前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

片野勧の衝撃レポート(45)太平洋戦争とフクシマ⑱『なぜ悲劇は繰り返されるのかー原発と闘った男たち(上)』

      2015/01/01

 


片野勧の衝撃レポート(45

太平洋戦争とフクシマ⑱

なぜ悲劇は繰り返されるのかー原発と闘った男たち(上)』

 

片野勧(ジャーナリスト)



帰りたいけど、もう帰れない!


 私は福島第1原発の目と鼻の先、約5キロのところで約40年暮らし、原発と闘ってきた男がいると聞いた。元大熊中学校教諭(美術科)の花房高次(たかつぐ)さん(83)だ。彼は今、原発事故に追われて、会津若松市のマンションで妻と2人で暮らしている。


 花房さんの自宅は桜の名所として有名な福島県双葉郡富岡町夜ノ森。原発事故から2年が過ぎた2013年3月、区域再編で並木の一部(南側の約300メートル)は日中だけ歩けるようになったが、9割は今もバリケードの向こう側にある。
 富岡観光協会の資料によると、夜ノ森は明治33年、半谷清寿氏が農村開発の理想に燃えて荒れ野だったこの地を開拓した。その入植記念にと300本の桜を植え、この一帯が桜の名所になる事を夢見た。これが桜並木の始まりだったという。


 実際、私はインターネットの「you tube」で見た。4月中旬の満開時の桜だった。樹齢100年近い2000本あまりのソメイヨシノが咲き乱れ、桜花欄まんの「花のトンネル」を現出していた。夜間はライトアップされて夜桜見物の人たちを楽しませていた。


 「夜の森の桜」と呼ばれ、2・5キロの「花のトンネル」は毎年10万人以上の観光客を集めた。しかし、原発事故で町の全域が立ち入り禁止になった。町民は全国に散り、毎年の桜まつりも途絶えた。
 「帰りたいけど、もう帰れないな!」
 花房さんはこう言って、話し始めた。2013年4月1日――。
 「毎年、夜桜を楽しんでいたのに、見れないなんて、悲しいよ」
 花房さんは、原発の不条理さを改めて噛みしめていた。妻と2人でもう一度見たい、という一縷の望みが消えた。


双葉地方原発反対同盟の結成


 6町2村からなる双葉郡の人口は約7万6千人、うち1万人は原発関連の仕事をしているといわれ、公然と原発反対を唱えにくい“原発城下町”だ。しかし、花房さんは第1原発1号機が稼働した1972年、相双教職員数人と「双葉地方原発反対同盟」の結成に参加した。


 以来、事故が起こるたびに、東京電力に情報公開や安全対策を求めてきた。また高木仁三郎さん(故人)やルポライターの広瀬隆さんらを講師に招いて勉強会を行ってきた。特に高木さんといえば、反原発運動のリーダーとしてあまりにも有名。「原子力資料情報室」を設立し、代表を務めた。


 高木さんは原子力業界から独立し、自由な立場で原子力発電の持続不可能性、プルトニウムの危険性などについて専門家の立場から警告を発し続けてきた。とりわけ、地震の際の原発の危険性を予見し、安全対策の強化を訴えたほか、脱原発を唱えた中心的人物だった。


 高木さんは数々の提言を行ってきた。たとえば、「原発が、地震とともに津波に襲われると、外部からの電力・冷却水の供給が絶たれる」と。また、給水配管の破断、緊急炉心冷却系の破壊、非常用ディーゼル発電機の起動失敗、といった故障が重なれば、メルトダウンから大量の放射能を放出する、等々。
 「高木さんは、これらのことを徹底的に議論し、これからの非常時対策を考えて行くべきだ、と常々、語っておられました。まさに福島原発事故を予感していたと思います」
 こう花房さんは高木さんのことを振り返った。

経済性を優先し、安全性は二の次


 ――ところで、なぜ、反対同盟に参加したのですか。
 「あまりにも事故が多く、原発は危険だと思ったし、勉強会で高木さんから『人間は原発を制御できない』と聞いたからです」
 学習を重ね、放射能の怖さを身に染みて知った、と花房さんは語る。
 福島第1原発の1号機は今では日本で3番目に古い原発だ。最初から事故や故障で運転が止まることが多く、1年のうち半分しか動いていなかったという。これで果たして「安全」といえるのだろうか。経済性を優先し、安全性は二の次。
 その中でも花房さんにとって気になったのが、第1原発3号機のプルサーマル運転問題だった。原発の使用済みウラン燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、ウランと混ぜた燃料(MOX燃料)を使うのがプルサーマル運転だ。


 大震災が起こる前の2010年8月6日、佐藤雄平福島県前知事は福島第1原発でのプルサーマル運転を受け入れた。佐藤栄佐久元知事が国のエネルギー政策に異議を申し立て、白紙撤回を決めてから10年後だった。この日は奇しくも広島に原爆が投下された日だった。

 今回の事故で水素爆発の原因の一つとして使用済み核燃料が注目された。いわば「核の最終ゴミ」。これは使い道のない「死の灰」だ。花房さんらが問題視しているのは、使用済み核燃料の再処理工場が狭い日本にいまだにないこと。おまけに廃棄したあとも厳重に永久的な冷却・循環・監視・管理を必要とする大変な代物であること。
 その使用済み核燃料は年々、増えるばかり。第1原発内の使用済み核燃料は2010年末で1万体を超えた。花房さんは言う。
 「第1原発は“核のトイレ”。そこが震災で破壊された。原子力政策の破綻です。こんなものを子孫に残していいのですかね」

“原発城下町”として潤ったが……


 ――“原発城下町”として大熊町は潤ってきました。その一方、弊害も多くでてきたのでは? と私は問うた。
 「原発が最盛期のころは出稼ぎがなくなりました。大熊町の約2000世帯のうち、1000人は原発で働いていました。東北のチベットと言われた大熊町は確かに豊かになりました。しかし、よそから来た人たちが夜、バーで飲んで暴れたり、また地元の主婦たちも夜の世界に入って行ったりして、町は不良化していきました。家庭崩壊も随分ありましたよ。子供たちの万引きも多くなりました」


 もともと大熊町は産業がなく、みな出稼ぎだった。ところが、原発建設が進んだ70~80年代、町には交付金など数千億円が流れ込み、町全体が原発特需”に沸き返った。喫茶店も居酒屋も下宿屋もできた。
 そんな光景をはた目に見ながら、教員仲間に誘われて「双葉地方原発反対同盟」に参加したのである。放射能の恐ろしさを知れば知るほど、我慢ならなかった。花房さんは言う。
 「強大な権力の前では誰も真実を語れない」


 原発の不条理、理不尽、差別的……。しかし、原発反対同盟は切り崩しにあう。親族が原発の関連会社で働く地元では反対運動も盛り上がらない。子や孫も原発関連の仕事に就いた。反対派は1人消え、2人消えていった。「しかし……」。花房さんは言葉を継いだ。
 「原発がなくなるまで闘います。たとえ、1人になっても……」

漂う白煙の映像に呆然


 あってはならない瞬間だった。2011年3月12日午後3時36分。東京電力福島第1原発の1号機が水素爆発を起こし、建屋は無残に崩れ落ちた。テレビには漂う白煙の映像が流れていた。
 その時――。福島県浪江町内の友人宅に避難していた大和田秀文さん(81)は呆然としていた。彼は40年以上、反原発運動にかかわってきたのに、水素爆発を起こすとは――。「いったい、原発反対は何だったのか」と悔しさがにじんだ。


 白煙の放射性物質は原発賛成派にも反対派にも平等に降り注ぐ――。「しかし……」。私は浪江・小高原発反対運動に携わってこられた大和田さんに、これまでの原発反対運動について話をうかがうために車で福島県に向かった。今年(2014)7月1日――。時計の針は午後1時を少し回っていた。大和田さんは原発事故でふるさとを追われ、喜多方市に避難した後、現在、いわき市で妻・作さん(80)と2人暮らし。


 ――反原発に関わるきっかけは何ですか。
 「昭和31年(1956)に初めて中学の教員として喜多方市に赴任した。この年に出た『第三の火―原子力』(中村誠太郎著)という本を偶然、本屋で手にしたのが始まりだ。『放射能は今の技術でおさえられるか分からない』と書かれていた。衝撃だったね」
 そう言って、お茶を一口すすった。柔らかな物腰と親しみやすい語り口――。「反原発40年」という言葉から、原発の矛盾を厳しく追及し、権力と闘い続ける超硬派の「こわもて」像をイメージしていたが、その不明に恥じ入った。その口々から発せられる言葉からまっすぐな情熱と、誠実な人柄が伝わってくる。


 大和田さんの自宅は東京電力福島第1原発から約8キロの福島県浪江町川添地区(居住制限区域)。放射線量はいまだに庭の地表面で毎時8マイクロシーベルト。単純に計算しても年間約70ミリ、一般の人の許容被ばく線量の70倍にあたるという。
 大和田さんは1961年、福島県会津地方の喜多方市から浜通りの富岡町の中学に転任した。以来、同じ浜通りの故郷、浪江町に住み、54歳で退職するまで浪江や楢葉町(ならはまち)、大熊町で教えた。

片野 勧

1943年、新潟県生まれ。フリージャーナリスト。主な著書に『マスコミ裁判―戦後編』『メディアは日本を救えるか―権力スキャンダルと報道の実態』『捏造報道 言論の犯罪』『戦後マスコミ裁判と名誉棄損』『日本の空襲』(第二巻、編著)。近刊は『明治お雇い外国人とその弟子たち』(新人物往来社)。

 

                              つづく

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(790)ー 「国難日本史の歴史復習問題」★「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑧』 ★『元勲伊藤博文と巨人頭山満の日露開戦の禅問答』「伊藤さん、あんたは今日本でだれが一番偉いと思いますか」と意外極まる一問を放った。

 日本リーダーパワー史(790) 「国難日本史の歴史復習問題」ー 「日清、日露戦 …

日本リーダーパワー史(925)人気記事再録『戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い②』★『権力と戦うには組織内ジャーナリストでは不可能とさとり、フリージャーナリストとして個人誌「他山の石」(いまならSNS,ブログ)で戦った』★『言論機関は今、内務省と陸軍省の二重の監督下にある。私たちは『三猿』の世界に棲む。何事も、見まい、聞くまい、しやべるまいむ否、見てはならない。聞いてはならない。しやべってはならない「死の世界」に棲まされている』★『「言論の自由を圧迫し、国民をして何物をもいわしめない。これが非常時なのだ」』★『「畜生道に堕落した地球より去る」と 69 歳で壮絶死』

2010年1月26日  日本リーダーパワー史(34) 日本リーダーパワー史(34 …

no image
 ★5日本リーダーパワー史(780)―『明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる対立、紛争、戦争のルーツは『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」とのパーセプション、コミュニケーションギャップの衝突である』★『  明治9年の森有礼と李鴻章の『朝鮮属国論』の外交交渉の見事なすれ違いにルーツがある』

 ★5日本リーダーパワー史(780) 明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわた …

no image
知的巨人たちの百歳学(171)記事再録/長寿逆転突破力を磨け/「100周年を迎えたシャープは存亡の危機にたつー創業者・早川徳次(86歳)の逆境・逆転・成功人生に帰れ「ピンチの後はチャンスが来る」

      2012/08/30&nbs …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓『開戦2ゕ月前の「申報」の報道ー『中国が日本を頼りにロシアを拒む説を試みに述べる』★『日中同盟そうすることでアジアが強くなり,欧米各国が弱くなる』●『日本と中国はロシアの近隣であり.ロシア人はすきあらば襲いかからんと狙っていた』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓ 『開戦2ゕ月前の「申報」 …

no image
日本リーダーパワー史(524)「国難は複雑性を増し、国民全体の遠謀、熟慮と決断、実行が求められている」(高橋是清のケース)

   日本リーダーパワー史(524)   現在直面 …

no image
 世界メルトダウン(1023)ー「トランプ大統領40日の暴走/暴言運転で『2017年、世界は大波乱となるのか」③『トランプ大統領対オバマ氏の怨念の非難合戦は一段とエスカレートしてきた。』★「悪役プロレスラーのパフォーマンスを政治ショー化して成功、『チャブ台』返し」

 世界メルトダウン(1023)ー 「トランプ大統領40日の暴走/暴言運転で『20 …

人気リクエスト記事再録『百歳学入門(195)』-『『超高齢社会日本』のシンボル・『クリエイティブ長寿思想家』の徳富蘇峰(94)に学ぶ➀』★『生涯現役500冊以上、世界一の読書家、著作家の長寿・執筆、散歩術』

2010/09/29の記事再録 『生涯現役500冊以上、世界一の読書家、著作家の …

no image
渡辺幸重原発レポート②4月11日の現地ルポ「震災は現在進行形である」「原発から避難せざるをえなかった人たち」

渡辺幸重原発レポート②4月11日の現地ルポ ●「震災は現在進行形である」 「原発 …

no image
速報(344)●『8月30日 福島県 子供の甲状腺検査 3万8千人の35.8%にあたる1万3千人以上に嚢胞やしこりがある(小出裕章)』

速報(344)『日本のメルトダウン』 ◎『9月7日 もう一度MBS前に集まろう …