前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(57)スルガ銀行創業者・岡野喜太郎(101歳) 『欲を離れるのが長寿の妙薬』

   

  百歳学入門(57)
 
スルガ銀行創業者・岡野喜太郎(101歳)健康長寿法
① 欲を離れるのが長寿の妙薬
② 『昨日から今日へ、今日から明日へと生きてきた。
百まで生きようとは考えたこともありません
』 
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
◎『長寿の秘薬は少し飲みにくいかもしれないが、欲を離れるという名の薬ですよ。それが妙薬なのです。』
 
岡野喜太郎(101歳) おかのきたろう186444196566
 
スルガ銀行創設者。地方農村の窮乏を目に明治二十年、貯蓄組合共同社を創設。
 
    
 岡野の面目躍如たる話がある。大昭和製紙の斎藤知一郎社長との間で交わされた禅問答である。『岡野喜太郎の追想』(非売品、駿河銀行刊)で、斎藤新作大昭和製紙専務が紹介している。
 あるとき、斎藤社長が岡野頭取との用談をすませた後に、
 
「岡野さん、あなたの長寿と日常の働きぶりには何か秘訣があるのでしょうか。それをぜひ一つお教えくださいませんか」
 と申し出た。岡野は「これにはね、斎藤さん、岡野家家伝の長寿の秘薬があるのですよ」
と言葉をにごした。斎藤はすかさず「その薬は何という薬ですか、どうして求めればよいのですか」と、たたみかけてきたが、
「息子にすら伝授してないのだから、まだあなたに教えるわけにはいきませんよ」
 と岡野はきっぱりと断った。
 
 ところが、斎藤社長も簡単には引き下がらない。「イヤ、どうしても教えてもらいたい」、「いや教えるわけにはいかぬ」「そこを何とか!」「いや、タメです」としばらくの間、押し問答が続いた。
 
斎藤の熱意についに根負けしたのか、岡野頭取はやおら坐り直し威儀を正し、一息ついて話した。
 
「それでは教えてあげましょう。少し飲みにくいかもしれないが……」と沈黙した後に「それはね、……欲を離れるという名の薬ですよ。それが妙薬なのですよ」とポツリと言った。
これを聞いたときの斎藤社長は「!?!?」と、まさしく唖然、茫然、そして得心して大きくうなずいたのである。
 
 
 昨日から今日へ、今日から明日へ、と生きてきたんです。百まで
 生きようなどとは考えたことはありません。
 
 岡野は1864(元治元)年四月、静岡県沼津市の名主の長男に生まれた。1886(明治
十九)年、二十二歳のときに台風で荒廃した村を救うため、近所の十二軒から月額五十銭を集めて貯蓄組合を始めた。
 
このとき、米1俵=1円50銭だったので、決して小さな金額ではなかった。村人を熱心に説得して設立した貯蓄組合が、現在のスルガ銀行の前身である。
 
十年後には貯蓄額は二万円になり、これを基に資本金一万円の地方銀行を創設、1912〈大正元)年に「駿河銀行」と改称、1923(大正十二)年には五十万円を突破し発展して
いった。戦時中、「一県一村」の銀行合併を押し付けた国策に敢然と抵抗して、自行を守り
抜いた。
 
 一九五三(昭和二十八)年に「岡野式二千万円貯蓄法」を発表して世間をアッといわせた。
1日十円、月に三百円、年六分の複利計算で、八十七年で二千万円になるというもの。
 
実際に積み立てる金額は三十一万円、あとは利息が利息を生む。なんとも気の長い話だが、
これが評判となって、預金者を一挙に増やした。
 頭取在職六十二年、会長在職七年余、実に同銀行と通算七十九年七カ月をともに生きた。
 
「若きより勤倹貯蓄する人は 寿ながく家も栄えん」「義をもって利を興し、その道一を以て之を貫く」 が不易の行訓で、地方銀行の雄と評価されている。
 
 
 
九十歳の時のl日生活は・・・・
 
 早起きが若い頃からの習慣で、七十頃までは日の出と共に起きたが、老人の早起きは家人が迷惑するので、今は毎朝七時に床を離れる。
 
朝食をゆっくりすませて、九時半頃、迎えの自動車で銀行に出る。耳は遠いが眼はまだしっかりしている。銀行では頭取として必要な書類に、一応みな目をとおす。来客や仕事の手すきをみて新聞などはこくめいによむ。中食の弁当は家から持参して、よそからも取らないし、よそへも出かけない。
 
 銀行から帰るとすぐ風呂に入る。以前はすっぽり肩まで湯につかったが、いまは乳の辺までにとめ、その代りゆっくりあたたまることにしている。
食べ物は美味は求めないが、栄養分はとるようにする。ごはんは軽く一杯、副食物を多くたべる。好きな物は野菜の煮付と玉子の半熟、弁当にもかならずこれを添える。酒も煙草もやらぬが、番茶に蜂蜜を入れてしょっちゅうすする。夜は十時にはどんなに忙しくても床に入る。
 
 九十一歳のとき、沼津に五階建ての本店ビルを新築したが、エレベーターが設計図にあ
るのを見て怒り「運動不足になるので、やめとけ」とつけさせなかった。開店式のとき、
屋上の式場まで真っ先に上って行ったのは岡野だった。
                                         
 九十六歳のインタビューで、「六十歳から肉を食べない。魚は少し。御飯は軽く一杯、副
食物はタマゴ、野菜、蜂蜜など。とくに、野菜の酢の物を好む。峰蜜は一食にさじ二杯を
薄い番茶に入れて飲みます」と答えている。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『人物・歴史の謎よもやま話』(1)-「2・26事件のクーデターで1度は殺された鈴木貫太郎が終戦内閣首相で復活、日本を土壇場で救った昭和の奇跡」★『夫人の一喝!でとどめを刺さなかった安藤輝三大尉』

「2・26事件のテロで1度死んだ鈴木貫太郎が終戦内閣首相 で日本を土壇場で救った …

no image
百歳学入門(191)『京都清水寺の貫主・大西良慶(107歳)』★『人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。年寄りとは意見が合わんというてる間に、自分自身がその年寄りになるのじゃ』

 百歳学入門(191) 人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。 …

no image
『地球環境大異変の時代へ②』ー「ホットハウス・アース」(温室と化した地球)★『海面がそびえ立つほど上昇する地球の気温の上昇がギリギリの臨界点(地球上の森林、海、地面が吸収するCO2吸収のフィードバックプロセス)を超えてしまうまで、あとわずかしかない』

  「ホットハウス・アース」の未来   世界の気候科学者は現 …

no image
『美しい自然と文化の鎌倉歴史都市』スペシャル!<大仏切通>は800年前の<古道巡礼>をすれば心も体も癒される。

<『美しい自然と文化の鎌倉歴史都市』スペシャル!>   世界文化遺産指 …

no image
百歳学入門(82)「アメリカ長寿オールスターの十ヵ条<朝食は王さま、昼食は王子さま、そして夕食はこじきのように>

     百歳学入門(82) &nbsp …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)> 『クルド人の独立、9月住民投票の動き、大きな火種になる可能性 ?』★『 クルド人は世界中で2800万人を抱えており、新たな中東の火薬庫?の可能性大では。 イスラエルとパレスチナ問題の比ではありません。 』

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)> クルド人の独立、 …

no image
百歳学入門(245)-『2018年/敬老の日、厚労省は100歳以上の高齢者数を6万7824人と発表した』★『百歳著名人500人リスト(93歳から118歳まで)2018年3月作成』

百歳学入門(245) 厚生労働省は15日、100歳以上の高齢者数を6万7824人 …

no image
日本メルトダウン脱出法(843)『今では「ガイジン」じゃなく「YOU」と言われる、日本は変わったって?ーコリン・ジョイスの「新作」日本論』●『TPPには日本の法体系を破壊する「罠」がある、知的財産権を巡る合意の巨大インパクト』●『EU離脱か残留か、イギリス国民投票の衝撃度ー離脱のリスクを過小評価してはならない』●『「今ない仕事」が作れれば、誰でも第一人者になれる~『「ない仕事」の作り方』

    日本メルトダウン脱出法(843)   今では「ガイジン」じゃなく「YOU …

hqdefault3
鎌倉カヤック筋トレ釣り日記(10/22)約1ゕ月ぶりに材木座海岸を午前7時過ぎにスタート。『さかなクンと遊ぼうよーぶつぶつ,ボケボケ解説中継だよ』●『逗子マリーナ沖に巨大波、 大波近づくと転覆するよ』●『大きなクサフブに針は切られっぱなし、カワハギはゼロ』●『いきなり竿をひったくり、ソーダカツオにぶち切られる。 残念、あとはカモメと遊ぶ』●『最後に、リールを巻いているとソーダカツオが あいさつに来たよ、魚はやさしいね』●『ラスト・サブライズ」最後の最後 に33㎝の巨アジがきたよ、鎌倉海は豊穣の海だね』

鎌倉カヤック筋トレ釣り日記(10/22)ー 約1ゕ月ぶりに材木座海岸を午前7時過 …

no image
日本リーダーパワー史(728)ー1945(昭和20)年8月『終戦』での最も感動的なスピーチー『出光佐三の『玉音を拝して』(8/17)『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』●『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

日本リーダーパワー史(728) 記事再録ー日本リーダーパワー史(179) 『国難 …