前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<F氏のコメント>

、独 フォルクスワーゲン の排ガスデータ捏造問題、エンジン関係の役員は共謀に加わっていると想像されま す。

開発技術者が当局にタレ込んだとの噂もあるようです。そうであれば東芝同様、ここでも幹部は内部通報のリスクを軽く見てい

ます。

ガソリン車優勢の米国市場では、VWはシェア一桁、トヨタとの世界シェアの差を拡げるには燃費の良いディーゼル車の排ガス

対策車を米国で拡販する事が市場命題だった様です。今回辞任したCEOが猛烈に発破をかけたと思います。

ここでもトップの無理強いが、部下に不正を強いています。正、不正の分岐点は幹部のサジ加減一つです。

それにしても賢いドイツ人が、早晩容易に露見する様な悪事を、よくもまあ  です。

 

アングル:VW問題、ドイツ経済にギリシャ危機以上の打撃

http://jp.reuters.com/article/2015/09/24/auto-vw-germany-damage-idJPKCN0RO09Q20150924

情報BOX:ディーゼルエンジンとVW「不正ソフト」の仕組み

http://jp.reuters.com/article/2015/09/24/factbox-diesel-engine-vw-idJPKCN0RO0EU20150924

アングル:VW不祥事でディーゼルの将来に暗雲

http://jp.reuters.com/article/2015/09/24/auto-vw-diesel-idJPKCN0RO09M20150924

コラム:排ガス不正で危機迎えるVW、取るべき改革の第一歩

http://jp.reuters.com/article/2015/09/24/usa-volkswagen-ceo-breakingviews-idJPKCN0RO04A20150924

 

公開日: