談ですが、イスラム圏にアメリカ人が住むのは死と
隣り合わせだなと、感じました。
リビアでテロに遭って死んだスティーブンス米国大使
が単騎で街中を歩いていた、狂気の沙汰です。
 
題名は軍事用語で「午前0時30分」を意味するそう
です。最後のビンラディンの隠れ家をヘリコプターで
急襲するシーン、夜間の映像を暗視カメラ(ナイトビ
ジョン)で長時間撮影したシーンはハイテンションで、
例の無いものでは?
 
全て事件関係者からのヒヤリングで、シナリオを構成
し事実の積み重ねで創ったと云っています。
 
小生、驚いたのは1)作戦決定迄 終始ビンラディン
がこのアジトにいるかどうか、全く現認されず、CIA
長官とオバマ大統領がどうしたものか悩み抜いた事、
 
2)ここに100%ビンラディンがいると主張し続け
たのは、CIA女性分析官、主人公のマヤのみで、他の
ベテラン男性分析官で、必ずいると主張した者は一人
も居なかったことです。
 
主人公のマヤが一人で大きな食堂でランチを食べてい
る、そこにCIA長官が来て「君は過去どんな実績を上
げたのか?」と質問し、彼女が「今回が一番の大仕事
で、今迄大した事はしていない」と答えるシーンは、
CIA長官の決断に水を差すもので、大統領以下の決断
が如何に揺れていたか、作戦の実行決定にオバマの苦
衷がいかに大きかったか、が始めて分かりました。
 
高卒の一女性分析官の主張に賭ける、一企業でも一人
の主張に大型の設備投資をヒヤヒヤしながら賭けるこ
とはあります。ビンラディンを追い込むオバマの執念
はこのマヤに体現されていたと云う事でしょうか。
 

◎『原発新設からすべての英国企業が撤退

<Fさんのコメント>
イギリスの市場原理主義?はここまで来ていますね。
電力・ガスを供給するイギリス国内の企業は5グル
ープドイツ系が2社、フランス系が1社、スペイン
系が1社、イギリス系が1社です
これで、イギリスでは、原発新設物件は、フランス
と日本(日立)の2社が関与し、イギリス企業は皆
無となります。(重要インフラが全て外資とは、本
当に大胆な決断です。ホライゾンにおけるドイツ勢
の様に急に撤退したら致命傷になるのですが。日本
では考えられません)
 英国政府は原発の新設を重点に、既存発電設備の老
朽化に備えています。
 市民レベルの反対運動が強くなると、日立もフラン
ス勢も窮地に立たされそうです。

 
●『アベノミクスとプラシーボ(偽薬)効果
 
 
 
◎『安倍政権下で到来するマインド改善の絶好の機会、日本株と日本円は「失われた3年」を取り戻せるか?―高田創・みずほ総合研究所チーフエコノミスト
 
 
●『いまや「日本脱出」がエリートの合言葉に!?
“高度人材大移動の時代”到来の衝撃
 
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(196)『明治天皇のリーダーシップ①』ー大津事件で国難を未然に防いだ決断力(上)

   日本リーダーパワー史(196)   『明治天 …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑦」★『人間、万事金の世の中、金の切れ目が縁の切れ目、これが資本主義のルール』★『米中覇権争いもGAFA、国家、企業、個人の盛衰、格差拡大、階層の二分化もこの原則に従う』

「国難日本史の歴史復習問題」ー 『山座円次郎の外交力』●『山座が「伊藤公を叩き殺 …

no image
日本メルトダウン脱出法(799)「クルーグマン教授からの忠告 「中国だけじゃない。アメリカ経済もまもなく崩壊する。その時、日本は」●「世界一の投資家も警告!波乱の2016年、日本経済はこう激変する 米中独はリスクだらけ!」●「「IoTに取り組むなら社会活動を変える勇気が必要」TRONの父、東大・坂村教授」

   日本メルトダウン脱出法(799) クルーグマン教授からの忠告 「中国だけじ …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑳』◎「地熱発電」の開発を急げ―地熱資源立国にむけた規制緩和を―

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑳』   『最悪のシナリオから考えるー「地 …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか⑥』★『『安倍政権はヨーロッパの中道政権とかわりない』 <仲良くせよ、けんかをするな、悪口をいうな、安全、 安心」一点張りの<ガラパゴスジャパン>主義が日本を潰すのです』

  ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150 …

no image
「国難日本史の歴史復習問題」ー「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑥」◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部の対応』★『決心が一日おくれれば、一日の不利になる』

  「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリー …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録『袁世凱の政治軍事顧問の坂西利八郎(在中国25年)が 「日中親善・衝突・戦争の歴史変転への原因」を語る10回連載』●『万事おおようで、おおざっぱな中国、ロシア人に対して、 日本人は重箱の隅を小さいようじでほじくるような 細かい国民性が嫌われて、対立が戦争に発展したのだ> 現在の日本企業が海外進出する場合の大教訓、警鐘である。

 日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録再録  ――袁世凱の政治 …

no image
日本リーダーパワー史(573)「日中戦争リテラシー 「近衛外交」の失敗は なぜ起きたかー河辺虎四郎少将回想応答録(昭和15年

日本リーダーパワー史(573) 「日中戦争リテラシー」 支那事変(日中戦争)での …

no image
日本リーダーパワー史(606)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』②「ペリー黒船来航情報を無視、無策で徳川幕府崩壊へ②「オランダからの来航予告に対応せず、猜疑心と怯惰のため時間を無駄にすごした」【勝海舟)

  日本リーダーパワー史(606) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』② (開国 …

no image
『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳の思想的大転換➀』-『第1次世界大戦でフランス・連合軍とドイツ軍が対峠,70万人以上の戦死者を出した西部戦線随一の激戦地ベルダンを訪れた』

 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳 &nbs …