前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(418)『長期沈滞からテイクオフしかけたばかりの<アベノミクス>は外交オウンゴールで失速してはならない!」

   

 速報(418)『日本のメルトダウン』


●『対外的には未来志向・戦略的互恵関係を絶えず口にしな
がら、国内的には保守的な歴史回帰に後退する一方の安倍
自民党外交に未来はあるのか。

長期沈滞からせっかくテイクオフしたばかりの<アベノミク
ス>はこの外交オウンゴールで再び失速するリスクが
高まっている』

         前坂俊之(ジャーナリスト)

 

◎『Shinzo Abe must resist dangerous distractions – FT.com


http://www.ft.com/intl/cms/s/0/cc6d09a4-ae76-11e2-bdfd-00144feabdc0.html#axzz2RoNocorh


F国際ビジネスマンのコメント>


 FTの直近の社説で,最近の安倍総理の極右的な言動を憂慮し、最大級の警鐘を鳴らしています。殿, ご乱心召されたか?と言わんばかりです。相変わらず一国を相手に、FTの舌鋒は実に鋭い。

超長期のデフレ脱却のため、日銀の人事と、過去と決別して世界を驚愕させるインフレ政策を発動し,経済大国日本の再生の為に, 三ツ矢作戦を始めたばかりです。世界経済の拡大のためにも日本の復活は望ましいと、総じて好感を持って迎えられている矢先である。

金融政策, 財政投融資政策、民間消費と投資喚起、次世代産業育成政策、など軌道に乗せるには数年を要する難題ばかりである。いずれも日本の外交と国際協力の健全な安定、持続的な信頼を勝ち得なければ成功は覚束ない課題である。

靖国問題に関する中韓を極度に刺激する言動、村山談話や河野談話を反故にせんばかりの配慮を欠いた発言、迷彩服を纏って戦車に乗り、金正恩と間違えられそうな無思慮、主権回復の日の強引な挙行、憲法改正の参院選挙の争点化など、協力を更に必要とする米欧のひんしゅくをものともせずこれを無視している。

安倍総理に内在する強固なナショナリズム、過去の歴史評価の急進的な修正主義が、支持率70%以上をバックに、ここに来て極度に露出しているのは狂気の沙汰としか思えないと言っている。

安倍総理は "危険な錯乱を直ちに止め、当初からの日本経済の再生に集中すべきである" 、さもなければ二兎を追うものは一兎をも得ずということになる、と。

 

 

速報(417)●『安倍外交は粘り腰が必要なところで、オウンゴール。
靖国で中韓と紛争を続けるのは愚の骨頂』

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1934

 

◎「毎日社説:主権回復式典 祝う日より考える日に」

http://mainichi.jp/opinion/news/20130331k0000m070066000c.html

 

 

【日本経済新聞/社説】「主権回復の日」に日本の戦争責任を考えるべき、歴史認識を見直せば中韓との関係改善も見えてくる[04/28]

http://twoch-news.doorblog.jp/archives/26230281.html

 

 

◎『(社説)主権回復の日 過ちを総括してこそ』
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201304280362.html

 

◎『安倍首相の主権回復、経済にマイナスの影響も』

http://news.livedoor.com/article/detail/7632221/

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(750)「新しい的「GDP600兆円」はどこから出てきたのか?~もはや崖っぷちギリギリのアベノミクス」●「TPP大筋合意:新時代への船出ー(英エコノミスト誌2015/10/10)

  日本メルトダウン脱出法(750)   新しい的「GDP600兆円」 …

no image
『F国際ビジネスマンのニュース・ウオッチ(99)』内向き志向の強い日本人へ、現実を正確に直視させるのがジャーナリズムの役割

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(99)』 &n …

no image
速報(286)『世界初の内部被曝研究会が発足、総会を開催ー肥田舜太郎氏『内部被曝の真実』『『澤田昭二氏の講演』①

速報(286)『日本のメルトダウン』 ●『世界で初めての内部被曝研究会が発足、総 …

no image
百歳学入門(95)「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>10ヵ条③ー「天才は1%の霊感と99%が汗である」

   百歳学入門(95)  「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>③ & …

no image
日本リーダーパワー史(494)「STAP細胞疑惑』『日本政治没落』の原因である「死に至る日本病」を140年前報道した『フランス新聞』

     日本リーダーパワー史(494) …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(144)再録★『日本世界史』-生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか②ー<英国「タイムズ」の150年前の報道><日本の現代史(明治維新からの明治、大正、昭和、平成150年)は 日本の新聞を読むよりも、外国紙を読む方がよくわかる>

  2013/06/23    『日本世 …

no image
『サハラ砂漠南側の「サヘル地域」への国連人道援助』ートビー・ランザー国連サヘル地域担当人道調整官の日本記者クラブ会見動画(60分)(2016.3.18)

 サハラ砂漠南側の「サヘル地域」への国連人道援助について トビー・ランザー国連サ …

By: See-ming Lee
柯隆氏(富士通総研主任研究員)が「2015年、中国経済の見通し」を日本記者クラブで講演の90分動画(1/19)

  <柯隆氏(富士通総研主任研究員)が「2015年、中国経済の見通し」 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(66)記事再録/ 日本の「戦略思想不在の歴史⑴」(記事再録)-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか①

2017年11月13日 日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起こったか 今から …