前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『謝罪文』ー『片野勧の衝撃レポート「戦争と平和」の戦後史⑦『残留日本人孤児と中国養父母』(2016/12/24日以降、当サイトに掲載)などについて、謝罪とお詫びを申し上げます。

   

 

                2018年1月13日

『謝罪文の掲載について』

2016年12月24日以降、『前坂俊之オフィシャルウェブサイト』に掲載していたブログ

(1)片野勧の衝撃レポート⑦「戦争と平和」の戦後史⑦『残留日本人孤児と中国養父母』<上>

(2)片野勧の衝撃レポート⑧「戦争と平和」の戦後史⑧『残留日本人孤児と中国養父母』<下>』」 に対し、平井美帆著『中国残留孤児 70 年の孤独』(2015年10月刊、集英社インターナショナル)の文章を不当に利用した箇所が多数含まれているとの訴えが2017年7月6日にありました。

集英社インターナショナルからの抗議書によると、『中国残留孤児 70 年の孤独』と片野レポートの文章の同一、酷似箇所は次のようになっていた。

1-平井氏本では以下のような表現がある。

「ある日、ネット上で残留孤児団体の代表が、関越道ツアーバス事故についてインタビューを受けている記事を見つけた。そこからその人物で検索してみると、彼女が国家賠償集団訴訟のときに提出した意見陳述書にたどり着いた。

その書き出しはこう始まる。

「原告番号1番の池田澄江です。原告団の3人の代表のうちの1人です。  この『池田澄江』という名前は、私が生まれた時、両親がつけてくれた名前です。でも、この名前は、私にとって4番目の名前です。この名前にたどり着くまでに、私は51年かかりました。

身元が判明してから姉たちから聞いた話ですが、日本敗戦時、私の母は、満州の大混乱の中で、5人の子供を連れて、逃げまどったそうです。軍人だった父は戦地に行っており、いませんでした」

A4サイズにして四ページ。長いとも言えないこの文書を読む間、私の時間は止まっていた。そこには、中国の養父母に預けられてから、今日にいたるまでの彼女の人生が切々と語られていた。読み進めるうちに涙が溢れ、初めて残留孤児の生の声を聞いた気がした。

この人に 会おうと思った。」

2-以上の文面が「片野勧の衝撃レポート⑦」では次のようになっていた。

「私は『池田澄江』でネット検索したところ、意見陳述書を見つけた。それは中国「残留孤児」に対する新支援策が成立したため、訴えを取り下げた時の意見陳述書だった。その書き出し― ―。

「原告1番の池田澄江です。全国2211名の原告団全国連絡会の代表です。この『池田 澄江』という名前は、私が生まれた時、両親がつけてくれた名前です。でも、この名前は、私 にとって4番目の名前です。この名前にたどり着くまでに、私は51年かかりました」

A4サイズにして4ページ。そう長い文章ではないが、そこには養父母に預けられてから今日に至るまでの彼女の人生が切々と綴られていた。その一言ひとことは私の胸を打つ。熱いものが込み上げてくる。この感動は一体、どこから来るのだろう。私は彼女に会って話を聞きたいと思った。」

このように、まるでそっくりの、同一の、酷似した文章が掲載されていた。

このほか、『中国残留孤児 70 年の孤独』中の文章と同一、あるいは少しだけ書き換えて再構成された箇所は、片野氏の当該ルポ(上)(下)中、少なくとも12カ所に及び、全体としてきわめて酷似したものとなっていた。」

早速、前坂の方から片野氏に確認、ただしたところ当該箇所について全面的に著作権侵害の事実を認めて、片野氏は謝罪とお詫びすることになりました。

前坂は当ウェブサイトの責任者として、同レポートをネット上に公開掲載して平井氏に対して大きな精神的苦痛を与えた点を深く反省し、ここに謝罪文を掲載し、お詫びいたします。申し訳ありませんでした。

前坂 俊之

 - IT・マスコミ論, 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(62) ●『「プロメテウスの罠」に新聞協会賞』(9,8)●『危険な「オスプレイ配備」を急ぐな』(9・3)

池田龍夫のマスコミ時評(62)    ●『「プロメテウスの罠 …

no image
明治裏面史――三浦観樹将軍が『近代日本の黒幕』頭山満を語る

明治裏面史――三浦観樹将軍が『近代日本の黒幕』頭山満を語る 前坂 俊之 (ジャー …

no image
日本リーダーパワー史(163)『戦わずして勝つ』ー塚原卜伝の奥義インテリジェンスこそ『無手勝流』

日本リーダーパワー史(163)   『戦わずして勝つ』剣道の秘義・塚原 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(76)『核のゴミ、米国も新たな最終処分計画を公表』 ◎『ボーイング787型機事故原因の究明』

池田龍夫のマスコミ時評(76)   ◎『核のゴミ、米国も新たな最終処分 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(147)』『アブーバクル・バグダディの「イスラム国宣言」についてーイスラム国自称カリフーを読み解くー「イスラム主義のグローバル化が進行し、民主主義、世俗主義、国民国家との戦いが これから延々と続く。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(147)』 「イスラム主義の …

thMJ1TM7DV
日中北朝鮮150年戦争史(6) 日清戦争の発端ー陸奥宗光『蹇々録』の証言②『頑迷愚昧の一大保守国』(清国)対『軽佻躁進(軽佻浮薄)の1小島夷(1小国の野蛮人)』(日本)と互いに嘲笑し、相互の感情は氷炭相容れず(パーセプションギャップ拡大)が戦争へとエスカレートした。

日中北朝鮮150年戦争史(6)  日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。 …

no image
  世界、日本の最先端技術『見える化』チャンネルー『中国インターネット事情がたった12分でわかる名解説動画』→『中国からアクセスできるWebサイトの作り方』●『簡単にわかる! 中国のインターネットとウェブサービス事情』●『中国のネット検閲』●『WEBデザイナーが語る!中国のインターネット最新事情』●『  日本企業がぶち当たる中国市場の3つの壁とは?』

  世界、日本の最先端技術『見える化』チャンネル   ITpro2016-NIF …

no image
★5<まとめ記事再録>『歴史の復習/戦争報道の研究』/『世界史の中の日露戦争』-『英タイムズ』,『米ニューヨーク・タイムズ』など海外紙はどう報道したか②(連載21回―34回)』★『緊迫化する米/北朝鮮の軍事的衝突はあるのか、日露戦争勃発直前の英米紙の報道と比較しながら検証する②』

★5<まとめ記事再録>『歴史の復習、 戦争報道の研究問題』/ 『世界史の中の日露 …

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・② 『直ちに開戦を』ー福沢諭吉の主張〔明治27年7月24日 時事新報〕

日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭 …

無題
★⑩日本リーダーパワー史(713)ー伊勢志摩サミットの陰の主人公・初代ベンチャービジネスの真珠王・御木本幸吉に学ぼう①ーエジソンは「『人工真珠』だけは 発明できなかった」と御木本を絶賛した>

日本リーダーパワー史(713) <記事再録>世界が尊敬した日本人(6) 初 …